1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 料理だけでなく肌にも使える。グレープシードオイルの正しい使い方

料理だけでなく肌にも使える。グレープシードオイルの正しい使い方

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,060

グレープシードオイル

ココナッツオイル、ローズヒップオイル、ティーツリーオイルなど、新しい美容オイルがどんどん出現し、次なるブームとして話題を集めています。あなたの今のお肌に合った最適なオイルがどれなのか、迷ってしまいますよね。

そこで注目したいのが、ワイン用のブドウの種から抽出されたグレープシードオイル。特定の肌や毛穴タイプにしか合わないほかのオイルと違い、グレープシードオイルは軽めで毛穴に詰まりにくいので、敏感肌やニキビのある人も含め、万人向けのオイル。さらりと軽めで、ニキビ、炎症、早期老化を防いでくれます。

さまざまな肌の悩みをケアできる成分を含んでいるため、肌トラブルをたくさん抱えている方は、今使っている複数の化粧品をグレープシードオイルひとつにまとめられるかもしれません。マルチな効果を持つこの美容オイルについて、詳しくご紹介していきます。

そもそもグレープシードオイルとは?

グレープシードオイル

グレープシードオイルはワイン造りの過程でできる副産物です。

ブドウを圧搾すると種が残ります、とロサンゼルスで活動する認定皮膚科医のチッポラ・シェインハウス博士は言います。種からオイルを抽出する方法はいくつかありますが、美容目的の場合はコールドプレス(低音低圧圧縮方式)が最適です。

「コールドプレスされたオイルは、加熱、蒸留、加工されていないので、有効成分が多く含まれます」とシェインハウス博士。そのため、抗酸化物質、抗炎症・抗菌作用が失われずに残ります。

グレープシードオイルの肌への効果を証明する大規模な研究はまだないため、現時点ではその効果は確立されていません。ですが、グレープシードオイルに含まれるオメガ脂肪酸やビタミンEなどの成分に関しては多くの研究がなされているため、グレープシードオイルも肌に同様の効果を発揮すると考えられます、とニューヨークの認定皮膚科医、スーザン・バード博士は話します。

グレープシードオイルの選び方

グレープシードオイル

image via shutterstock

シェインハウス博士のおすすめは、有効成分やオイルが化学的に合成されていない、コールドプレスされたグレープシードオイル

ほかの専門家もオーガニック認証されたグレープシードオイルを選ぶといい、と同意します。「通常のオイルには殺虫剤や除草剤が混入してしまっている可能性がありますが、不純物が入っていないオーガニックならその心配はありません」とアンチエイジングのエキスパート、アンソニー・ヨウン博士は言います。

グレープシードオイルを顔に塗る場合の使い方

オイルを塗る人

image via shutterstock

グレープシードオイルは浸透性が高いので、美容習慣に加えたい便利なアイテムです。使い方もいろいろで、そのまま使ってもいいですし、お気に入りのローションやセラムなどと混ぜたり、キャリアオイルとして使ってもいいでしょう。ただし、ご使用前にパッチテストを行い、異常がないことを確認してください。

「どれくらいの頻度で使用するかは、目的や症状によります」とバード博士。最初は1日1回の使用から始めて、必要に応じて徐々に使用量を増やすといいでしょう、と話します。

まずは数滴、洗顔後の素肌に直接塗るか、保湿クリームやナイトクリームに混ぜてみましょう。何か異常を感じた場合には、使用を控えた方がいいでしょう。

グレープシードオイルが肌にいい理由は、次回の『Prevention』で紹介します。

自分に合ったオイルでスキンケア

皮膚科医が教えるローズヒップオイルの効果7つ。傷跡ケア・妊娠線の予防にも

シミ、シワ、ニキビや妊娠線にも使えるというローズヒップオイル。どのように肌に効くのか、スキンケアの専門家が説明します

https://www.mylohas.net/2019/02/185285pvn_rosehip_benefits.html

スキンケアにも最適! 今が旬のオリーブオイル

小豆島にあるオリーブ園の「伊藤誠耕園」では、オリーブが旬です。ワインのボジョレーヌーボーのように「オリーブオイルヌーボー」なんて言葉もあるほど。産地...

https://www.mylohas.net/2018/11/179916oliveoil.html

Krissy Brady/5 Reasons Dermatologists Say You Should Rub Grapeseed Oil into Your Skin
訳/Seina Ozawa

Seina Ozawa(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは