1. Home
  2. BODY
  3. カロリーゼロの人工甘味料がキケンな理由

カロリーゼロの人工甘味料がキケンな理由

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

8,908

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

人工甘味料を含むものを頻繁に食べている人は、自分が砂糖依存症になる訓練をしているのです。そして、砂糖中毒は体重を増やします」

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』108ページより引用)

カロリーゼロの人工甘味料は、減量のための答えではありません。

人工甘味料の健康への影響はまだ完全には解明されていませんが、一般に考えられているよりも、代謝を乱す傾向が高いようです。人工甘味料がメタボリック症候群のリスクを増すという調査結果もあるとガイズ氏は述べています。

なぜ人工甘味料が代謝を乱すのでしょうか? ガイズ氏曰く、「カロリーゼロ」の人工甘味料は、私たちの体をからかっているようなもの。

砂糖よりも何百倍も甘いのに、食べても代謝と栄養という形の報酬が得られないので、食欲の調整を助けている体内の報酬系が混乱してしまいます。

逆にもっと甘いものが欲しくなり、砂糖や特定のフレーバーへの依存性を高めてしまうのです。

ガイズ氏のアドバイスは、何か甘いものが欲しくなったときには、まず果物を食べること。そして砂糖を使うなら、「カロリーゼロ」でごまかさず、本物の砂糖を選ぶことです。

ダイエットの小さな習慣

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

糖質や炭水化物よりも気をつけたい、太りやすい食品とは?

ダイエットを成功させるためにはいくつか秘訣があります。その中でも糖質や炭水化物には注意が必要ですが、それ以上に太りやすい食品があるそうです。普段何気...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_05.html

ダイエットを成功させたいなら「たった1回の腕立て伏せ」から始めよう

ダイエットが続かない。それってもしかしたら、意識をちょっと変えてみると続けられるかも。そんな意識を変えるコツをご紹介します。まずは、1回の腕立て伏せ...

https://www.mylohas.net/2019/01/weightlosst_01.html

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    7. いつもの朝食が変わる!卵と野菜をしっかり摂れるアレンジレシピ10

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    10. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    10. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法