1. Home
  2. BODY
  3. ランチの食べ方で変わる! 夕方の眠気やだるさ解消法

ランチの食べ方で変わる! 夕方の眠気やだるさ解消法

ポジティブ栄養学

15,244

吉川圭美

疲れた女性

ひと雨ごとに暖かい日が増えてきて、春本番はもう目の前。そんなポカポカ陽気のせいかどうかはわからないけれど、ランチを食べて少し経つと、パソコンの前でうとうと……。しかもけっこう強烈な眠気で仕事が手につかないくらいのレベルだから困ったものです。

最近忙しいわけでもないし、昨日もしっかり寝たはずなのに。こんな“謎の眠気”は疲れではなく、あなたが食べたものと関係しているかもしれません。食後に眠気がおこる理由はいろいろありますが、そのひとつとしては、体内での糖のコントロールが苦手、ということも考えられます。

謎の眠気。その理由は糖質にあることも

疲れた女性

そもそも糖質は、身体にとって重要なエネルギー。不足すると細胞がエネルギー不足になりだるくなったり、ひどいときには昏睡状態に陥ったりすることもあります。

逆に多すぎると血管を傷つけてしまうこともあるので、常に一定の量が血液中を流れており、多すぎたり少なすぎたりしないよう、脳の視床下部で常にコントロールされています。

ランチにパスタなどの麺類や甘いパン、おにぎりなど糖の多い食べ物をたくさん摂ると、血液中に含まれる糖(ブドウ糖)の量を示す血糖値はグンと上がります。多すぎるとインスリンというホルモンが出てきて一定の量に戻そうとします。

ところがこのとき、糖の量が少なくなりすぎてしまうことがあります。これが低血糖といわれる状態

このとき足りない糖を補うため、本来なら体の中にあるタンパク質を糖に変えるなどしてコントロールを行うのですが、これがうまくできない人がいます。血液中の糖が急激に下がることで強烈な眠気が起きたり、だるさがおこったりするというわけです。

夕方のだるさにも影響あり?

疲れた女性

さらに、血糖値を上げるためには交感神経が活発になり、アドレナリンなど、興奮系のホルモンも大量に出されます

交感神経とは心臓を動かしたり呼吸したり、体のなかで自動的に動いている機能の調節システム。血糖値が下がりすぎると、再び上げるために、アクセル役の交感神経が活発になるのです。そうなると妙にイライラしやすくなることも……。心当たりがある人もいるでしょう。

食事をとる、取らないにかかわらず、血糖値は一日のなかでゆるやかに変動しています。なかでももっとも低いのが午後4時。夕方にだるくてたまらない、という人も、血糖値のコントロールがうまくいっていないと考えるのがよさそうです。

ランチ内容を見直して、午後もキレよく

サラダランチ

“謎の眠気”やイライラをなんとかしたいなら、ランチの内容に注目を。

私も血糖コントロールが苦手な方なので、基本的に白米は最後にひと口程度にとどめるようにしていますが、ウトウト感が明らかに変わり集中力アップ。午後の仕事がテキパキ進むので、こんなに違うのかと驚いています。たまに外食で白米を食べると、しばらくして強い眠気が。改めて食事と身体のつながりを実感します。

特に重要な会議や打ち合わせ前のランチは、白米やパンは控えめに

また、食べ順に気を使うのも効果的です。最初に野菜や肉、魚をたっぷりとり、ごはんは最後に少々。こうすることで血糖値の急激な上がり下がりを防ぐことができます。キレよく午後を過ごすためのひと工夫、おすすめです。

>ポジティヴ栄養学」をもっと見る

糖と身体の関係について

幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

「疲れたときには甘いもの」とは、よく耳にする言葉ではないでしょうか。実は、甘いものを食べると、脳のなかで「幸せホルモン」といわれるセロトニンが増えて...

https://mylohas.net/2018/12/181279sweets.html

お菓子を食べる手が止まらない? その理由、実は栄養不足にあるかも

毎日の生活のなかで、どうしてもスイーツが欠かせないという人も多いかもしれません。 でも一方で、糖質の多いものを食べすぎると、体に負担がかかるのも困っ...

https://mylohas.net/2018/11/180188malnutrition.html

image via Shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「糖質制限なんてする必要ありません」食事制限ダイエットの落とし穴

    6. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    7. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    8. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    9. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    10. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    8. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    9. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    10. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    5. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?