1. Home
  2. BODY
  3. 燃えないのには理由があった!性欲低下の裏にひそむ重大な病気

燃えないのには理由があった!性欲低下の裏にひそむ重大な病気

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,658

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

燃えない

ネットにある情報を見ていると、その気がないときにパートナーからの誘いをうまくかわす、笑ってしまうような話がいろいろあります。でも、性欲の低下は笑い事では済まないこともあるのです。

性欲には個人差があり、常に変動しますから、いつもそんな気分じゃなくてはいけないということはありません。ずっと性欲が低下しているようならば、病気とか精神的な問題のサインかもしれないので、医師に相談してよいのです。

ここで本当に大切なのは、女性一人ひとりが、自分自身と自分の性欲についてどう思っているかということ。「女性が、性欲が落ちたと感じて悩んでいるのなら、それはその人の自己イメージやパートナーとの関係にとても大きな影響を与えます」と語るのは、カリフォルニア州サンタモニカの「オアシス女性性機能センター」で医務長を務める産婦人科医のリサ・M・ヴァレさんです(オステオパシー医師/アメリカ産婦人科医師会議フェロー)。

逆に、ニューヨーク大学ランゴーン医療センターの婦人科医、ラクエル・ダーディクさんによると、ラクエル・ダーディクさんによると、女性が自分の性欲に満足していたり、心配していない場合においては、健康や生活の質が下がるわけでもないようです。

そこで、何が性欲を低下させるのか、性欲の低下はどのように健康や生活の質に影響するのか、そしてどんな場合に医師に相談する方がよいか、本当のところを専門家に聞いてみました。

  1. 変化には気づいているが、理由がわからない
  2. 自分の性欲に不満がある
  3. セックスすると痛い
  4. 薬を服用している
  5. ホルモンの調子がおかしいような気がする
  6. 自分の性生活に満足していない

1. 変化には気づいているが、理由がわからない

あくびする女性

なかには単に性欲が弱い人もいますし、それはそれでOKです。でも、以前はもっと性欲があったのに調子が悪いのなら、医師に相談する価値があります

「(性欲低下が)気になったらいつでも、また、しばらく“したくない”気分が続くのに、とりたてて理由が見当たらないときは、必ず医師の診察を受けてください。治療可能な原因が判明するかもしれませんし、社会心理的な問題であれば、ベストな管理法がわかります」と、ダーディクさんはアドバイス。

甲状腺の障害、子宮筋腫、疲れ、ストレス、うつ病など、性欲の低下につながる病気や心理学的な問題がたくさんあります。「たいていはいくつかの原因が重なっていて、それぞれに対処する必要があります」(ダーディクさん)

2. 自分の性欲に不満がある

傷ついたハート

自分の性的欲望のレベルに満足しているなら、たいへん結構ですが、悩みのタネになっているとか、恋愛関係に影響しているといった場合は、医師やセラピストに相談する方がよさそう。

性欲の低下が原因で不幸になっていたり、性生活に支障が出ていたりすると、主にストレスの影響で、ほかの病気や障害が起きる可能性があります」と、ダーディクさん。

3. セックスすると痛い

泣く女性

セックスすると痛むなら、あまり積極的にやりたい気分にはならないかもしれません。

「でも、もっと深い医学的な症状が関係しているサインかもしれません」とカリフォルニア州ロサンゼルスの認定産婦人科医、タイス・アリアバディさんは説明します。

たとえば、「子宮内膜症は“性交疼痛”(性交で痛みがあること)の原因になります」。子宮筋腫も痛みの原因になりますから、医師の診察を受けるとよさそうです。

4. 薬を服用している

薬

処方薬を服用していると、性欲に影響が出ることがあります。「血圧の薬は性欲低下の原因になることがあります」(アリアバディさん)。

経口避妊薬や抗うつ薬も、同じ影響を与えるそう。副作用に性欲低下が含まれる薬はほかにもたくさんありますから、それが原因なら別の薬がないか、あるいはほかの治療法がないか、医師に相談します。

5. ホルモンの調子がおかしいような気がする

付箋

性欲の変化はホルモンに関連しているケースがとても多く、医師の診察を受ければ、その背後にある原因を見つけ出すことができるかもしれません。

もちろん最近出産した人はホルモンが混乱しています(母乳を与えている人や母乳の授乳をやめたばかりの人は、おそらくもっと)。

でも、赤ちゃんを産む前は健康的な性欲があると思っていたのに、相応の時間が経っても戻ってこないなら、専門家に相談してみる価値がありそう。

ヴァレさんによると、閉経期(その前後も含めて)のホルモン変化も、性欲の低下につながる場合があります。

6. 自分の性生活に満足していない

手を繋ぐカップル

いちばんのポイントは、自分の性生活に満足していなかったら、どうにかする意欲を持つべきということ

「女性が満足できる性生活を前向きに求めるのには大いに賛成。よい性生活とはどのようなものなのか、見方は人それぞれですから」と、ヴァレさん。

性欲の低下が気になる、そのことで悩んでいるなどの場合は必ず、女性の性的な健康の面で経験豊富な医師に相談しましょう。医学的な問題があるかどうか十分に診察して、適切に処置し、セックスセラピストにも紹介してくれます。

意外と知らないセックスのこと

セックスにまつわる6つの話。生理中に妊娠? レスを解消する9つのこと

生理中のセックスでも妊娠する? セックスレスから脱却するために取り入れたいこと、性交痛の原因と対策など、セックスにまつわる6つの話題を集めてみました...

https://www.mylohas.net/2019/02/185828sp_sex.html

女性にオーガズムがあるのはなぜ? 進化論で謎を解明

ある調査によると、35.6%の女性が最近のセックスでオーガズムを感じない。なぜ女性にオーガズムがあるのか? 進化生物学者が謎に迫りました。

https://www.mylohas.net/2019/03/185771sp_sex_nyt_orgasm.html

Katherine Martinelli/Telltale Signs You Need to See Your Doctor About Low Libido
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました