1. Home
  2. EAT
  3. キャサリン妃も婚前・産後に実践したという、人気の減量法って?

キャサリン妃も婚前・産後に実践したという、人気の減量法って?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

22,474

Seina Ozawa(翻訳)

キャサリン妃

image via Getty Images

多くの人がダイエットで気にするのは、カロリー。

ですが、フランスのピエール・デュカン博士は違う点に着目し、2000年にデュカンダイエットを考案しました。フランスで4万人以上の患者の減量をサポートしてきた経験を元に、デュカン博士は「長期的な減量にはタンパク質がカギ」という理論を導き出したのです。

デュカンダイエットは、現在ヨーロッパで最も人気のダイエット法のひとつです。2011年にウィリアム王子と結婚したキャサリン妃が、結婚式前や出産後に行ったダイエット法としても有名です。

でも、このダイエット法で健康的なバランスのいいライフスタイルを保ち続けることはできるのでしょうか? 過去さまざまなダイエット法を調査してきた栄養士&ライターの筆者が、デュカンダイエットがなぜこれほどヨーロッパで流行しているのかを、探っていきます。

デュカンダイエットとは?

サラダ

デュカンダイエットは、減量を目的とした、高タンパク・低炭水化物・低脂肪の食事法です。

デュカン博士は、自身の考案したプランで多くの人が減量に成功するのを見て、『パリジェンヌ流デュカンダイエット(原題:The Dukan Diet)』を出版。現在もフランスで最も人気のダイエットプログラムとなっています。以降、彼の本には多くの注目が集まり、世界で700万部以上を売り上げています。

デュカンダイエットは、4つの段階:アタック、クルーズ、コンソリデーション、スタビリゼーションに分かれます。

最初の2段階では減量に焦点をあて、1日の摂取カロリーの40%以上をタンパク質から摂ります。これは米国農務省(USDA)が推奨する摂取量を大幅に上回ります。

3、4段階目は落とした体重を維持する期間となります。デュカン博士が「真の体重」と呼ぶ、空腹や不足感を感じることなく、気分や健康も損なわずに達成できる理想の体重を維持してきます。

デュカンダイエットを始めるには

体重計

image via shutterstock

デュカンダイエットを始める前に、目標体重を設定する必要があります。デュカン博士はこの体重を「真の体重」と呼んでいます。この真の体重次第で、最初の3段階の期間が決まります。

アタックフェイズに入る前に、キッチンに食べてもいい食材をストックしておきましょう。高タンパク・低脂肪・低炭水化物のレシピについては、デュカンダイエットのサイト、ダイエット本、レシピ本などが参考になります。SNSでつながっている人からのサポートにも頼ってみてください。

デュカンダイエットを始める前に、特に糖尿病、心疾患、腎臓病、腎臓結石など持病のある方は、かかりつけの医師に相談してください。妊娠中や授乳中の女性には、このダイエットはおすすめできません。

デュカンダイエット中は何を食べるの?

デュカンダイエットには4つの段階があります。最初の2段階が最も制限が厳しく、特にアタックフェイズでは良質な脂肪、フルーツ、野菜を摂取してはいけません

第1段階:アタックフェイズ

タンパク質

image via shutterstock

この段階は純粋なタンパク質フェイズとも呼ばれ、牛の赤身肉、豚肉、鶏肉、無脂肪の乳製品、卵、魚、豆腐など低脂肪で高タンパクな食事を制限なく楽しめます。また、1日大さじ1.5杯分のオートブラン(オーツ麦ふすま)も摂取してOKです。

デュカン博士によると、オートブランにはコレステロールを下げて糖尿病を予防する役目がありますが、食物繊維を補い満腹感が得られる効果もあると言います。この段階の期間は、目標体重によりますが、2~7日間となります。

第2段階:クルーズフェイズ

野菜

image via shutterstock

第2段階に入って数日経ったら、きゅうり、マッシュルーム、ほうれん草、アスパラガス、ブロッコリーなどの非でんぷん質の野菜を摂り始めます

タンパク質のみの日とタンパク質と野菜を摂る日を交互に切り替えながら、毎日大さじ2杯分のオートブランを摂ります。真の体重に到達するまで、この段階は続きます

第3段階:コンソリデーションフェイズ

ワイン

image via shutterstock

この段階では、最初の2段階で減らした体重が戻ってしまわないよう、リバウンドを予防します。この段階になると、これまで制限されていた食べ物も、量を抑えながら少しずつ摂り入れていきます。

タンパク質と野菜中心の食事は続け、毎日大さじ2杯のオートブランも摂ります。週に1回、アタックフェイズで実践していた純粋なタンパク質の日を設けます。第3段階の期間は減らした体重によって変わり、減量1ポンド(約0.5kg)ごとに5日間となります。

さらに、コンソリデーションフェイズ中は、1日にフルーツ(バナナ、ブドウ、イチジク、チェリーは除外)を1~2人前、全粒パン2切れを食べることができます。また、1週間にハードチーズを43g、でんぷん質の食材を1~2人前、お祝いの食事を1~2回することが許されます。お祝いの食事には、前菜、メインディッシュ、デザート、ワイン1杯が含まれます。

第4段階:スタビリゼーションフェイズ

オーツ麦

image via shutterstock

この最終段階は、この先ずっと続けていきます。好きなものを食べて構いませんが、毎日大さじ3杯のオートブランを摂取します。第3段階と同様に1週間に1回、純粋なタンパク質の日を実施します。

すべての段階を通して、毎日コップ6~8杯の水を飲むようデュカン博士は推奨しています。

ダイエットは健康的に

我慢せずにやせたい人へ。管理栄養士がすすめる5つのおやつって?

管理栄養士によると、おやつを上手に取り入れるとダイエット成功に近づくそう。おやつを食べてもいい時間帯、カロリー、管理栄養士がリアルに食べているおやつ...

https://www.mylohas.net/2019/03/185935diet_snack.html

1回20秒!手軽で効果絶大なスナック・エクササイズとは?

たった20秒でも階段を早足で上れば、健康増進に十分な効果あり。オフィスビルから外に出たり、靴を履き替える必要のないエクササイズです。

https://www.mylohas.net/2019/02/185655nyt_hiit.html

Jessica Levinson/Dukan Diet: The High-Protein Diet Europeans Are Obsessed With
訳/Seina Ozawa

    Ranking

    1. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    5. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 目に悪影響? コンタクトレンズをつけてシャワーを浴びてはいけない

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと