1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 白浮きを防ぐ。摩擦に負けない。性能重視「日焼け止め」3アイテム

白浮きを防ぐ。摩擦に負けない。性能重視「日焼け止め」3アイテム

3,281

大森りえ

日差しを浴びる女性

あらゆる肌トラブルの原因となるのが「紫外線」。明るい陽射しに心はウキウキと踊る一方で、「紫外線対策に本腰を入れなければ!」と焦りを感じたりもしますよね。

今回は、進化し続ける「日焼け止め」から編集部が気になるニューフェイス3点をご紹介します!

あらゆる視点から肌を守る、マルチなプロテクター

日焼け止め

カネボウ グローバル スキン プロテクター(SPF50+・PA++++、60mL)5,400円(税込)

紫外線や乾燥はもちろん、春はとくに大気中の微粒子汚れが気になる季節です。肌に付着した微粒子はしっかりと洗い流すだけでなく、そもそも肌に直接付着させないケアも大切。

2019年3月8日(金)発売の「カネボウ グローバル スキン プロテクター」は、紫外線、乾燥、大気中の微粒子汚れが肌に直接付着するのを防ぐ「マルチプロテクティブヴェール処方」で、肌表面を均一なヴェールで整えます。

スーパーウォータープルーフで水や汗に強いのに、つけてみると軽やかでのびやかなテクスチャー。首や体に使えるのもうれしいポイント。涼やかな心地よい香りで、桜のはなびらのようなほんのりピンクのパッケージも気分が上がります。

高機能サンスクリーンブランドの新アイテムが気になる!

日焼け止め

アリィー エクストラUV ハイライトジェル (SPF50+・PA++++、60g)2,268円(税込)/(編集部調べ)/カネボウ化粧品

日焼け止めについて、外しては語れないのが高機能サンスクリーンブランド「ALLIE(アリィー)」。2019年2月16日(土)の発売前から話題を集めていたのが「アリィー エクストラUV ハイライトジェル」です。

ジェルなので伸びがよく軽やか。肌にピタっと肌に寄り添うつけ心地です。

高いUVカット効果を備え、美容液成分(保湿)を配合(ヒアルロン酸、コラーゲン)。高輝度パールによるメイクアップ効果で透明感とツヤのある肌に。顔はもちろん体にも使えます。

さらにこの商品の一番の特長は、水や汗に強いスーパーウォータープルーフであるだけでなく、「摩擦」にも強いフリクションプルーフを実現していること。

服を着替えたり、ハンカチで汗を拭いたり、肩や腕にバッグをかけたり。日常生活のなかで顔も体も意外と摩擦を受けるシーンは多く、そのたびに塗り直していると大変です。

もちろん、こまめにつけ直すに越したことはありませんが、紫外線が降り注ぐなかで塗り直すまでに時間の猶予がもらえるだけでも忙しい女性には朗報と言えるのではないでしょうか。

日焼け止め特有のきしみや白浮きを防ぎ、うるおい肌続く

日焼け止め

リサージ UVプロテクターパーフェクト(SPF50+・PA++++、50g)3,240円(税込)/カネボウ化粧品

2019年3月16日(土)にはLISSAGE(リサージ)からも高機能な日焼け止めが登場。日焼け止めはこすれても落ちてしまうことに着目して開発された高UVカットジェルクリーム「リサージ UVプロテクターパーフェクト」は、日常のこすれや摩擦に強く、落ちにくいのが特長です。

ウォーターベース処方で、うるおいが長続き。また、紫外線散乱剤が凝縮せずに均一な塗膜になる処方なので、きしみや白浮きが起こりにくく、肌を均一にコートしてくれます。

「高いUVカット効果があればじゅうぶん」という時代は終わりを告げ、「微粒子汚れの付着を防ぐ」「水や汗、摩擦に強い」「伸びのよい軽やかなテクスチャー」などとキーワードが増え続ける日焼け止め。吟味して、自身の肌や使うシーンによって選び分けたいですね。

[カネボウ, ALLIE(アリィー), LISSAGE(リサージ)]

今年こそ自分にあった紫外線対策

亀裂からの日焼けを防ぐ! 進化した高機能日焼け止め5選

今年こそは絶対焼きたくない! そんな方必見。SPF50+、PA++++という、国内最高基準値のUVカット力を誇る、高機能な日焼け止めアイテムを5つピ...

https://www.mylohas.net/2019/02/185660_skincare_uvcosmetics5.html

老化防止のカギは? 皮膚科医・友利新先生が愛用する2つのコスメ

医師の友利新先生インタビュー前編。老化防止のカギとは? 毎日の美容習慣&愛用コスメは? 40歳を過ぎても疲れを見せない美肌をキープしている秘訣を聞き...

https://www.mylohas.net/2019/02/183916tomori_arata01.html

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由