1. Home
  2. BODY
  3. 動画でレクチャー! たった8回で効果大の脂肪燃焼エクササイズ

動画でレクチャー! たった8回で効果大の脂肪燃焼エクササイズ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

45,187

Seina Ozawa(翻訳)

プランク

image via shutterstock

プランクジャックは、脂肪燃焼エクササイズのひとつ。腹筋に効いている! という実感がすぐに感じられますよ

さらに、上半身から下半身まで全身の筋肉を強化できます。体幹を鍛え、魅力的なボディに近づけるのはもちろん、背中や首の痛みも軽くなります

さらに、プランクジャックは運動能力に関係なくできて、道具は一切いりません。だから、家やホテルの部屋、ジム、どこででもできるんです。

今回は、この動きを使った5種類のエクササイズをご紹介します。

プランクジャックのコツ

プランク

最初は少しだけチャレンジングなものから始めて、8~10回しっかり繰り返します。数週間ごとにより高度な動きに挑戦し、レベルアップを図ってみてください。自分の体が少しずつ強くなっていくのが感じられるはずです。

初心者は、基本的な動きのプランクサイドタップに挑戦してみましょう。腹筋と肩にとても効果があります。力がついてきたら、ジャックやスクワットを加えます。運動強度がだんだん上がっていくので、心血管系が強化され、消費カロリーも増えます

さらに上を目指したいという場合は、一番高度なプランクジャック→スクワットジャンプがおすすめ。引き締まったお尻と太ももを手に入れて。ジャンプにはプライオメトリクス・トレーニング(筋収縮速度を高め、瞬発力を鍛えるトレーニング)が盛り込まれているので、全身の強化につながります。

  1. プランクサイドタップ
  2. プランクジャック
  3. プランクジャック→カエル
  4. プランクジャック→スクワットスラスト
  5. プランクジャック→スクワットジャンプ

1. プランクサイドタップ

  1. プランクの姿勢から始めます。ひじから先を床につけ、肩幅に開いて平行にします。
  2. つま先を床に押し当て、お尻を肩と同じ高さになるように持ち上げます。
  3. おへそを脊椎に向かって引き入れ、腹筋を引き締めます。
  4. 右足を右に1歩開いて、真ん中に戻します。左足も同様に行います。8~10回繰り返してください。

2. プランクジャック

  1. 肩の下で腕を伸ばした、ハイプランクの姿勢から始めます。
  2. つま先を床に押し当て、お尻を肩と同じ高さになるように持ち上げます。
  3. 腹筋に力を入れた状態で、両足を左右にジャンプさせ、真ん中に戻します。8~10回繰り返してください。

3. プランクジャック→カエル

  1. ハイプランクの姿勢から始めて、プランクジャックを1回行います。
  2. 腰を持ち上げ、両足を両手に近づけるようにジャンプさせます。ひざは曲げた状態で、つま先からやさしく着地します。
  3. 足をジャンプさせハイプランクに戻ります。8~10回繰り返してください。

4. プランクジャック→スクワットスラスト

  1. ハイプランクの姿勢から始めて、プランクジャックを1回行います。
  2. 腰を持ち上げ、両足を両手に近づけるようにジャンプさせます。足の裏をしっかり床につけます。
  3. 手と上半身を持ち上げ、少し静止します。
  4. 手をマットにおろし、足をジャンプさせハイプランクに戻ります。8~10回繰り返してください。

5. プランクジャック→スクワットジャンプ

  1. ハイプランクの姿勢から始めて、プランクジャックを1回行います。
  2. 腰を持ち上げ、両足を両手に近づけるようにジャンプさせます。
  3. 手と上半身を持ち上げ、床を蹴り上げてジャンプします。足の裏をつけて着地し、スクワットの体勢を取ったら、手を床に戻します。
  4. 足をジャンプさせハイプランクに戻ります。8~10回繰り返してください。

体幹を鍛えよう!

体幹と下半身の強化がカギに。普段からケガをしない身体をつくるには?

30歳をすぎると衰えテイクというバランス感覚。今回は、体幹と下半身の筋肉を強くするために役立つ8つのポイントをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/01/184023balance.html

初心者でも大丈夫。やった分だけ確実に効果が出る「筋トレ」とは?

なぜ筋トレが必要か、そしてはじめの一歩を踏み出すヒントについて、これまで13000名以上に自宅でできる筋肉トレーニングを指導してきたボディデザイナー...

https://www.mylohas.net/2018/11/training1.html

Larysa DiDio/5 Plank Jack Exercises That Will Tone Up Your Entire Body
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由