1. Home
  2. BODY
  3. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

26,478

田邉愛理

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

一般的なルールとして、もしあなたが高強度の激しい運動に対応できるなら――ほぼ誰でも何らかの形のHIITに対応できます――中強度の有酸素運動よりもHIITを選んでください。

研究結果から、高強度の運動(全速力で走るような、激しい運動)は脂肪、とくにおなか周りの脂肪の燃焼にとても効果があることがわかっています。

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』234ページより引用)

「ダイエットを始めよう」と思ったとき、持久性トレーニングのためにランニングマシンに乗る人は多いかもしれません。しかし、このタイプの中強度の運動は、脂肪を減らすには優れた方法ではないとガイズ氏は指摘します。

ガイズ氏のおすすめは、ランニングよりも「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」。ある実験では、15週間のHIITプログラムを20週間の持久性トレーニングと比較しました。その結果、HIITプログラムによる皮下脂肪6カ所の総量の減少は、持久性トレーニングより9倍大きかったとのこと。

また別の実験では、週3でランニングマシンを30〜60分使用したグループと、週3で30秒のスプリント(全力疾走)を4〜6回、合間に4分の回復時間をとるHIITを行ったグループを比較。ランニングマシンでは脂肪が5.8%減りましたが、スプリントとインターバルのグループでは12.4%減少という結果が出ました。運動時間はずっと少ないのに、なんと倍以上の脂肪が減ったことになります。

全力で15秒〜60秒の運動をしたあと、1分から5分休むことを繰り返すのがHIITの基本プログラム。激しい運動の種類は何でもいいので、インターネットで「HIITトレーニング」や「インターバルトレーニング」を検索して、自分にあった楽しいアイデアを見つけてほしいとガイズ氏は述べています。

book_diet-2

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

空腹ホルモンを減少させる小さな習慣

ダイエットしている時に大切なことはたくさんあります。その中でも食事そのものも大事ですが、食事の摂り方も同じくらい大事です。特に「噛む」については信頼...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_20.html

ダイエットを成功させたいなら「たった1回の腕立て伏せ」から始めよう

ダイエットが続かない。それってもしかしたら、意識をちょっと変えてみると続けられるかも。そんな意識を変えるコツをご紹介します。まずは、1回の腕立て伏せ...

https://www.mylohas.net/2019/01/weightlosst_01.html

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    3. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    4. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. 5役も果たすオールインワン。大人肌のための機能性ジェル【プレゼント】

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!