1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 皮膚科医が教える、グレープシードオイルを肌に使う5つのメリット

皮膚科医が教える、グレープシードオイルを肌に使う5つのメリット

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,018

グレープシードオイル

image via shutterstock

グレープシードオイルは軽めで毛穴に詰まりにくいので、敏感肌やニキビのある人も含め、万人向けのオイル。さらりと軽めで、ニキビ、炎症、早期老化を防いでくれます。

前回の記事では、グレープシードオイルの基本情報と選び方をご紹介しました。

今回は、グレープシードオイルが肌にいい理由をまとめます。

  1. ニキビをケアできる
  2. フリーラジカルから肌を守ってくれる
  3. 肌を保湿し、整えてくれる
  4. 炎症を抑えてくれる
  5. 小じわやしわを最小限に抑えてくれる

1. ニキビをケアできる

ニキビ

image via shutterstock

グレープシードオイルには、毛穴の詰まりを軽減して、ニキビケアができるオメガ6系脂肪酸のリノール酸が豊富に含まれます。

「ニキビができやすい肌はリノール酸が不足していて、皮脂が濃く粘着性があるので毛穴に詰まってしまいます」とニューヨークの認定皮膚科医、スーザン・バード博士。

また、抗炎症・抗菌作用もあるので、吹き出物対策の強力な味方になります。ニキビに効果的なティーツリーオイルのキャリアオイルとしても使えます。おまけに、グレープシードオイルにはビタミンEも含まれるため、ニキビ跡を改善する効果も期待できます、と『Skin Rules』の著者、デブラ・ジャリマン博士は言います。

2. フリーラジカルから肌を守ってくれる

サングラスの女性

image via shutterstock

グレープシードオイルに含まれるビタミンC、ビタミンE、プロアントシアニジンなどの抗酸化物質は、汚染やUV光によって引き起こされるフリーラジカルによる肌ダメージを予防すると同時に、修復する効果もあります、とロサンゼルスで活動する認定皮膚科医のチッポラ・シェインハウス博士。

結果として、なめらかでハリのある肌が手に入ります。さらには、皮膚がんなどのより深刻な疾患への予防にもなります。フリーラジカルは身体の細胞を破壊する不安定な分子、ということを覚えておきましょう。

3. 肌を保湿し、整えてくれる

肌の綺麗な女性

image via shutterstock

前述した脂肪酸は、皮膚水分蒸散量(肌の水分が空気中に蒸発してしまうこと)を軽減して肌の保湿レベルを改善してくれます。「リノール酸が細胞膜に取り込まれると、肌のバリア機能が高まり、なめらかでやわらかい肌を作ります」とシェインハウス博士。

同時に、ビタミンEが失われた脂質を補います。肌の天然油脂には、保護バリア機能を維持して水分を保つ効果があります。オイリー肌の方は、乾燥により油脂が過剰に生成されている場合が多いため、この保湿効果によって油脂の生成を抑制することができます。

4. 炎症を抑えてくれる

肌荒れ

image via shutterstock

リノール酸には抗炎症作用もあるという研究もあります、とジャリマン博士。肌の表皮や真皮の炎症を軽くする効果が期待できます。

また、学術誌『Molecular Journal of International Sciences』で発表された論文によると、ブドウの種に含まれるフィトステロール(植物に含まれる分子の一種)は皮膚の炎症反応を制御する可能性があるそう。湿疹や酒さ(しゅさ)などの皮膚炎症疾患を患っている方は、重宝したいオイルです。

5. 小じわやしわを最小限に抑えてくれる

しわを気にする女性

image via shutterstock

脂肪酸以外に、グレープシードオイルには早期老化の予防に役立つポリフェノールも含まれます

「ポリフェノールは老化を防ぐだけでなく、老化のサインとなるシミやしわなどを消す効果もあると言われています」とジャリマン博士。また、自然な収斂作用があるため、ハリのある肌へと導いてくれます。

美肌のためにできること

老化防止のカギは? 皮膚科医・友利新先生が愛用する2つのコスメ

医師の友利新先生インタビュー前編。老化防止のカギとは? 毎日の美容習慣&愛用コスメは? 40歳を過ぎても疲れを見せない美肌をキープしている秘訣を聞き...

https://www.mylohas.net/2019/02/183916tomori_arata01.html

美容皮膚科医がすすめる、ぷるぷる肌に導くコラーゲン製品3つ

小ジワなどの原因になる乾燥肌と、近年ふたたび注目されているコラーゲンの関係とは? 美容皮膚科医推薦のコラーゲン製品も3つ紹介。

https://www.mylohas.net/2019/02/184130collagen.html

Krissy Brady/5 Reasons Dermatologists Say You Should Rub Grapeseed Oil into Your Skin
訳/Seina Ozawa

Seina Ozawa(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは