1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 何をやってもカサカサ……。唇の乾燥対策どうしたらいい?

何をやってもカサカサ……。唇の乾燥対策どうしたらいい?

読者の悩みに専門家が答える、ビューティ駆け込み寺

12,741

AYANA

0shutterstock_231865666

MYLOHAS読者のニッチだけど深刻な美容のお悩みを解決していく「ビューティ駆け込み寺」連載。

今回は、「リップクリームをこまめに塗っても、唇が乾燥し、皮むけしてきてしまいます」というお悩み。「唇が乾燥していると、口紅がうまくのらない」なんてお悩みも。

お答えいただいたのは、泣く子も黙る美貌の持ち主「銀座ケイスキンクリニック」院長の慶田朋子先生です。

唇は解剖学的に乾燥しやすいパーツ

唇

唇は、顔のなかでも特に乾燥しやすいパーツです。

唇には、通常皮膚に備わっている皮脂腺や汗腺がないため、皮脂膜が形成されずうるおいが逃げやすいからです。角層も薄いためやバリア機能が低く、刺激があったときに影響を受けやすい側面もあります。

「口は飲食するパーツなので、香辛料や塩分など食べ物の刺激が肌荒れを誘発するケースもあります。

ただ、角層は薄いのですがターンオーバーが早くて代謝はいいのです。少し荒れたり乾燥して皮がむけても、健康な状態であれば長引きません」(慶田先生)

皮むけやひび割れが続くようなら皮膚科へ!

医者

皮がむけたガサガサの状態が1週間以上続いたり、ひび割れて出血するようなら、ただの乾燥状態を越えてしまっているかもしれません。

「慢性的になっているなら口唇炎(こうしんえん:唇に発生した湿疹、皮膚炎)の疑いがあります。

すみやかに皮膚科を受診して治療しましょう。無理に皮をむいたりすれば出血してしまうので、絶対に避けてください」(慶田先生)

唇の皮膚は薄くて吸収性がいいため、処方してもらった弱いステロイドをきちんと使えば、数日で症状は上向きになるはず。

とはいえ、よくなったらそれでおしまいではなく、ぶり返さないためにも、リップクリームを塗るなど日常的なケアを忘れないで。

「肌が乾燥してバリア機能が弱くなると、刺激を跳ね返せなくなってしまいます

そうなると炎症が起こってしまいやすいので、未然に防ぐためにも、うるおいを与えつつ蒸散を防ぎ、水分量キープを心がけましょう」(慶田先生)

また、自分の唇がどんな刺激に弱いかを知っておくことも大切です。

「この口紅を塗ると荒れる」とわかっているなら、その口紅に原因となる成分があると意識しておきましょう。

唇を刺激から守るリップクリームを選んで

リップ

唇を日常的にケアするなら、ふたつのことを意識しておくとよいでしょう。まず、唇をなめないこと。水分には蒸散する性質があるので、唇をなめるたびに過乾燥を起こしてしまいます。

乾燥しているな、と感じたときになめてしまうと逆効果になりますので注意しましょう。次に、リップクリームでケアすること。

「リップクリームには、刺激になりそうな成分が入っていないシンプルなワセリンや、ヒアルロン酸、セラミド、グリセリンなどの保湿成分を配合したものがおすすめです。

口紅を塗る前や食事の前に唇に塗布することで皮脂膜の代わりを果たし、唇を乾燥や刺激から守ってくれます」(慶田先生)

リップクリームの塗り方にもポイントが。「う」ではなく「い」と発音する形に整えるとシワが伸び、ムラなく塗ることができます。こまめに塗り直して、唇をガードしましょう。

RECOMMENDED ITEMS

唇の乾燥をケアして、潤いキープを期待できるおすすめの美容アイテムを紹介します。

1.サンホワイトP-1

サンホワイト

サンホワイトP-1 50g 1,200円(参考価格)

一般のワセリンを水素添加によりさらに精製し、不純物を取り除いた高品質の白色ワセリン100%。薄膜をつくり皮膚の水分蒸散を防ぐとともに、異物や抗原が侵入するのを防ぎます。唇だけでなく顔や全身の保湿ケアに。0歳から大人まで使用可能

2.モアリップ(第3類医薬品)

モアリップ

モアリップ(第3類医薬品)8g 1,296円(税込)

唇の炎症を抑えるグリチルレチン酸とあれた唇の修復を促すアラントイン、皮膚や粘膜の健康を保つビタミンB群、皮膚の新陳代謝を促すビタミンEを配合した医薬品のリップクリーム。軟膏ベースのクリームが唇にとどまり、しっかり保護。

3.タカミリップ

000takami

タカミリップ 7g 2,350円(税込)

保湿成分としてセラミド2・3・5を配合したリップ用美容液。肌荒れを防いでうるおいを与えるだけでなく、乾燥によるくすみエイジングケアも叶えます。グロスのようなツヤ感をもたらし、ふっくらと美しい唇に。

リップクリームできちんとケアすれば、唇を乾燥から守ることができます。食事の前後や外出前、メイク前などに塗る習慣づけを。盲点になりやすいのが就寝前。特に室内の湿度が50%を切るときは、必ずリップクリームを塗ってからベッドへ。それでも皮むけなどが起こってしまうようなら、一度皮膚科へ行ってみましょう。

>>「ビューティ駆け込み寺」連載をもっと見る

image via Shutterstock

肌のお悩み解決したい!

シミはスキンケアで完全に消せる?

ニッチだけど深刻な美容のお悩みを解決していく「ビューティ駆け込み寺」連載。今回は、「シミはスキンケアだけで完全に消せるのでしょうか?」というお悩みに...

https://www.mylohas.net/2019/02/185228beauty_qa.html

乾燥肌は、◯◯不足のせいだった。すぐできるチェック方法と解決メソッド3つ

放っておくと意外とキケンな乾燥肌の原因とその対策について、女性外来を開設する医学博士の赤澤 純代先生にお話を聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/03/184380dryskin.html

    Ranking

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. パソコンの位置を変えれば、とたんに調子のいい体に!

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    5. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    6. めんつゆでパパッと完成。老化防止に「なすの煮物」

    7. 疲労回復のプロが教える、朝起きたときに疲れていない体を手に入れる方法

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 管理栄養士がすすめる「ダイエット弁当」の作り方

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること