1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

小林製薬株式会社

cure_01

image via Shutterstock

いよいよ本格的な花粉シーズンの到来です。花粉症の症状のなかでも、ムズムズする「かゆみ」はつらいもの。特に顔や目のまわりのデリケートな皮膚のかゆみは悪化しやすく、気になって日常生活に集中できなくなることもあります。

そんな厄介なかゆみを「食事で軽減できる」と話すのは、アレルギー治療に詳しい内科医の楠 正典先生。症状が悪化する前に知っておきたい、花粉症に良い食材3つ・悪い食材3つをご紹介します。

つらい「かゆみ」はなぜ起きる?

cure_02

image via Shutterstock

花粉症は、花粉というアレルゲンに対して人間の免疫機能が過剰に反応することで起きる、アレルギーの一種です。

花粉アレルギーになると、体内にヒスタミンという物質が分泌され、鼻水やくしゃみを起こして花粉を体外に排出しようとします。また、このヒスタミンにより花粉が肌につくだけでもアレルギー反応が起き、かゆみや炎症を引き起こしてしまいます。

楠先生によると、花粉症を軽減させるには、腸内環境を整えることが大切なのだそう。アレルギーと関係の深い免疫機能は、人間の腸に集中しています。そのため、腸内細菌のバランスが崩れると、ヒスタミンが過剰に分泌されてしまい、花粉症がより悪化してしまうのです。

花粉アレルギーを和らげるためには、腸内環境を整え、ヒスタミンの分泌を抑えなくてはなりませんそのためにも、食べ物からのアプローチは有効だといいます。

花粉症に良い食材3つ

楠先生に教えていただいた花粉症に良いと思われる食材は次の3つ。ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

①ヨーグルト、味噌、キムチ、ぬか漬けなどの発酵食品

cure_03

image via Shutterstock

腸内環境を整えるためには、腸内に住む善玉菌を増やすことが重要。発酵食品には善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌などが生きたまま含まれており、腸内の健康を保ってくれます。

②ゴボウ、にんじん、レンコンなどの根菜類

cure_05

image via Shutterstock

善玉菌を活性化するためには、善玉菌にエサを与えなくてはなりません。根菜類に多く含まれる食物繊維は善玉菌のエサになり、善玉菌の働きを活性化してくれます。

③甜茶(てんちゃ)

cure_06

image via Shutterstock

甜茶には、ヒスタミンの分泌を抑える働きが確認されています。すぐに症状を緩和するというよりは予防効果なので、花粉シーズンになる前に飲み始めるのがおすすめ。

免疫バランスを保つため、まずは発酵食品+根菜の摂取量を増やすこと。加えて、花粉が飛びだす2~3週間前から甜茶を飲めば、「食」からの改善がかなり期待できそうです。

花粉症に悪い食材3つ

花粉症に良い食材がある一方で、花粉症の時期は控えるべき食材もあります。楠先生によると、とくに注意したいのが以下の3つだそう。

①揚げ物、ステーキなどの高脂肪食

cure_04

image via Shutterstock

食べ過ぎて消化しきれなかった脂肪分は腸内の悪玉菌のエサになり、腸内細菌のバランスを崩してしまうため、花粉症を悪化させる可能性があります。揚げ物や脂身の多い肉、ステーキなどは控えめに。

②ハムやソーセージ、スナック菓子などの加工食品

cure_09

image via Shutterstock

加工食品に含まれることが多い食品添加物(着色料、防腐剤、安定剤など)は、腸内細菌のバランスを崩してしまいます。加工食品を購入するときは、成分表示を確認して食品添加物が少ないものを選びましょう。

③お酒などのアルコール

cure_08

image via Shutterstock

アルコールを肝臓で分解するときに発生するアセドアルデヒドが、顔のかゆみや赤みを悪化させてしまいます。アレルギー症状があるときは飲酒は避けましょう。

お酒を飲むと血行が良くなりますが、じつは「血流アップ」もアレルギーには悪影響。かゆみや熱感がひどくなったり、むくんだりすることもあるといいます。激しい運動や長風呂もNGです。

肌のバリアを壊さないスキンケア

cure_10

image via Shutterstock

花粉症で肌がかゆいときは、食生活だけでなく、スキンケアでも注意すべきことがあります。

それは、肌を強くこすったりせず、保湿剤を塗るときはやさしく角層に押し込むように手でおさえること。強くこすってしまうと、その刺激によって肌のバリア機能が壊れ、かゆみを悪化させる悪循環を招いてしまうからです。

「皮膚の外側にある角質には、異物の侵入を阻止するバリアの役目があります。しかし、掻いたりこすったりするとバリアが壊れてしまい、そこから花粉が侵入して、かゆみなどのアレルギー症状がひどくなってしまいます

皮膚は乾燥するとバリア機能が弱まるので、かゆみを軽減するためには、保湿重視のスキンケアを心がけて。しっかり保湿すれば保湿剤が膜となり、皮膚に直接花粉がつくことも防いでくれます」(楠先生)

スキンケアのポイントは、いつもより保湿力の高いアイテムで肌のうるおいを保ち、バリア機能を高めること。肌を乾燥させない洗顔料を選び、洗いすぎを防ぐことも大切だとアドバイスをいただきました。

楠 正典先生

くすのき内科クリニック院長。日本医科大学卒業後、同附属病院で消化器内科医として勤務。同大学内視鏡センターでは数万件以上の検査、手術に携わる。2014年千葉県八千代市のくすのき内科クリニックを継承。内視鏡、禁煙外来、アレルギー治療など、地域のホームドクターとして診療を行い、小中高等学校の校医も務める。

それでも我慢できない顔のかゆみには

キュアレア

キュアレアa第二類医薬品効果・効能:皮ふ炎、かゆみ、かぶれ

つらい「かゆみ」を和らげたいなら、まずは食生活の改善を。それでも我慢できないかゆみには、掻いたりこすったりして肌のバリア機能を壊さないうちに、「キュアレア」(第2類医薬品)を使ってみてください。

cure_item02

キュアレアa第二類医薬品効果・効能:皮ふ炎、かゆみ、かぶれ

キュアレア」は、顔のかゆみ・かぶれに使える、低刺激処方の肌のトラブル治療薬。皮膚が薄くデリケートな肌や、赤ちゃんの肌にも使えます。弱酸性・非ステロイド性のクリームでかゆみ、赤みを鎮めてくれます。

かゆみは掻けば掻くほど強くなり、症状が広がってしまうため、素早くケアすることが何よりも大切。「キュアレア」なら2種類の抗炎症成分で赤み・炎症を抑えつつ、抗ヒスタミン成分でサッとかゆみを鎮めることで、炎症の悪化サイクルを断つことができます。クリームだから荒れた肌をしっとりと保ってくれるのも、うれしいですね。

ドラッグストアで手軽に購入できるので、皮膚科に行く時間がないときにも便利。 外出時もポーチに入れておけばいつでも使えます。「キュアレア」と「花粉症に良い食材3つ」で、デリケートな肌をつらいかゆみから守ってあげましょう。

キュアレア

撮影/中山実華(10枚目・11枚目) 取材・文/田邉愛理

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析