1. Home
  2. BODY
  3. 本当にそれ買うの? ダイエット成功に導く、スーパーで意識したい行動

本当にそれ買うの? ダイエット成功に導く、スーパーで意識したい行動

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

4,798

田邉愛理

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

私がすすめる買い物のときの応用プランは次のものです。まず、いつもどおり食料品を選んでください。そして、欲しいものをすべて買い物かごに入れてレジに向かう直前に、健康によくない食品をどれかひとつだけ選んで、それを健康的な食品と取り換えます

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』292ページより引用)

自宅での食べ物との戦いは、食料品店での行動で勝負が決まるというガイズ氏。自分が買って帰る食品が、自宅での食環境を作るからです。

そこでガイズ氏が提案するのが、欲しいものをすべてカゴに入れてから、つい買ってしまった健康によくない食品を、健康的な食品に取り換えるという手法。たとえば、こんな交換が考えられます。

買い物交換サンプル

  • チョコレートバーを無糖または低糖のダークチョコレートに換える。
  • アイスクリームをバナナ(冷凍するとアイスクリームのような味がします)に換える。
  • 精白パンを全粒粉パンに換える。
  • 普通のスパゲティをそうめんカボチャまたは全粒小麦パスタに換える。
  • 炭酸飲料を炭酸水またはミネラルウォーター+風味付けのための100%果汁に換える(少量だけ加えて風味をつける)。
  • シリアルと牛乳をヨーグルトと果物に換える(甘味料が加えられていないグラノーラを探すのは難しいため)。

など

ふだんから加工食品を買うことが多い人は、生または冷凍の野菜を少なくとも1種類プラスで買うこと、というのがガイズ氏のアドバイス。加工スナックをニンジンやセロリ、ラディッシュ、チェリートマトやナッツに交換できたら、大成功です。

book_diet-1

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

ダイエットを成功させたいなら「たった1回の腕立て伏せ」から始めよう

ダイエットが続かない。それってもしかしたら、意識をちょっと変えてみると続けられるかも。そんな意識を変えるコツをご紹介します。まずは、1回の腕立て伏せ...

https://www.mylohas.net/2019/01/weightlosst_01.html

ダイエットにベストな睡眠は何時間?

毎日を健やかに暮らすには睡眠は大切です。その質にも注目が集まっている中で、ダイエットにおいても睡眠は大事だそうです。とはいえ、睡眠時間の目安はどのく...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_11.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー