1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 皮膚科医に聞く「乾燥肌」を変える7つの新習慣。洗顔料の選び方は?

皮膚科医に聞く「乾燥肌」を変える7つの新習慣。洗顔料の選び方は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

17,161

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

肌

image via shutterstock

冬の乾燥でカサカサになった肌を、一刻も早く治す方法は?

乾燥してカサカサになった肌を治すには、きちんとした情報にもとづいて対応するようにします。

天気によって肌の状態が変化しやすかったり、もともと乾燥肌の方で、肌の乾燥がそんなにひどくない場合は、これからご紹介する皮膚科専門医にきいたコツを参考にして、肌の状態をなめらかに、しっとりとさせましょう。

ただし、下記の方法を試しても肌の状態が改善されない場合は、皮膚科を受診して、確実かつ適切な診断を受けることをおすすめします。処方薬もふくめ、もっとも適した治療法について医師にご相談ください。

肌が乾燥してしまう原因は、こちらの記事で。

  1. 洗顔料は肌にやさしいものを
  2. 保湿クリームを使う
  3. やさしく角質を落とす
  4. 必要なら、サリチル酸をとりいれる
  5. ニキビ対策は、しすぎに注意
  6. 加湿器を使う
  7. シャワーの温度に気をつける

1. 洗顔料は肌にやさしいものを

洗顔の泡

image via shutterstock

「皮膚がひどく乾燥しているときは、刺激の少ない保湿洗顔料を使うのがおすすめ。石けん成分を含まず、肌を乾燥させない洗顔料もありますよ」と、皮膚科認定医のラジャニ・カッタさんは言います。

洗顔後、肌がすべすべになる無香料の泡洗顔フォームもよいとのこと。ヒアルロン酸、グリセリン、セラミドを成分に含むものは、肌をしっとりとさせます

2. 保湿クリームを使う

クリーム

image via shutterstock

保湿効果の高い乾燥肌向けの保湿剤をつければ、肌のバリア機能が回復して、必要な水分をより多く閉じこめることができます。

カッタさんが言うには、肌が乾燥してカサカサしているときは、洗顔後にローションを使うよりも、保湿クリームを塗るほうがいいのだそう(肌に湿気がまだ残っているうちに塗るのが理想的)。ローションだと含まれる水分の量が多く、肌に水分をしっかり閉じこめることができないからです。

肌を乾燥させてしまうので、アルコールを含む製品は避けます。ヒアルロン酸、セラミド、アロエベラ、シアバター、オートミール、スクアレンなど、肌のうるおいを保つ成分が入っているものを探しましょう。肌がまだら状に乾燥しているときは、専門家によっておすすめされているフェイス用保湿液を使ってみるのもよいでしょう。

3. やさしく角質を落とす

タオルで拭く女性

image via shutterstock

乾燥のせいで、敏感肌となって肌が粉をふいているようなときは、よけいなことはしないのがベスト

死んだ皮膚細胞がはがれ落ちてガサガサになった肌に対しては、(ピーリングジェルやスクラブを使っての)角質落としが効果的となることもありますが、細心の注意をはらって行うことが必要です。

うまくすれば、肌がなめらかになりますが、失敗すると、よけいに肌が乾燥してひどい状態になると言うのは、ニューヨークにある総合病院の皮膚部門長をつとめている皮膚科医、アンジェラ・ランプさんです。

洗顔後に角質を取る場合は、マイクロファイバーの柔らかいタオルを使用します。そして、ごしごしと強く洗わずに、やさしく、円を描くように洗います。角質取りは週2~3回にとどめ、終わった後は肌を保湿するクリームを塗ります。

カッタさんによると、次に挙げる製品は、症状がおさまるまで避けたほうがよいとのこと。

  • 化学的成分(たとえば、サリチル酸、グリコール酸、そのほかのα-ヒドロキシ酸)を含むスクラブ剤。
  • 炭、砂糖、細かい粒子など、肌にとって刺激となるものが入っているフェイス用スクラブ。
  • オイリー肌用の強い洗顔料。

4. 必要なら、サリチル酸をとりいれる

洗顔する女性

image via shutterstock

カッタさんによると、脂漏(しろう)性湿疹や毛穴の黒ずみ、ニキビの問題をかかえているときは、サリチル酸入りのより強い洗顔料を使うのがおすすめだそう。

サリチル酸のはたらきによって皮膚細胞が除去され、毛穴が目立たなくなります。サリチル酸の濃度は1~2%のものがよいでしょう。使用後は、保湿剤をつけるようにします。

5. ニキビ対策は、しすぎに注意

ニキビ

image via shutterstock

過酸化ベンゾイル、サリチル酸、レチノイドを含む製品は、以前からニキビ治療によく使われてきました。頑固なニキビにはとても効果的なのですが、肌の油分が奪われて、乾燥や皮むけの原因となることも

肌質は人それぞれ異なるので、肌トラブルが起きることなく、効果的にお手入れする方法を見つけるためには、自分でいろいろと試してみることが必要となります。

一般的に、ニキビ対策の製品は、1日おきの使用が望ましいのですが、肌がカサつく場合は、使う回数を減らして3日に一度としましょう。使用後には必ず、脂性肌・ニキビができやすい肌向けの保湿剤をつけるようにします。

6. 加湿器を使う

加湿器

冬に暖房を使うと、空気がとても乾燥しますし、お肌ももれなく乾きます。就寝時はとくに、加湿器を使うほうがよいでしょう。加湿器を使えば、湿気が空気に戻り、肌もうるおいます

「肌が乾燥してカサつくときは、加湿器を使うのがいちばんのおすすめ。私は冷たいミストが出る加湿器で、朝までもつ容量の大きいタイプが好きです」とランプさん。

7. シャワーの温度に気をつける

シャワー

image via shutterstock

熱いお湯で長くシャワーを浴びるのは、乾燥肌にとってよくありません。いくら気持ちがよくても、熱すぎるお湯は肌のバリア機能を損ない、肌がカサつく原因となってしまうのです。

「乾燥肌の患者には、ぬるめのお湯で、10~15分以内でシャワーを浴びることをおすすめしています」とカッタさん。

食べ物から健康な肌へ

ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

白湯にレモンをプラスした「レモン白湯」の魅力とは? 簡単レシピと一緒に、意外な健康効果をご紹介します。飲むベストタイミングも要チェック。

https://www.mylohas.net/2018/12/181199diet_lemon.html

ポイントは豆乳! 美容効果たっぷりのヘルシー“ポテサラ”

スーパーフードの知恵を頼りに試行錯誤して、とってもヘルシーで美容効果&ダイエット効果のつまった美味しいポテトサラダができました。そのレシピを伝授しま...

https://www.mylohas.net/2018/12/180451potatosalad.html

Emily Shiffer/The Best Ways to Get Rid of the Dry, Flaky Skin on Your Face
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析