1. Home
  2. MIND
  3. 心理学者が教える、相手の浮気を見抜く8つのポイント

心理学者が教える、相手の浮気を見抜く8つのポイント

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

14,224

カップル

浮気に関して毎度ありがちなのが、“そういえば思い当たることがある”というもの。これまでそのサインはいたるところにあったのに、ただ自分が気づかなかっただけだった……と、浮気が明るみになったときに実感するのは、よくあることです。

でも浮気のサインというものは、それが肉体関係だけなのか、精神的なものなのかに関わらず、微妙なものであることが多いのです。

パートナーに疑われないように、浮気をしている張本人は最善の努力をします」と言うのは、結婚生活のパートナーシップに関する著書もある公認マリッジ&ファミリー・セラピストのレスリー・ドアリーさん。

浮気をしている人が一番重要視していることは、バレないようにすること。そして自分の行動に対処できるようにしておくこと。すべてが普通に見えるように、必死で努力をするんです」

それと同時に、パートナーに対しては、今までの信頼にもとづいて結論を導き出す傾向にあると、心理学者のポール・コールマン博士は指摘しています。つまり、相手を信頼していると、浮気の兆候は簡単に見過ごしてしまうのです。

今回は、相手が浮気をしているかもしれない兆候をまとめます。

  1. 納得のいく説明もせずに、予定を変更する
  2. 突然、連絡がつかなくなる
  3. 性欲が減る、あるいは逆に増える
  4. 相手の友だちが、前のようにフレンドリーではなくなったような気がする
  5. 電話の習慣が変わる
  6. 明らかな理由もなく、急に外見を気にするようになった
  7. 普段よりも一緒にいることが減ったような気がする
  8. 言っていることと実際に起きていることの、つじつまが合わない

1. 納得のいく説明もせずに、予定を変更する

お酒を飲む女性

多くの人は予定を立てて日々暮らしていますが、仮に予定を変更しても、ふつうは筋の通る理由があるものです。

「腑に落ちる理由もなく、突然“遅くまで仕事しなくてはならなくなった”と時々言うようになったら、浮気かもしれません」とコールマン博士。

パートナーが新しい仕事を始めたわけでも、昇進したわけでもなく、また何かのプロジェクトに取りかかっている最中でもないのに、こうしたことがずっと続くなら疑ってもよいかもしれません。

2. 突然、連絡がつかなくなる

ベッド

ここでもまた、注目すべき大きなポイントは“変化”です。パートナーが、一日の決まった時間帯に連絡がつきにくくなる仕事をしているなら、連絡が取れない=浮気をしているとはなりません。

しかし、以前は連絡がついた時間なのに突然連絡がつきにくくなり、それがずっと続いていて、あなたを悩ます原因になっているなら赤信号かも。

「浮気中の人は、他人に邪魔されず、プライバシーが守られた時間が必要なのです」と、コールマン博士は指摘します。「現在、浮気が進行中の人は、定期的に連絡が取れなくなるはずです」

ようするに、怪しい声や背景の雑音をあなたに聞かれてしまうリスクを冒したくないわけ。

3. 性欲が減る、あるいは逆に増える

カップルの足

浮気をしている人は、他でセックスをしているために、自宅でのセックスの回数が減るというのがより一般的、とコールマン博士は言います。

しかし、ときには自宅でもっとセックスをしようとすることも。「罪悪感につき動かされた人は、家で性行為を増やそうとするかもしれません」とコールマン博士。

「痕跡を隠すために、そうする人もいます。ただしなかには、あとで自分ができないときにパートナーからセックスを求められないようにするために、パートナーを満足させておくという人もいるかもしれません」

4. 相手の友だちが、前のようにフレンドリーではなくなったような気がする

悲しむ女性

浮気をしている人は、あなたに対するのとは違って、友人の前ではあまり慎重に浮気を隠そうとはしない傾向にあります。

その結果、「あなたが知るよりも先に、パートナーの友人が本当は何が起きているのかを知っている可能性は十分にあります」とコールマン博士。

そうした友人は、あなたの知らないことを自分が知っているということに居心地の悪さや不安を感じるようになるのです。

5. 電話の習慣が変わる

携帯

これには、いろいろなことが含まれます。たとえばパスワードを変えたり、いままではその辺に置きっぱなしだった電話を、肌身離さず持ち歩くようになったり

「こうした変化はごまかそうという態度の表れであり、ごまかすというのは浮気につきものなので、したがって浮気の兆候である可能性が高いのです」と話すのは、認定臨床心理学者のジョン・メイヤー博士です。

ドアリーさんも同意見。「ものごとを“隠そう”としはじめたら、疑わしい理由になります」

6. 明らかな理由もなく、急に外見を気にするようになった

髭を剃る女性

目標を新たに掲げて、見た目をよくしようと努力としたり、あるいは健康上の理由で体重を減らそうと思い立つのは普通のことです。でも、そういう場合は、たいていオープンに話します。

理由やタイミングが、理にかなっていなくてはなりません」とコールマン博士。

もしパートナーが突然に香水をつけるようになったり、新しい服にお金をつぎ込むようになったりして、そうしたことが過去には決してなかったのなら、どうしてなのか聞いてみてもおかしいことではありません。その答えが納得いくものでなければ、要注意です。

7. 普段よりも一緒にいることが減ったような気がする

座る男性

浮気中の人は、情事に時間を割かないといけないのですが、その時間はかつてあなたと一緒に過ごした時間です。

「また、浮気がしばらく続いている場合は、もっと長い時間を一緒に過ごしたいと愛人から要求もされているでしょう」とコールマン博士。

この場合も、突然これまでのように一緒に過ごさなくなったなら、一体何が起きているのかパートナーに質問してもまったく問題ないし、当然のことです。

8. 言っていることと実際に起きていることの、つじつまが合わない

喧嘩するカップル

「これは、しばしば浮気が発覚する理由です」とドアリーさん。パートナーが“やらなきゃいけなかった”と言っていることのつじつまがあわなかったり、他人に対して実際とは違うことを、うっかり失言したりということがあるかもしれません。

「本当のことであれば、矛盾なく伝えるのは簡単なのですが、嘘の場合はそれが難しいのです」とドアリーさんは言います。「物的証拠は真実を裏づけますが、嘘とは食い違うことが多いです」

パートナーとは仲良くしたい

パートナーが「したがらない」のはなぜ? セックスセラピストが回答します

セックスレスは増えてきており、その悩みはなかなか相談できないもの。今回は男性が「したがらない」原因や解決法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/186321sp_sex_pvn_partner.html

ベッドでのイヤなことを正直に伝える、7つの方法

ベッドの中で相手に自分が心地よくないと感じていることをされた場合、どうしたらいいでしょう?ライフハッカーの記事から、セックスセラピストであるヴァネッ...

https://www.mylohas.net/2019/03/186632sp_sex_inbed.html

Korin Miller/15 Warning Signs Your Partner Is Cheating on You, According to Therapists
訳/Maya A. Kishida

Maya A. Kishida(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン