1. Home
  2. BODY
  3. ぺったんこ腹の人に学ぶ。ベストな睡眠、水の摂取量、運動量とは?

ぺったんこ腹の人に学ぶ。ベストな睡眠、水の摂取量、運動量とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,647

立っている女性

image via shutterstock

40歳になると、平らなおなかを手に入れるのは難しいもの。代謝が悪くなり、おなかの脂肪が落ちにくくなります。

でも、決して不可能なことではないはず。40歳を超えても年齢に屈せず、引き締まった体を維持し続ける有名人はたくさんいます。

レッドカーペットで素敵な姿を見せるセレブ達は、どのように引き締まったおなかや健康を維持しているのでしょう?

ハリウッドを代表するフィットネストレーナーや栄養士に、ワークアウトの秘訣や栄養アドバイスを聞きました。薄着になる季節に向けて、あなたもがんばってみませんか?

グウィネス・パルトロウ、ペネロペ・クルスなどセレブ8人が行っていることは、こちらの記事で。

  1. ジェニファー・ロペス
  2. ハル・ベリー
  3. タイラ・バンクス
  4. シェール
  5. チェルシー・ハンドラー
  6. エヴァ・ロンゴリア
  7. ガブリエル・ユニオン
  8. エヴァ・メンデス

1. ジェニファー・ロペス

ジェニファー・ロペス

トレーニングの目標したい理想的な肉体を持つ、49歳のジェニファー・ロペス。

音楽界の大御所で女優の彼女は、ジム好きの誰もがうらやむシックスパックを維持し続けています。

ジェニファーの成功の鍵は、もちろんハードなワークアウト。また、最高の腹筋を維持するため、栄養もたっぷり摂っています。2015年の『ピープル』誌では、フルーツや野菜などの健康的なスナックを取り入れて計画的に食事を摂っている、と語っていました。

また、10日間糖分を摂らない低炭水化物ダイエットに挑戦している、と最近インスタグラムに投稿していました。

専門家からのアドバイス:

低炭水化物ダイエットを長く続けるのは難しいかもしれませんが、健康的なスナックについてはぜひ真似したい習慣です、とアーノルドさん。

「子どものときのように、3回の食事と軽めのおやつを食べることで身体が満足します」と説明します。きちんと燃料補給をすれば、脂肪を溜め込みにくい身体になります、とアーノルドさんは言います。

2. ハル・ベリー

ハル・ベリー

ハルのようにトレーニングを行えば、当然ながらお腹は引き締まります。ハルはトレーナーと一緒に週5日、ヨガ、ボクシング、カーディオ、筋力トレーニングなどの運動をしています

魅力的なボディをキープし続けるもうひとつの秘訣は、彼女の睡眠スケジュール。現在52歳のハル・ベリーは、2011年の『ピープル』誌で、毎晩9時間の睡眠が成功の鍵、と話しています。

専門家からのアドバイス:

ストレスホルモンのコルチゾールを抑えて脂肪の燃焼を促すには、毎晩6~8時間ぐっすり眠ることが必須です、とアーノルドさんは言います。「深い眠りにつくと、身体が正しくリセットされ、脂肪が多く燃焼されます」

3. タイラ・バンクス

タイラ・バンクス

FODMAP(フォドマップ)とは特定の食べ物に含まれる炭水化物のグループで、人によっては消化が難しく、胃の不調を招く場合があります。

45歳のタイラ・バンクスは、ニンニク、カリフラワー、アスパラガス、豆などガスを誘発する食べ物を避ける低FODMAP食を気に入っている、とイギリス版『Glamour』誌で話しています。

専門家からのアドバイス:

新しい食事法を始める際は、必ず栄養士や医師に相談してください。低FODMAP食は特定の炭水化物を消化できない人にはおすすめですが、万人向けではありません。いつもよりむくみを感じる場合は、別の理由がある可能性もあるので、病院で診てもらいましょう。

シャピロさんのおすすめは、引き締まったお腹を見せたい特別な日にだけ、ガスを誘発し、お腹の張りの原因となるこれらの食べ物を避ける方法

低FODMAP食で避けるべきとされる食べ物には「カリフラワー、ケール、ブロッコリー、芽キャベツなど健康的な食材も含まれます」とシャピロさんは話します。

引き締まったお腹を維持したいなら、サツマイモ、脂肪分の少ないタンパク質、ほうれん草やロメインレタスなど手軽な葉野菜、きゅうり、セロリなど体内の余分な水分を排出してくれる食べ物を食べるといいでしょう、とアドバイスします。

4. シェール

シェール

72歳になった歌手シェールを見れば、健康的な体型維持には頻繁なトレーニングが効果的ということがわかります。

イギリスの週刊誌『Hello!』で、週に5日トレーニングを行っていると明かしていたといいます。ときおり年齢を理由にトレーナーに弱音を吐くことはあるようですが、きちんと続けているそうです。

専門家からのアドバイス:

40歳を過ぎると、エネルギーレベルの調整がこれまで通りとはいかなくなります。そのため、シェールのようにしっかりとワークアウトスケジュールをこなすことが不可欠です、とセレブフィットネストレーナーのタデオ・アーノルドさんは言います。

年齢を重ねるとともに、一貫性が重要になってきます。「ミーティングや病院の予約と同じように、ワークアウトスケジュールを立ててください」とアーノルドさん。

5. チェルシー・ハンドラー

チェルシー・ハンドラー

43歳のチェルシー・ハンドラーは、ウェイトリフティングの経験者で、強化トレーニングのルーティンをしっかりこなします。ウェイトを使ったトレーニングは上腕二頭筋、肩、上腕三頭筋を鍛え上げると同時に、フラットなおなかも作ることができます、とアーノルドさんは言います。

専門家からのアドバイス:

週に2~3回、10~20%重いウェイトを使うと、トレーニング効果が上がります」とアーノルドさんはおすすめします。

6. エヴァ・ロンゴリア

エヴァ・ロンゴリア

エヴァ・ロンゴリア(43歳)のような人気スターにとって、糖分の多い食べ物は禁物。『Glamour』誌で、3か月間糖分を絶ち、米・パン・パスタなど糖分に変わる炭水化物も食べずに過ごすことがある、と話しています。代わりに、ブロッコリー、ほうれん草、芽キャベツなどの野菜をたっぷり摂ると言います。

糖分を一切摂らずに健康的でバランスのいい生活を続けるのは難しいですが、引き締まったお腹を手に入れたいなら、加工食品や糖分の多い食品を避けたり、減らしたりするといいでしょう、と栄養士のエイミー・シャピロさんは言います。

専門家からのアドバイス:

手軽な甘いおやつを食べればエネルギーが湧いてきますが、お腹の脂肪が増える原因となります、とシャピロさん。

また、糖分の摂りすぎはコルチゾールの増加にもつながります。「コルチゾールを減らすには、糖分摂取量を減らしましょう

7. ガブリエル・ユニオン

ガブリエル・ユニオン

1日を通して水分摂取をしっかり行うと、空腹感や甘いものへの欲求を抑えられます。『ニューヨークタイムズ』紙によると、46歳のガブリエル・ユニオンは毎日最低1ガロン(約3.7リットル)の水を飲むようにしているそうです。

専門家からのアドバイス:

水をたくさん飲むことでガブリエルは美しい肌を維持していますが、十分な水分補給はぽっこりお腹の改善にも効果的です、シャピロさんは話します。「水分不足になると、身体は水分を体内に留めようと必死になるため、身体がむくみます」とシャピロさん。

8. エヴァ・メンデス

エヴァ・メンデス

44歳のエヴァ・メンデスの食事法はいたってシンプル。雑誌『Shape』によると、女優エヴァは一時期「5ファクターダイエット」を実践していたことも。材料を5種類以下に抑えた食事を週5日、1日5食摂るダイエット法です。

専門家からのアドバイス:

食事回数を増やすことは減量には逆効果のようにも思えますが、エヴァのように少量の食事を規則正しく摂れば、太る原因となる過食を防いでくれます、とシャピロさんは言います。

量の少ない食事を摂ることで、血糖値が安定し、平らなお腹を維持できます。また、極端な空腹感に襲われることもないので、食べすぎることがなく胃酸の分泌を抑えてくれます。過剰な胃酸分泌はむくみにつながります、とシャピロさんは説明します。

セレブの美の秘訣は?

13年前から全然変わってない! クリスティン・ベル、若さを保つ4の秘訣

現在38歳になったクリスティン・ベルは、『ヴェロニカ・マーズ』で犯罪に立ち向かう女子高生を演じていた11年前頃と同じような若々しい姿を保っています。...

https://www.mylohas.net/2018/09/174899kristen-bell.html

魅力的なボディを維持し続ける、とてもシンプルな3つのルール

数十年にわたり、ハリウッドでも際立つ魅力的なボディを維持し続けるジェニファー・ロペス。その背景には、3つのとてもシンプルなルールがありました。

https://www.mylohas.net/2018/11/179832attractive-body.html

Courtney Leiva/16 Celebrities Over 40 Reveal Their Secrets to a Flat Stomach
訳/Seina Ozawa

Seina Ozawa(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン