1. Home
  2. PRESENT
  3. 高い保湿力で肌を包む「ザ・ボディショップ」のシアバターで、全身しっとり。【プレゼント】

高い保湿力で肌を包む「ザ・ボディショップ」のシアバターで、全身しっとり。【プレゼント】

10,523

pure1

まだまだ乾燥の季節が続きます。かかとのガサガサ対策はもちろん、全身のスキンケアも手が抜けません。高い保湿力で肌を包み、やわらかく整えてくれるアイテムが必要です。

人気なのは、アフリカで古くから「生命の木」と呼ばれ、何世紀も乾燥・熱風からガーナの女性たちの肌を守ってきたシアバター。人の肌に馴染みやすく、肌にうれしい栄養もたっぷり。乾燥や紫外線ダメージから守ってくれるのが魅力です。

イギリスの自然派化粧品ブランド「THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)」より新発売された、「ザ・ボディショップシアバター」には、ガーナ女性たちのエンパワーメント実現のストーリーがありました。

製造・販売することでコミュニティを支える

pure2

image via Shutterstock

約30年前に誕生した、「ザ・ボディショップ」独自のコミュニティトレード。そのモットーは「援助ではなく取引を」。支援を必要とする地域と公正で持続的な取引を行い、社会的にも経済的にも自立をサポートすることが、貧困を減らすためには最も効果的だと信じ、立ち上げられました。

1992年、「ザ・ボディショップ」創業者はガーナで潤いに満ちた肌の女性たちと出会います。彼女たちが大切にしてきたシアバターを製品に取り入れ、この地の女性たち、その家族、地域社会全体に力を与えることを強く望んだそう。

そして1994年、ガーナ北部のトゥンテイア・シアバター女性組合とパートナーシップを締結。シアバターに対し、適正価格プラス、ソーシャルプレミアムを支払いました。これは、年間49,000人に利益をもたらすことに繋がっています。

ふんわり包み込むような心地よさ

pure3

取引開始当時50人だったトゥンテイア・シアバター女性組合も、25年間で640人の組織に成長。そのメンバーたちが、木から落ちたばかりのフレッシュなシアの実を地面から収穫し、代々受け継がれてきた伝統的な手法で作ったシアバターが、「ザ・ボディショップシアバター」です。

製品ひとつにつき192個のシアの実から作られた、無香料の100%シアバター。クリーミィーなつけ心地です。極度に乾燥した肌に潤いを与え、肌をなめらかに保ち、髪の毛から足のつま先まで全身に使えます。

また、「ザ・ボディショップ」はグローバル・シア・アライアンスも共同で設立。この業界の重要な部分を担う800万人の女性たちに利益をもたらし、2019年にはさらに多くの取引を拡張するそうです。

自分自身とコミュニティ全体にエンパワーメントをもたらした女性たちの手で作られたシアバターを使ってみませんか?今回は、「ザ・ボディショップシアバター」を2名様にプレゼントします。

【プレゼント詳細】

・当選者数:2名様
・応募締切:3月7日(木)
・当選発表:3月8日(金)
・プレゼント提供:THE BODY SHOP

【商品詳細】

・商品名:ザ・ボディショップシアバター
・ 内容量:150ml
・価格:3,240円(税込)
・2019年2月7日(木)より数量限定発売

↓応募はこちら↓

知恵子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン