1. Home
  2. BODY
  3. おりものが生臭い? 気づきにくい「子宮頸がん」5つのサイン

おりものが生臭い? 気づきにくい「子宮頸がん」5つのサイン

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

18,648

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

子宮

子宮頸がんは、いくつかの理由から「サイレントキラー」として知られています。たとえば、ステージが進むまで何の症状も表に出てこないから。このため早期発見が難しくなり、治療も困難になるのです。

子宮頸がんは、ゆっくりと進行するがん。ですから、これまで病気が進むまで症状のない人もいたのです」と、ノースウエスタン大学医学部で産科婦人科の臨床教授を務める医師、ローレン・シュトライヒャーさん(ノースウエスタン性・更年期医学センターのメディカルディレクター)は話します。

子宮頸がんの症状は、特別でもありません。「症状が特徴的ではないですから、ほかの病気である可能性もあります。ですから、何か症状が見られたからといって、子宮頸がんというわけではありません。症状を確認してもらったところ、何も深刻な問題ではないというのはよくあることです」と、シュトライヒャーさんは説明します。

「パップテスト」と呼ばれる細胞診検査を毎年受けることで、早期発見は可能です。「がんの成長はゆっくりですから、毎年検査をして、婦人科を受診することで、子宮頸がんの異常から身を守ることになるのです」とシュトライヒャーさん。※日本では、厚生労働省が「2年に1回」の検診をすすめています。

でも、毎年の検査の間に何か症状が出たら、迷わず症状を確認してもらいます(子宮頸がんのサインは、ほかの一般的な良性の病気とも共通しています。過度に恐れるのは禁物です)。

以下、見分けにくい子宮頸がんのサインをみていきましょう。

  1. 不正出血
  2. おりものが臭う
  3. 慢性的な下腹部の痛み
  4. 性交中の痛み
  5. 食欲不振、原因不明の体重減少

1. 不正出血

生理

医師のケシア・ゲイザーさんによると、不正出血は子宮頸がんのサインとなることがあるそう。ゲイザーさんは産婦人科の認定医。リンカーン医療センター周産期部門およびニューヨークにあるメンタル・ヘルス・センターでディレクターを務めています。

「子宮頸がんの症状ははっきりしたものではなく、さまざまな症状がみられます。でも、月経でもないのに出血したり、性交後や閉経後に出血がみられたりするのは、子宮頸がんのサインかもしれません」

また、いつもより経血量が多い、内診後に出血がみられる、膣洗浄のあと出血する、いつもより月経期間が長引くなどの症状も、子宮頸がんのサインである可能性が。

2. おりものが臭う

下着

ゲイザーさんによると、おりものが水っぽくて悪臭がするとき、原因は色々考えられるものの、注意が必要とのこと。

乳白色で粘り気があるおりものは、まったく異常なし。でも、魚のような生臭いおりものは、病気のサインかもしれません。おりものの異常はよくみられることですから、すぐにこわがることはありません。

3. 慢性的な下腹部の痛み

寝転がる人

腰や下腹部の痛みは、子宮頸部を含む生殖器の異常と関係していることも。

ゲイザーさんは、“慢性的な腰痛”に注意するよう呼びかけています。痛みが盲腸に近づいてきたときは、がんのステージが進んでいる可能性があります。すぐにかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

4. 性交中の痛み

ベッドのカップル

子宮頸がんが進行して、子宮頸部の組織にできた腫瘍が大きくなると、女性が性交中の痛みを感じる原因となります

「セックス中の痛みや出血は、深刻な理由によるものではないことが多いです」と医師のシュトライヒャーさん。

「子宮頸部の炎症、膣感染症、子宮頸部や子宮頸管のポリープといった、それほど深刻ではない原因も考えられます。いずれにしても、性交後に異常があったり、いつもと違うと感じたりしたときは、すぐに検査することをおすすめします」

5. 食欲不振、原因不明の体重減少

体重

ほかのがんと同じように、食欲不振や原因不明の体重減少には注意が必要です。

この症状だけでは子宮頸がんであるとはいえませんが、今までお伝えしてきたサインが数多くみられるうえに、食欲不振や体重減少の症状がある場合は、かかりつけの医師に要相談です。

次回の『Prevention』記事に続きます。

知っておきたい女性の病気

30代から多くなる子宮筋腫。どんな症状になり、どんな治療が必要?

今回は、「30歳から多くなる子宮筋腫」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。筋腫の診断方法は? 治療が必要なのはどんな人?

https://www.mylohas.net/2018/10/strategy33.html

予防のためにやった方がよいことは? 乳がんにならないための10カ条

乳がんはアメリカ人女性の8人に1人がかかると言われるがん。とはいえそれで命を落とす人は少なくなっています。乳がんのリスクを避けるための10か条をご紹...

https://www.mylohas.net/2018/08/173179breast_cancer.html

Sara Shulman/Warning Signs of Cervical Cancer You Should Never Ignore
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 仕事中に卵巣嚢胞が破裂! どれだけ痛いのか体験者に聞いた

    3. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    4. 栄養士がおやつに推薦! ビタミンE&タンパク質たっぷりなアーモンドの栄養

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. 心身を健康に、人間関係も向上する夜習慣

    7. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    8. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    9. おうちアイテムをリーズナブルに。イオンならキッチングッズも大充実【プレゼント】

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた