1. Home
  2. Lily
  3. Regular
  4. 最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード
  5. ヘルスケア
  6. 花粉症シーズンに。アレルギー症状の原因を緩和するにんじんポタージュ

花粉症シーズンに。アレルギー症状の原因を緩和するにんじんポタージュ

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

8,911

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

にんじんスープ

先週あたりから、花粉症の症状が本格的に出てくる時期になってしまいましたね。朝起きた瞬間から一日中、目や鼻がムズムズしたり、くしゃみが止まらなかったり……。

そんな辛い思いをしている方におすすめなのが、スーパーフードのビーポーレンを散らした、このとっても簡単なにんじんのポタージュ。これを飲めば、にんじんとビーポーレンのおかげで、花粉症が少し和らぐかもしれません。

花粉症が和らぐ、にんじんのポタージュ

にんじんスープ

このポタージュには、 粘膜を保護してくれる栄養素をたっぷり含むにんじん、アレルギー症状を緩和してくれるケルセチンが豊富なたまねぎ、そしてアレルギー症状を抑える、ミツバチが集めた花粉=ビーポーレンなど、花粉症の方が積極的に撮りたい栄養素がたっぷりつまっているのです。

また、調理時間もたったの15分と、とても簡単なレシピです!

<材料・4人分>

  • ☆玉ねぎ(スライス) 1.5個
  • ☆塩・こしょう 少々
  • ☆ローレル 2枚
  • にんじん(ざく切り*) 4本
  • コンソメキューブ 2個
  • 水 2カップ
  • ビーポーレン 各お皿に、ひとつまみずつ

*調理時間をより短くしたい場合は、小さめに切ってください。

<レシピ>

  1. ☆の材料を、底の深い大きめのフライパンで炒める。
  2. 玉ねぎがしんなりしてきたら残りの材料を投入し、10分ほど煮る。
  3. にんじんがやわらかくなったらハンドブレンダーもしくはミキサーでブレンドし、ポタージュ状にする。
  4. お皿に盛り付けて、最後にビーポーレンを散りばめたら完成。

このレシピのスーパーフード: ビーポーレン

ビーポーレン

image via Shutterstock

ビーポーレンとは、ミツバチ(bee)の花粉(pollen)という意味です。ミツバチが、花粉を採取する際に後ろ足につく花粉を、体内から分泌される酵素で固めて丸めた、小さな団子状のもので、女王蜂や幼虫の食べ物になります。

ビタミンA、Cといった18種類のビタミンのほか、アミノ酸22種すべてやカリウムといった多くの栄養素を含むことから、「パーフェクトフード」と呼ばれています。

花粉症に効果があるとされているのは、ケルセチンという栄養素で、アレルギー症状の原因となるヒスタミンの体内での分泌を抑えるはたらきがあるのです。

このレシピのスーパーフード: にんじん

にんじん

image via Shutterstock

にんじんにはβカロテンがたっぷり含まれていますが、これは野菜のなかでもトップの含有量と言われています。(※文部科学省資料参考)βカロテンは体内でビタミンAに変わり、花粉症などのアレルギー症状により傷んでしまった粘膜や皮膚を保護してくれます。

ほかにもカリウムや食物繊維、ポリフェノールといった栄養素を多く含むのですが、これらは皮の部分に詰まっているため、皮ごと食べるのがおすすめです!


いかがでしたか? 栄養素たっぷりのポタージュが、とっても簡単にできてしまうんです。このにんじんポタージュを飲んで、これからの花粉症に打ち勝ちましょう!

花粉症対策は万全?

風邪予防や花粉症対策に。シュッとひと吹きでノドを守る、春先の必須アイテム

春は、気温の変化や乾燥に悩まされる季節。さらに「春の風邪」という季語があるように、まだまだ風邪に対するケアも必要。また、花粉症の人にも辛い季節。どち...

https://www.mylohas.net/2019/03/propolis.html

花粉症対策は効率的に。掃除のタイミング、道具、順番の3原則とは?

東京都の観測によると、2019年度のスギ花粉の飛散開始日は2月11日~2月14日頃とのこと。花粉量は例年(過去10年平均)の1.2倍程度になるようで...

https://www.mylohas.net/2019/02/184411hayfever_cleanup.html

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

Lily

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    3. イライラするのは細菌のせい? 空腹が脳にもたらすこわい影響とは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. モヤモヤした気持ちとサヨナラするには? 不安との上手な付き合い方

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    8. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン