1. Home
  2. MIND
  3. 【今週のお悩み】まわりから嫌われずに、言いにくいことを言う方法はありますか?

【今週のお悩み】まわりから嫌われずに、言いにくいことを言う方法はありますか?

お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

8,888

TETUYA

003

こんにちは。人間関係の悩みを解決するお助けコンシェルジュTETUYAです。

今回の相談は、仕事などで、相手に嫌われずに言いにくいことを言うテクニックはありますか? です。ありますよね~。このシチュエーション(苦笑)。

性格的に、嫌われてもいいからガンガン言える人と、なるべくなら、嫌われずに穏便に済ませたい人がいます。僕はどちらかというと後者です。やっぱり、みんなから嫌われたくないですから(笑)。

今回は僕のような、まわりから嫌われずに相手に言いにくいことを伝えるテクニックを考えてみましたので参考にしてください。

一番、ずるい人

上司によくいるんですが、自分からは言いたくないからと、別の部下を使って言いにくいことを言わせて、自分はフォローにまわるズルい人。あなたのまわりにもいませんか? チームの連携プレーとしてはOKかもしれませんが、こういうのは、ちょっと僕は嫌です。

あとは、言いにくいことをメールとかLINEで済ます人。これもまた最低。言いにくいことほど、面と向かって、直接話すことが大事ですよね。逃げないことです。

認めるテクニックと最悪なことを想像させるテクニック

僕は自分で、知らず知らずに言いにくいことを相手に伝えるテクニックをやってました(笑)。

ひとつは、認めるテクニック

「ところでさ~」と言いにくいことを、相手に会った瞬間にいきなり言っちゃダメですよね。まずは雑談しながら相手の構えた緊張をほぐすとこからスタート。じゃあ、相手をほぐす前段のトークは何をチョイスすべきか?

僕の場合は、まずは相手の日頃の仕事に対する貢献度、頑張っているポイントをあらためて褒めます

続けて、感謝。話す相手が、自分が認められている存在かどうかが曖昧だと話は進みませんし、素直に受け入れてもらえません。

やっぱり、承認欲求は誰でもあるものですからね。まずは、相手の存在を何でもいいので認めてあげてから本題に入ってください。

20190312_c

もうひとつが、最悪なことを想像させるテクニック。相手に言いにくいことを話す前。「○○さん、ちょっと嫌~な話するんだけど、ちょっと心の準備はいい?」と、神妙な面持ちでワザと言うんです(苦笑)。

すると、相手は「えっ、どうしたんですか?」と、この世の終わりみたいな緊張した表情を絶対見せます。

そして、このあと、本題の言いにくいことを相手に伝えます。だいたい、相手も、自分が想像したものよりレベルが低かったことが多く、最後には安堵の表情を浮かべますね。

逃げずに、もしくは直接、このどちらかのテクニックを、相手のタイプやシチュエーションによって使い分けてみるといいですよ。

>>お助けコンシェルジュ「TETUYA」が人間関係の悩みを解決

イラスト/古荘風穂

▼実用的なコミュニケーション術をもっと見る

【今週のお悩み】よりナチュラルに、新しい出会いを得る方法はありますか?

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係……あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2019/02/186050concierge02.html

【今週のお悩み】ナチュラルに自分をアピールする方法があれば教えてください

恋愛プランナーでありコミュニケーションの達人でもある「TETUYA」が、仕事、恋愛、家族、友人関係……あらゆるコミュニケーションの悩みを解決します!

https://www.mylohas.net/2019/02/concierge01.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた