1. Home
  2. MIND
  3. 色彩心理学から学ぶ。やる気を出したいときの服の色は?

色彩心理学から学ぶ。やる気を出したいときの服の色は?

30日間の「科学的に元気になる方法」

4,826

ハーバード大学やNASA、東京大学など国内外の最新研究結果から、科学的に効果が証明された「元気になれる方法」を、毎日ひとつずつご紹介していきます。

オレンジ色の服を来ている女性

image via Shutterstock

赤やオレンジのアイテムを身につける、
身の回りに置くとやる気がわいてくる
(ただし、赤は攻撃的な色に見えるので注意)

(チチェスター大学グリーンリーズらの研究)

人は、身に着けるアイテムによって、モチベーションを高めることができます。色彩心理学では、赤色やオレンジ色は元気が出る色として知られています。今日はちょっと気合を入れたい、という日は、服や小物に赤やオレンジを取り入れて、目につくようにするとよいでしょう。服が難しければ、ハンカチや携帯ケースでもOK。

さらに、夕焼けなど、オレンジ色の景色をみるのも効果があります。部屋の中でキャンドルセラピーもおすすめ。オレンジ色の火からは、癒される効果が得られます。

30日間の「科学的に元気になる方法」をもっと見る

科学的に元気になる方法集めました』(文響社刊)

「毎日を元気にしてくれる科学的なノウハウ」全38項目が収録された一冊。厳選されたノウハウは、世界の科学論文などで紹介されている科学的根拠(エビデンス)があり、誰でもどんな環境でも実践できる簡単なものばかり。科学的に「効果あり!」と認められた方法をご紹介しています。

明治大学教授 堀田秀吾

言語学博士。シカゴ大学博士課程修了。ヨーク大学修士課程修了。言語とコミュニケーションをテーマに、言語学、法学、社会心理学、脳科学などのさまざまな学問分野を融合した研究を展開。専門は司法におけるコミュニケーション分析。

色で一日を決めてみる?

発色が魅力的! 華やかな気分になれる「ナチュラルアイカラー」5選

新しい年に、ちょっと冒険したくなるような印象的な目元を演出してくれる、おすすめのナチュラルアイカラー5選をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/01/181546eye_shadow.html

アンダー1000円も! 軽くて大容量で小さくたためるリュック7選

折りたためてコンパクトに携帯できるパッカブルリュックをご紹介します。防水仕様で驚くほど軽量なのに大容量でデザイン性も高い頼りになるアイテム。ひとつ持...

https://www.mylohas.net/2018/09/174487packable_backpack.html

島田ゆかり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 意外な効果も。科学的に証明されたラベンダーオイル8つの効能

    2. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 冬でもないのに咳・くしゃみ。「はしか」はなぜ流行る?

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. 精神科医が勧める、誰かのためじゃなく「自分のために生きる方法」

    10. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    1. オリーブ油よりも◯◯油。コレステロールを減らせる5つの食品

    2. トレーナーに聞いた! 結果が出る筋トレとは?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 血圧を下げる低カロリーな果物はどれ? 栄養士おすすめの食べ方

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 【5月の満月】固定観念から解き放たれ、視界が開けるタイミング

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 野菜より先に口にするといいものは? 太らないための「食べる順番」

    7. 頑固な内臓脂肪を減らす9つの方法

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?