1. Home
  2. BODY
  3. ダイエットは「引き算」より「足し算」が大切

ダイエットは「引き算」より「足し算」が大切

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

4,597

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

ジャンクフードを完全に断ってしまう代わりに、カラダによいものをもっと食べることを自分に課すとしたらどうでしょう?

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』154ページより引用)

大好きだったジャンクフードをもう食べてはいけないといわれると、つまらなく、味気なく、つらい気持ちになります。

何かをあきらめなくてはいけないときに誰もが襲われるこうした感情は、減量を難しくする大きな原因のひとつだとガイズ氏はいいます。

そこでガイズ氏が勧めるのが、ジャンクフードをあきらめる「引き算」の代わりに、もっと優れた食べ物を「足し算」する方法です。

昔は毎日のようにファーストフードを食べていたというガイズ氏。カラダによいものを食べる練習をしたところ、むしろそちらを好むようになり、ファーストフードへの欲求は自然に減っていったのだとか。

問題は、私たちがカラダによくないものを食べてしまうことではありません。従順な消費者としてそれを食べるように(あるいは、好きになるように)訓練されているということだと、ガイズ氏は述べています。

book_diet-1

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

ダイエットを成功させたいなら「たった1回の腕立て伏せ」から始めよう

ダイエットが続かない。それってもしかしたら、意識をちょっと変えてみると続けられるかも。そんな意識を変えるコツをご紹介します。まずは、1回の腕立て伏せ...

https://www.mylohas.net/2019/01/weightlosst_01.html

満腹感が得られない食事って?ダイエット中は避けたい食べ物

食べないダイエットは、もはや時代遅れ。賢い食べ方、食べる物自体の選択を間違わなければ、ダイエットをサポートしてくれます。では、ダイエット中に食べては...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_06.html

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スターだってつらいのよ。不安障害やパニック発作を持つ10人のセレブ

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    9. じつは誰にでも起こりうる。「頭痛」との上手な付き合い方

    10. 糖質制限ダイエットの正しい方法。お腹いっぱい食べてもOK!

    1. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    2. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    3. お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

    4. 女性が食べるとよい10の食材。乳がんリスクを下げやすいのは?

    5. 脂肪や糖の吸収をカットできる成分とは? 普段のドリンク選びのコツ

    6. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 体重ばかりにとらわれないで。実はダイエット効果が出ている10の兆候

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    6. アル中よりこわい「グレーゾーン飲酒」って? 体験者の告白が壮絶

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. 体重計ではわからない、実はやせてきている10のサイン

    9. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン