1. Home
  2. MIND
  3. 誰からも愛される「隙のある女性」になるための3つの心がけ

誰からも愛される「隙のある女性」になるための3つの心がけ

運命を変えるマインド革命

8,946

斎藤芳乃

sukareru3

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。いつも輝いていて、その人がいるだけで周囲が明るく変わり、やがて女性も男性もみるみるうちに彼女に夢中になる……、なぜか色々な人から愛されるチャンスがある。

こうした女性は、「相手が自分を愛するチャンスを奪っていない」生き方をしています。

言いかえると、多くの人が、自分らしさを殺してしまっていたり、自分ひとりで頑張りすぎて誰も近寄れないようにしてしまったりと、相手に自分を知ってもらう、深い関わりを持つチャンスを自ら捨てているんですね。そのために、愛されることから遠ざかっています。

多くの人に合わせることで調和を保ったり、迷惑をかけないように生きることはとても素晴らしいこと。でも、度が過ぎると、それが「隙のなさ」につながり、あなたの個性を知ったり、あなたを助けたいと思える人を遠ざけてしまう結果になります。

素晴らしい女性になることではなく、「人に、自分を愛させる隙を持った女性」になることが、愛される近道です。では、そのためにはどんなことを意識していけばいいのでしょうか?

1. 自分の感受性を殺していない

sukareru5

「周囲や世間はどうであれ、私はこれが好き!」、「私はこれが苦手だな」と、はっきりと自分の感性を感じている人ほど、実は「その人らしさ」が出るため、同じような感性を持っている人に響きやすいのです。

周囲に合わせて曖昧にしてしまっている人ほど、誰とでも合わせられる反面、その人らしさが出ないため、「ピンとくる」ような関係性を持てないのです。

人と違って、私らしくいい。そう思うことができれば、あなたにしか合わない感性の人が、あなたに恋い焦がれるチャンスも増えていきます。

2.弱さを押し殺して無理をしない

sukareru2

ときには泣いてしまうようなことも、落ち込んで何もできなくなることもある…… 。けれど、告白される女性は、こうした「自分の弱さ」を隠すことはしません。

こうしたことがあっても、周囲に頼ったり、助けてもらったりすることを拒まないからこそ、男性に対して「助けさせるチャンス」を与えているということです。

男性は、本能的に女性を守りたいもの。 そこを拒絶して生きる必要はなく、どんどん助けてもらうチャンスを作りましょう。

3.過去の愛の失敗を受け入れている

sukareru1

告白される女性も、もちろん恋に破れたり、辛い失恋を経験したこともあるでしょう。

しかし、彼女たちは「だから私はダメなんだ」とは思わず、そこで学んだことを魅力に変えています。 自分が至らなかったことは教訓にし、次の相手に活かしていく。

その反対に、自分が苦しむようなことを受け入れてしまっていたとしたら、次からは受け入れないと決めて、付き合う人を選び直す。

「愛に失敗することがあってもいいよね」。こうして過去に囚われない、失敗にこだわりすぎない態度が、男性から見て前向きに魅力的にうつるのです。

「私は相手にされないだろうな」と思うのではなく、自分から進んです素直に愛溢れる時間を楽しんでみましょう。

素敵な時間は、自分ひとりではなく、誰かとの間に生まれるもの。 だからこそ、自分ひとりの小さな世界に閉じこもることをやめて、愛されることに心を開いてみてくださいね。

あなたが思うよりもずっと、完璧ではなくてもそのままで愛されるあなたを見つけられることでしょう。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

image via shutterstock

私を輝かせるヒント

愛しているからこそ気をつけたい。「重い女性」を卒業するための3つのコツ

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、「重い」と感じられやすい...

https://www.mylohas.net/2019/01/mind04.html

新しい世界への扉を開く!「潜在意識」を書き換える3つのステップ

マリアージュカウンセラー斎藤芳乃さんが、人生を前向きに楽しむための思考法を紹介する「運命を変えるマインド革命」連載。今回は、潜在意識による思い込みを...

https://www.mylohas.net/2019/01/mind03.html

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析