1. Home
  2. BODY
  3. ズキズキするひざの痛みを和らげる、5つの簡単ストレッチ

ズキズキするひざの痛みを和らげる、5つの簡単ストレッチ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,595

Maya A. Kishida(翻訳)

ストレッチ

image via shutterstock

ひざに痛みを感じたことがあるなら、それはひざ自体に問題があるのではなく、腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)の緊張によるものの可能性もあります。

腸脛靭帯とは、腰からひざにかけて、ふとももの外側を走行している帯状の結合組織のこと。

横に動いたり足に荷重をかけたりしたときや、ランニングやその他の激しい運動の最中などにしばしば痛みを感じることも。こうした理由から、腸脛靱帯炎はランナーやサイクリスト、長距離を歩く人などによく見られる症状です。

腸脛靭帯への圧痛を和らげるのによい方法は、まわりの筋肉をストレッチすることです。

腸脛靭帯の痛みを和らげるためには、可動性を高めて、動作の修復を助けてくれる筋肉をよくのばしてみてください。前回に引き続き、腸脛靭帯の痛みを和らげるストレッチを紹介します。各ポーズは少なくとも10秒間キープしましょう。

腸脛靭帯の痛みを和らげるストレッチ1〜2は、こちらの記事で。

3. 腰深部ローテーション

ストレッチ

  1. ヨガストラップかトレーニングチューブを左足首の外側にかけて、エクササイズマットの上に仰向けに寝ます。
  2. 右手でトレーニングチューブの両端を持って引っ張りながらつま先が天井に向くように左足を持ち上げます。足をまっすぐに保ち、チューブを右に引っ張り、左の腰は床につけたまま、左足が伸びるようにします。
  3. この姿勢を数秒間キープしてから、反対側でも同じように繰り返します。

4. 大腿四頭筋ストレッチ

大腿筋ストレッチ

  1. 左側を下にして横になり、両足を重ねてそろえた状態で胎児のように身体を丸めます。
  2. 左足のすねを左手で持ち、右足首を右手でつかみます。身体を折った姿勢のまま、右足を身体の後方に引っ張ります(身体を折った姿勢が大腿四頭筋を離すのに役に立ちます)。
  3. その姿勢を数秒間キープしてから、反対側でも同じように行います。

5. 大腿四頭筋と腰の壁ストレッチ

壁ストレッチ

  1. 壁を背にしてひざまずきます。左のひざは床につけたまま、左足を後ろに持ち上げて壁にもたせかけます。
  2. 右足の裏は床につけた状態で一歩前に出し、ひざは直角に曲げてふとももが床と平行になるようにします。
  3. この姿勢を数秒間キープしてから、反対側でも同じように行いましょう。

6. ヨガストラップを使った大腿四頭筋ストレッチ

クワッドストレッチ

  1. ベンチの右側に立ち、右足は床につけたまま、左のひざをベンチにのせます。左足を背中に向かって上げて、長いヨガストラップかトレーニングチューブを足にひっかけます。
  2. 右ひざを曲げて、左の大腿四頭筋や股関節屈筋が伸びているのを感じるまで、身体を前に傾けます。
  3. 30秒間その姿勢をキープしてから、反対側も同様に行いましょう。

このストレッチは、身近に適当なベンチがなければ、床の上で同じように行ってかまいません。

7. 脊椎ローテーション

脊椎ストレッチ

  1. 足の裏を床につけた状態で両ひざを曲げて座ります。左ひざの外側を左腕で押しながら、背後を見るように胴体を右にひねります。
  2. その姿勢を数秒間キープしてから、反対側でも同じように繰り返しましょう。

おしりや腹筋、コアひきしめにも即効果。攻めのヨガポーズ4選

筋肉を活性化して呼吸器も鍛える。攻めるヨガでカロリーを消費しましょう。

https://www.mylohas.net/2019/02/184984pvn_yoga.html

猫背が伸びると気持ちいい! ヨガインストラクターが選んだ肩ストレッチ6つ

デジタル疲れで肩がガチガチになってませんか?ヨガインストラクターに、おすすめの肩のヨガストレッチ6つを聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/01/182905yoga.html

Laurel Leicht/7 Illiotibial Band Stretches to Alleviate Hip and Knee Pain ASAP
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由