1. Home
  2. EAT
  3. 高タンパク・低脂肪な具材を重ねるだけ! 簡単ジャーサラダ7選

高タンパク・低脂肪な具材を重ねるだけ! 簡単ジャーサラダ7選

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,158

Maya A. Kishida(翻訳)

ジャーサラダ

image via shutterstock

ランチが楽しみになるヘルシーなジャーサラダは、中身が見えるおしゃれな瓶に、好みの食材を選んで重ねて入れるだけ。

冷蔵庫の残りもの食材を活用して、見た目にも美しいジャーサラダを作ってみましょう。

調理は30分以内だから、朝やお昼をあわただしく過ごさなくてもいい。時間に追われている毎日にぴったりなメニューを紹介します。

栄養もボリュームも満点なジャーサラダ、前半8つはこちらの記事で。

  1. チキンのコブサラダ
  2. ファッロとモッツァレラ添えズッキーニヌードルのサラダ
  3. リンゴとピーカン入りチキンサラダ
  4. ズッキーニとカプレーゼのサラダ
  5. アジア風チョップドサラダ
  6. サウスウェスト・ランチ・チキンサラダ
  7. ミックスベリー・バルサミコ・ジャーサラダ

1. チキンのコブサラダ


コブサラダ

このレシピなら、葉野菜がべちゃべちゃしたり、ひよこ豆がランチドレッシングに浸かりすぎたりすることを心配せずに、お気に入りのランチを簡単に持ち運ぶことができます。

ヘルシーレシピのブログ「A Sweet Pea Chef」では、従来のコブサラダのレシピで使うマヨネーズとバターミルクを、ギリシャヨーグルトとアーモンドミルクに置き換え

これならクリーミーな舌触りと味わいはそのままで、脂肪分を減らせます。タンパク質をアップさせたいなら、アボカドや固ゆで卵を加えてもOK。

レシピ詳細はこちら

2. ファッロとモッツァレラ添えズッキーニヌードルのサラダ

ズッキーニ

通称「ズードル」とも言われるズッキーニのヌードルは、パスタの代用品として認知されるようになりました。カロリーがとても低いだけでなく、ビタミンA、Cの補給に最適、しかも、グルテンフリー

新鮮なモッツァレラとトマトが入ったファッロサラダのベースにぴったりです。ファッロが手元にない? それならキヌアや大麦で代用しても大丈夫です!

レシピ詳細はこちら

3. リンゴとピーカン入りチキンサラダ

チキンアップル

クランベリー、リンゴ、ブドウで、フルーティな作り置きサラダを。

ケール、ピーカンナッツ、サラダチキンとフルーツを組み合わせれば、彩りもよく、いつものレシピがひと味違ったものになります。

このサラダの利点は、3〜5日ほど保存できること。日曜日につくっておけば翌週のランチの心配が減りますね。

レシピ詳細はこちら

4. ズッキーニとカプレーゼのサラダ

カプレーゼ

作って絶対に後悔しない、地中海風レシピです。

底にはバジルペーストとオリーブオイル・ドレッシングでマリネしたズッキーニヌードル。その上にチェリータイプのモッツァレラチーズとミニトマト、バジルペースト、新鮮なバジルが加わって、至福の味に。

レシピ詳細はこちら

5. アジア風チョップドサラダ

アジアンチョップド

午後を明るくしてくれそうなカラフルなサラダ。枝豆、ピーマン、キャベツ、ニンジンなどが層になって、栄養満点の野菜をたくさん摂れます

でもこのシンプルなサラダをレベルアップさせているのは、ゴマとしょうゆのヴィネグレットソース。食べる前にはジャーをよく振って混ぜてから、いただきましょう。

レシピ詳細はこちら

6. サウスウェスト・ランチ・チキンサラダ

サウスウェスト

タコシーズニングで焼いたチキンに、とうがらし味のさけるチーズが味のアクセントとなり、トマト、ピーマン、赤タマネギ、ブラックビーンズ(黒いんげん豆)で必要な栄養が摂れる、お昼ごはんにぴったりのサラダ

アボカドも入っているので、豊富な繊維質のおかげで満腹感が続きます。アボカドにはあらかじめライム汁をたっぷりしぼっておき、茶色く変色するのを防ぎましょう。

レシピ詳細はこちら

7. ミックスベリー・バルサミコ・ジャーサラダ

ミックスベリー

求めていたすべての味がぎゅっとつまったジャーサラダ。イチゴとブラックベリーの甘い層に、ルッコラのピリッとした味わい、そしてバルサミコとフェタチーズの酸味。

さらにこのレシピでは材料の変更も可能なので、好みのベリーを自由に使ってみてください。食欲をそそるサラダは、材料を混ぜてたった15分で完成。見た目にも美しいランチを味わいながら、つくってよかった! と実感するはずです。

レシピ詳細はこちら

あざやかな野菜のもつパワー

ニンジンジュースが、肌や目、免疫によい7つの理由

ニンジンは、ベータカロチン、繊維、抗酸化物質などを含んだ栄養満点の食品。ジュースやスムージーで手軽に摂ってみては?

https://www.mylohas.net/2018/11/178787carrots.html

ヘルシーな血管に! 「食べる輸血」といわれるビーツのおいしい食べ方

スーパーフードとして注目されている「ビーツ」。「奇跡の野菜」「食べる輸血」と呼ばれるほど、栄養満点な食材といわれています。これから旬を迎えるビーツを...

https://www.mylohas.net/2018/10/176045beet.html

Alexis Jones/15 Delicious Mason Jar Salads You Can Meal Prep for the Whole Week
訳/Maya A. Kishida

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析