1. Home
  2. 検索除外
  3. Lily
  4. Regular
  5. 最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード
  6. Special
  7. 花粉症対策2020
  8. ヘルスケア
  9. 花粉症シーズンに。アレルギー症状の原因を緩和するにんじんポタージュ

花粉症シーズンに。アレルギー症状の原因を緩和するにんじんポタージュ

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

11,800

Lily

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

にんじんスープ

先週あたりから、花粉症の症状が本格的に出てくる時期になってしまいましたね。朝起きた瞬間から一日中、目や鼻がムズムズしたり、くしゃみが止まらなかったり……。

そんな辛い思いをしている方におすすめなのが、スーパーフードのビーポーレンを散らした、このとっても簡単なにんじんのポタージュ。これを飲めば、にんじんとビーポーレンのおかげで、花粉症が少し和らぐかもしれません。

花粉症が和らぐ、にんじんのポタージュ

にんじんスープ

このポタージュには、 粘膜を保護してくれる栄養素をたっぷり含むにんじん、アレルギー症状を緩和してくれるケルセチンが豊富なたまねぎ、そしてアレルギー症状を抑える、ミツバチが集めた花粉=ビーポーレンなど、花粉症の方が積極的に撮りたい栄養素がたっぷりつまっているのです。

また、調理時間もたったの15分と、とても簡単なレシピです!

<材料・4人分>

  • ☆玉ねぎ(スライス) 1.5個
  • ☆塩・こしょう 少々
  • ☆ローレル 2枚
  • にんじん(ざく切り*) 4本
  • コンソメキューブ 2個
  • 水 2カップ
  • ビーポーレン 各お皿に、ひとつまみずつ

*調理時間をより短くしたい場合は、小さめに切ってください。

<レシピ>

  1. ☆の材料を、底の深い大きめのフライパンで炒める。
  2. 玉ねぎがしんなりしてきたら残りの材料を投入し、10分ほど煮る。
  3. にんじんがやわらかくなったらハンドブレンダーもしくはミキサーでブレンドし、ポタージュ状にする。
  4. お皿に盛り付けて、最後にビーポーレンを散りばめたら完成。

このレシピのスーパーフード: ビーポーレン

ビーポーレン

image via Shutterstock

ビーポーレンとは、ミツバチ(bee)の花粉(pollen)という意味です。ミツバチが、花粉を採取する際に後ろ足につく花粉を、体内から分泌される酵素で固めて丸めた、小さな団子状のもので、女王蜂や幼虫の食べ物になります。

ビタミンA、Cといった18種類のビタミンのほか、アミノ酸22種すべてやカリウムといった多くの栄養素を含むことから、「パーフェクトフード」と呼ばれています。

花粉症に効果があるとされているのは、ケルセチンという栄養素で、アレルギー症状の原因となるヒスタミンの体内での分泌を抑えるはたらきがあるのです。

このレシピのスーパーフード: にんじん

にんじん

image via Shutterstock

にんじんにはβカロテンがたっぷり含まれていますが、これは野菜のなかでもトップの含有量と言われています。(※文部科学省資料参考)βカロテンは体内でビタミンAに変わり、花粉症などのアレルギー症状により傷んでしまった粘膜や皮膚を保護してくれます。

ほかにもカリウムや食物繊維、ポリフェノールといった栄養素を多く含むのですが、これらは皮の部分に詰まっているため、皮ごと食べるのがおすすめです!


いかがでしたか? 栄養素たっぷりのポタージュが、とっても簡単にできてしまうんです。このにんじんポタージュを飲んで、これからの花粉症に打ち勝ちましょう!

花粉症対策は万全?

風邪予防や花粉症対策に。シュッとひと吹きでノドを守る、春先の必須アイテム

春は、気温の変化や乾燥に悩まされる季節。さらに「春の風邪」という季語があるように、まだまだ風邪に対するケアも必要。また、花粉症の人にも辛い季節。どち...

https://www.mylohas.net/2019/03/propolis.html

花粉症対策は効率的に。掃除のタイミング、道具、順番の3原則とは?

東京都の観測によると、2019年度のスギ花粉の飛散開始日は2月11日~2月14日頃とのこと。花粉量は例年(過去10年平均)の1.2倍程度になるようで...

https://www.mylohas.net/2019/02/184411hayfever_cleanup.html

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    6. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら