1. Home
  2. BODY
  3. ダイエットを邪魔する休日のワナ

ダイエットを邪魔する休日のワナ

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

2,534

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

休日は人生においてだけでなく、減量にとっても一大事です。テキサス工科大学の研究で、アメリカ人は6週間の休暇のあいだに平均約680グラム体重が増えるとわかりました。これは、1年間の体重増加分の約75パーセントに当たります。

1年に900グラムであれば、それほどの増加ではないように思えますが、これが20年続けば、18キロ増えることになります。

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』313ページより引用)

ついつい食べ過ぎてしまう休日。ガイズ氏によると、「一緒においしいものを食べよう」という仲間からのプレッシャーや、羽目を外したくなる「特別な日」効果は、誤った決断をしやすくなる強敵です。

休暇は特別な日ですが、特別な食べ物の日とは考えないように、というのがガイズ氏のアドバイス。パーティではスイーツもいくつか食べるけれど、水も飲むとか、お酒をたくさん飲むけれど、ニンジンやセロリも食べるといった「取引」をしましょう。

チョコレートケーキを食べるときは急いで頬張らずに、一切れをとってゆっくりと意識しながら、喜びをかみしめて。「ガマンすべきなのに食べてしまった」という恥ずかしい気持ちは持たず、一口一口を楽しみましょう。そして自分がいつ満足を覚えるかをしっかり意識し、それを感じたら食べるのをやめましょう(お皿の上にまだケーキが残っていてもストップします)。

減量のための行動変化の敵は、何の考えもなく食べること、恥の意識、一貫性のなさ、あきらめることのいくつかが組み合わさった状態だと、ガイズ氏はいいます。休暇やパーティは、自分が本当のところどこまで変われたかを判断する、よいバロメーターになるかもしれません。

book_diet-2

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

満腹感が得られない食事って?ダイエット中は避けたい食べ物

食べないダイエットは、もはや時代遅れ。賢い食べ方、食べる物自体の選択を間違わなければ、ダイエットをサポートしてくれます。では、ダイエット中に食べては...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_06.html

ダイエット成功の近道は“こっそり” やるのが基本

脳とカラダは連動しています。それは誰もがご存知の通りですが、ダイエットも同じことが言えるそうです。急激な減量がよくない理由についてご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_04.html

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン