1. Home
  2. BODY
  3. 更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

更年期の症状に効く漢方薬は、どれ?

カラダ戦略術

34,876

増田美加

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「更年期症状の予防と治療」について、お届けしました。今回は、「更年期症状に効果的な漢方薬」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

640_shutterstock_1230899539-1

長く飲み続けられる漢方薬は、更年期の強い味方

更年期の症状には、女性ホルモン剤による治療が有効なことについて、前回「更年期症状の予防と治療」を書きました。更年期のつらい症状に対応するのは、女性ホルモン剤だけではありません。漢方薬も、女性の強い味方です。更年期の治療にとてもよく使われています。

漢方薬

image via shutterstock

卵巣機能の低下によって、減ってしまった女性ホルモンを持ち上げるために、女性ホルモンを補充する方法のほうが確かに近道で、即効性があります。

けれどもひとつの方法だけでなく、いろいろな方法を組み合わせて、自分に合った更年期治療を見つけていくのも、更年期以降の長い人生と健康を考えるうえでも大切です。

長く飲み続けられる漢方薬は、強い味方になってくれると思います。もちろん、女性ホルモン剤と併用することも可能です。

また、女性ホルモン剤が使えない人(乳がんの経験がある人、血栓症のリスクが高い人)にも、漢方薬が更年期治療の第一選択になります

まずは自分に合った漢方薬を医師に処方してもらうことが大事

診察をうける女性

image via shutterstock

漢方薬は、長い間服用しないと効かない、効果が表れるまでに時間がかかる、という印象を持つ人もいますが、そうでもありません。

自分の体質に合った漢方薬を正しく選べれば、1包でも効果を実感できることも少なくありません

一方で、漢方薬もお薬ですので、副作用はあります。自己判断で合わない漢方薬を飲んでしまうと、人によっては胃があれたり、むくみが出たり、下痢をしたりすることもあります。

同じ症状でも、体質によって処方される薬は違います。たとえば、AさんとBさんに頭痛という同じ症状があっても、Aさんに処方される漢方薬と、Bさんに処方される漢方薬は、違う薬、ということもよくあります。それは、AさんとBさんの体質が違うからです。

それとは逆に、Cさんは肩こり、Dさんは便秘という違う症状があるのに、処方された漢方薬は同じお薬だった、ということもあります。

このように漢方薬は、人によって合うお薬が違うので、できるだけ、医師や漢方薬剤師の診断で、処方してもらうことをおすすめします。保険診療を行っている医師に処方してもらえば、漢方薬は健康保険が使えます。

体質改善のための漢方薬と、急な症状のための漢方薬があります

具合が悪い女性

image via shutterstock

更年期の対策として漢方薬を使うなら、できれば、体質改善のための漢方薬を“ベースの漢方薬”として、それに今のつらい症状を早く改善する“ワンポイントの漢方薬”を加えていくといいと思います。

漢方薬は、いくつかのお薬を組み合わせて飲むことも可能です。たとえば、更年期のたくさんの症状を改善するためには、冷え症などの体質改善が大切。その場合、“ベースの漢方薬”で体質改善を目ざします。

さらに、風邪をひきやすく、風邪の初期症状に気づいたときに飲む“ワンポイント漢方薬”もあると便利です。「あれ? 風邪かな?」くらいのときにすぐに1包飲むと、30分程度で症状がスーッと引きます。医師や漢方薬剤師に相談して、自分に合った漢方薬を組み合わせて処方してもらうといいでしょう。

飲み方は、1日2~3回、食前、または食間の空腹時に飲みます。

どんな漢方薬がどんな更年期の症状に効きますか?

肩こりに悩む女性

image via shutterstock

プレ更年期や更年期に体質改善のベースとなる漢方薬のなかで代表的なものは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、温経湯(うんけいとう)、葛根湯(かっこんとう)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などがよく使われます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、血のめぐりの悪い人で、頭痛、頭が重い、めまい、肩こり、貧血、目の下のクマほかの症状に。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は、下腹部が張りやすく、骨格がしっかりした人で、のぼせ(ホットフラッシュなど)、めまい、頭痛、肩こり、便秘ほかの症状に。
加味逍遥散(かみしょうようさん)は、体力がなく、疲れやすい人で、イライラ、不眠、憂うつ、肩こり、のぼせ(ホットフラッシュなど)、めまいほかの症状に。
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、比較的体力があり、のぼせて便秘しがちな人で、めまい、多汗、のぼせ(ホットフラッシュなど)、肩こり、腰痛、不安、憂うつほかの症状に。
温経湯(うんけいとう)は、手足がほてり、口が乾く人で、多汗、動悸、湿疹、足腰の冷えほかの症状に。
葛根湯(かっこんとう)は、比較的体力がある人の、冷え、頭痛、鼻炎などの症状に。風邪の初期症状に即効性があります。
八味地黄丸(はちみじおうがん)は、疲れが激しく、手足に冷え、ほてり(ホットフラッシュなど)がある人で、めまい、立ちくらみなど自律神経系の症状、口の乾きほかの症状に。

これらの漢方薬は、自分の体質にピッタリ合うと、更年期によく起こる症状、ほてり、のぼせ、多汗、冷え、動悸、めまい、頭痛、不眠、憂うつ、イライラ、肩こり、だるいなども同時に改善してくれることがあります。

婦人科で更年期の不調を治療しているクリニックなら、漢方薬をよく処方していますので、どの漢方薬が合うか、相談してみるといいと思います。

医療ジャーナリスト 増田美加

増田美加・女性医療ジャーナリスト
予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ http://office-mikamasuda.com/

カラダ戦略術をもっとみる

あなたの更年期症状をチェック。更年期の正体とは?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は、「更年期の正体」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2019/01/strategy39.html

今年のインフル予防策に!? 箸や楊枝に使われる「クロモジ」に注目

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。今回は「今年注目されるインフルエンザ予防」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝...

https://www.mylohas.net/2018/12/strategy38.html

カラダ戦略全記事はこちら

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー