1. Home
  2. BODY
  3. ダイエットのために。運動を始める前に知っておきたいこと

ダイエットのために。運動を始める前に知っておきたいこと

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

6,308

田邉愛理

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

ダイエットの小さな習慣

image via Shutterstock

運動は「カロリー減少」が目的なのではありません。代謝、抗炎症、循環機能の改善が目的です。運動は健康的なライフスタイルのための選択であって、短期間に体重を減らす奇跡を期待して行うものではありません。

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』139ページより引用)

ダイエットのために運動を始めたのに、期待したほどの減量効果がなく、途中でやめてしまう人はたくさんいます。残念ながら、運動で燃焼するカロリー量は、近い将来の体重にはわずかな影響しか与えません。

短期研究においては、食生活の改善は減量に効果があるのに対し、運動は効果がないという結果が出ているとガイズ氏は述べています。

しかし、これはカロリーだけに注目した場合の話。「運動が減量と結びついても結びつかなくても、内臓脂肪と皮下脂肪の両方の減少とは結びつくことがわかった」という研究結果は重要です。

また、運動が体内のホルモンバランスを最善の状態にすることで、長期的には減量を助けるという証拠もいくつか見つかっているといいます。20年に及ぶある研究では、男女ともに運動と体重の減少が結びつき、とくに女性のウエスト周りのサイズが小さくなりました。

ガイズ氏曰く、運動は減量のために払う代償ではなく、人生でもっとも楽しい活動のひとつ。運動することによって、数々の健康的なメリットに加えて、長期的な減量に成功できるはずです。

ダイエットの小さな習慣

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するヒント

ダイエット中の食事、どっちが正解?「低脂肪牛乳と高脂肪牛乳」

低脂肪と高脂肪の乳製品、どっちを選ぶか。ダイエットしているなら間違えてはいけない問題かもしれません。答えを知らない方はもちろん、ご存知の方もその理由...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_09.html

ダイエット中のおやつに最適!「イチゴ」は減量の味方

ダイエットには、何を食べるかが重要なのはご存知の通り。食べ物それぞれで成分が違いますから、それを見極めることは非常に重要です。中でも、果物は糖分を気...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_08.html

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!