1. Home
  2. EAT
  3. 便秘解消だけじゃない。毎日サツマイモを摂るべきメリット

便秘解消だけじゃない。毎日サツマイモを摂るべきメリット

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,829

100歳

長生きの秘訣は何でしょう?

レッシー・ブラウンさんの家族によれば、甘くてでんぷんたっぷりの根菜と何か関係があるにちがいない、とのこと。2019年1月8日に114歳で亡くなるまで、レッシー・ブラウンさんはアメリカで最高齢の人物だと考えられています。

毎日、サツマイモを食べていた!

さつまいも

image via shutterstock

オハイオ州クリーブランド・ハイツに暮らしていたブラウンさん自身は、長く生きられたのは「神様の思し召し」と語っていましたが、彼女の家族は、ブラウンさんが元気に100歳を超えるまで、毎日欠かさずにサツマイモを食べていたからだと思っています。

「まあ、私にはよくわかりませんねえ。みんなは私がたくさんサツマイモを食べるからだと言うけど、そうは思わないですね。わからないけど、神様の思し召しですね」。2013年、109歳の誕生日に長寿の秘訣について聞かれたブラウンさんは、テレビの取材でそう答えていました。

サツマイモは「よい炭水化物」

さつまいも

image via shutterstock

はたしてサツマイモはどのくらいヘルシーなのでしょうか?

米国農務省によると、中くらいのサツマイモ1本は103kcal、たんぱく質2g、炭水化物24g、繊維質4g、糖質7gが含まれています。

サツマイモに含まれる炭水化物の量に恐れをなす人もいるかもしれませんが、それらは複合糖質だということを覚えておくといいでしょう。摂取してから消化されるまでに時間がかかるので、より長時間持続するエネルギーへと変換されるのです。

糖質に関しても、あまり心配はいりません。サツマイモには繊維質も豊富に含まれているため、ブドウ糖が体内器官へ放出されるのを遅らせるのによいのです。

お通じにもいいフードの代表格!

便秘

image via shutterstock

米国糖尿病学会でさえも、血糖値を急上昇させないという理由からサツマイモをすすめています。サツマイモは満腹になるだけでなく、コレステロールを下げてお通じもよくなることから、サツマイモに含まれる繊維質は体重の調整にも役立ちます

また、サツマイモには目の健康や骨の発達、免疫機能の向上に欠かせないビタミンAがおよそ22,000 IUも含まれており、これは1日の摂取量の最大6倍におよびます。

さらに、カルシウム43mg、リン62 mg、マグネシウム31 mg、カリウム542 mg、ビタミンC22 mgも含まれています。カリウムには身体へのナトリウムの影響を軽減する役割があり、血圧を下げ、血管壁の緊張を解くのを助けます。マグネシウムは細胞中にカリウムを運ぶのに必要です。

健康的な人たちの間では定番フード

さつまいも料理

image via shutterstock

サツマイモを食べて長く豊かな人生を過ごしたのはレッシー・ブラウンさんだけではありません。

日本の沖縄やイタリアのサルデーニャ島など、健康で長寿の人たちが多く暮らす「ブルーゾーン」について記した本『The Blue Zones Solution』の著者ダン・ビュイトナーさんによれば、サツマイモは、世界でもっとも健康的な人たちの間でも定番の食べ物となっているとのこと。

レッシー・ブラウンさんの非常に長い人生の秘密がサツマイモにあるのかどうか、本当のことは知る術もありません。でも、サツマイモを食事に取り入れて損はないでしょう

サツマイモをおいしく食べたい

食物繊維とビタミンCが豊富。油で揚げない大学芋のレシピ

油で揚げない大学芋のレシピ。食物繊維、ビタミンCを多く含むさつまいもを、簡単ヘルシーなスイーツにしましょう。

https://www.mylohas.net/2018/08/173346diet_recipe.html

20分で完成。作り置きできる「腸活デリサラダ」のレシピ

20分で作れる「腸活デリサラダ」のレシピ。ヨーグルトの乳酸菌、根菜やきのこの食物繊維で腸内美人を目指しましょう。冷蔵庫で3日程持つので作り置きにもぴ...

https://www.mylohas.net/2018/09/166130diet_recipe.html

Leah Groth/The One Food the Oldest Person in the U.S. Ate Every Day to Live to 114
訳/Maya A. Kishida

Maya A. Kishida(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    2. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    3. イライラするのは細菌のせい? 空腹が脳にもたらすこわい影響とは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. モヤモヤした気持ちとサヨナラするには? 不安との上手な付き合い方

    6. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    8. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン