1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 乾燥だけとは限らない、肌がカサカサになる4つの原因とは?

乾燥だけとは限らない、肌がカサカサになる4つの原因とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,997

保湿クリーム

image via shutterstock

乾燥してカサカサになった肌って、とてもイヤなものです。顔が実年齢より老けて見えるし、メイクも浮いてしまう。これまで大丈夫だったスキンケア製品が、急に肌の刺激となってしまうことも。

保湿液をどんなにたっぷり塗っても、肌の乾燥はおさまらない。寝る前に肌を触ると、まるでワニ革みたいにガサガサ……。こんなとき、いったいどうしたらいいの?

皮膚科の認定医であるラジャニ・カッタさんによると、もともと乾燥肌の人は冬になると、低い湿度と凍える寒さ、そして強い風のせいで、皮膚の乾燥がひどくなるそう。

そして、よかれと思って使った製品が、皮膚の状態をかえって悪化させてしまう、ということもあるようです。

肌が乾燥してしまう原因について、皮膚科の専門医に分かりやすく解説してもらいました。

  1. 気候の変化
  2. 接触性皮膚炎(かぶれ)
  3. 脂漏(しろう)性湿疹
  4. 乾癬(かんせん)

1. 気候の変化

ドライフラワー

image via shutterstock

冬に肌荒れしてしまう理由を、ニューヨークにある総合病院の皮膚部門長をつとめている皮膚科医、アンジェラ・ランプさんはこう説明します。

「空気が乾燥して寒くなると、皮膚の表面からよりたくさんの水分が蒸発します。皮膚の表層が乾くと、肌のカサつきにつながります

肌がすでに乾燥気味のときはとくに、カサカサになりやすいそう。

皮膚細胞はたんぱく質からできており、水分がないと乾燥してしまいます。ドライフラワーやドライフルーツを想像してみてください」

2. 接触性皮膚炎(かぶれ)

皮膚炎

image via shutterstock

スキンケア・ヘアケア用品によって、肌にアレルギー反応を起こしてしまうケースをよくみます。肌がうろこ状となって、かゆみをともなう紅斑(こうはん)ができることも」と、カッタさん。

これは湿疹の一種、アレルギー性の接触性皮膚炎(かぶれ)です。ガサガサした乾いた斑点が皮膚にできます。この症状は、皮膚が特定の物質に対して敏感となり、2回以上触れたときに起こります。アレルギー性の皮疹が生じるまで、2〜3日かかることが多いです。

接触性皮膚炎にはほかに、刺激性皮膚炎もあります。カッタさんによると、最近よくみられるそう。刺激性皮膚炎は、皮膚が硬くなるなどの反応がすぐに起こることが多く、肌に強すぎる成分の入ったスクラブや角質洗顔料、パック、ニキビ治療薬などが原因となります。

このふたつを引き起こすものとして、パフューム類(エッセンシャルオイルなど天然由来のものも、合成したものも)、化粧品、日焼け止め、薬などが挙げられます。そのほか石けんや洗剤によって、炎症が起きてしまうことも。

3. 脂漏(しろう)性湿疹

頭皮

image via shutterstock

脂漏性湿疹という湿疹もあります。赤くてかゆみをともなう、カサカサ状の皮膚がまゆげや眉間、小鼻のわき、頭皮にできるのが特徴。専門家によれば、皮膚の油分に存在する酵母菌と何らかの関係があると考えられており、その酵母菌に免疫システムが反応して症状が起こるとされています。

「皮膚は乾燥しているように見えますが、そのカサカサは炎症によるもの。脂性肌のひとによくみられます」とカッタさん。寒くて乾燥した時期になりやすいとのこと。

4. 乾癬(かんせん)

皮膚のかゆみ

image via shutterstock

乾癬(かんせん)と湿疹、見た目は似ているのですが、このふたつはまったく異なります。乾癬は、自己免疫疾患。つまり、刺激が原因で起こる病気ではありません。多くの場合、盛り上がったうろこ状の斑点ができます。

乾癬は、天候の変化が症状に影響することはありません。「乾燥してカサカサしたものが皮膚からはがれ落ちたり、発疹をともなう状態が慢性的に続いたりするときは、医師にかかって適切な診断を受けることをおすすめします」とランプさんは話します。

美肌に導くアイテム

美容皮膚科医がすすめる、ぷるぷる肌に導くコラーゲン製品3つ

小ジワなどの原因になる乾燥肌と、近年ふたたび注目されているコラーゲンの関係とは? 美容皮膚科医推薦のコラーゲン製品も3つ紹介。

https://www.mylohas.net/2019/02/184130collagen.html

スキンケアにも納豆パワー! ふっくらハリ肌に導く濃密クリーム

健康に良いとされ注目されている納豆などの発酵している食品。発酵は食品だけにとどまらず、今やコスメの原料にも使われています。 そこで今回は、発酵の力だ...

https://www.mylohas.net/2019/02/185713sp_natto_skincare_myv.html

Emily Shiffer/The Best Ways to Get Rid of the Dry, Flaky Skin on Your Face
訳/STELLA MEDIX Ltd.

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは