1. Home
  2. BODY
  3. 短期的なカロリー制限は意味がある?

短期的なカロリー制限は意味がある?

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

6,397

田邉愛理

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

「減量の鍵は、新たに取り入れる健康的なライフスタイルを長く維持できるかどうかです。間違った方法を選ぶと、時間を無駄にするだけでなく、途中で代謝を狂わせるか、健康的な食べ物についての考え方を混乱させてしまうでしょう」

( スティーヴン・ガイズ著 『小さなダイエットの習慣』28ページより引用)

「友人がスムージーで2週間に5キロやせた」と聞くと、つい試したくなるのが人情というもの。しかし、『小さなダイエットの習慣』の著者ガイズ氏は、短期的な成果に注目するのは失敗のもとだと指摘しています。

著者が語るのは、「ダイエットは太る」というショッキングな事実。

数百万の視聴者を抱えるアメリカのリアリティ番組『ザ・ビッゲスト・ルーザー』は、番組の終わりまでに誰が一番体重を減らせるかを競い合いました。

しかし、番組終了後に6年間、参加者14人を追跡調査したところ、たった1人をのぞき全員が元の体重に戻ってしまいました。さらに、4人は番組開始の体重を上回っていたそう。さらに、ほぼ全員が異常なほどの代謝の悪さに悩んでいたといいます。

これは、体重を減らすために無理なカロリー制限をすると、自然に代謝の働きが低下し、カロリーを燃焼しすぎないようになってしまうため。急激に食べ方を変えても、多くの人はそれを継続できません。逆に太りやすいカラダを作ってしまい、短期のダイエットを繰り返すごとに、リバウンドするまでの時間も短くなっていきます

ガイズ氏曰く、「30日以内で結果が出るダイエットなんて、なんの価値もない」のです。

book_diet

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

ダイエットを成功させたいなら「たった1回の腕立て伏せ」から始めよう

ダイエットが続かない。それってもしかしたら、意識をちょっと変えてみると続けられるかも。そんな意識を変えるコツをご紹介します。まずは、1回の腕立て伏せ...

https://stg.mylohas.net/2019/01/weightlosst_01.html

痩せたければ寝室にこれは置かないで。ぐっすり寝るだけダイエット

朝、目覚めるたびに痩せていく。正しく眠らないと1ヶ月で1kg太る? 寝室に置いてはいけないものは? 肥満治療の専門医である佐藤桂子先生が教える、目か...

https://www.mylohas.net/2019/01/182868sleep_diet.html


    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. トレーナーお墨つきの即効性! おなかのたるみがスッキリする、脂肪を落とすエクササイズ8

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた