1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 「大人ニキビ」を本気で治すなら。医師が教える5つのポイント

「大人ニキビ」を本気で治すなら。医師が教える5つのポイント

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

13,755

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ニキビ治療

image via shutterstock

ニキビのでき方は年齢に関係なく、若い頃も昔も同じです。皮脂腺を含む毛穴が塞がれ、汚れ、バクテリア、細胞が栓を作り出すというものです。

ほとんどの女性にとって、月経の前後や、更年期移行の間のホルモンの変化が原因になるといいます。また、偏った食事とストレスも要因のひとつ。

さあ、どのように治していきましょうか。皮膚科医が、厄介なニキビを治すベストの方法を教えます

自分でできる「大人ニキビ」対策は、こちらの記事で。

  1. 抗菌薬やレチノイドの塗り薬を使う
  2. サリチル酸を使う
  3. ブルーライト療法を検討する
  4. 皮膚科医にアルダクトンについて聞く
  5. 経口避妊薬について医師に相談する

1. 抗菌薬やレチノイドの塗り薬を使う

洗顔する女性

軽度から中等度のニキビの場合、皮膚科医はたいていクリンダマイシンやエリスロマイシンなどの抗菌剤の塗り薬や、殺菌作用のある過酸化ベンゾイルを使ったニキビ洗顔をすすめます。

敏感肌のためやさしく洗顔したいなら、過酸化ベンゾイルをニキビのスポット治療に使います。

より重度のケースでは、処方レチノイドが必要になるかもしれません。「これは本当にスタンダードな治療法です」と、ニューヨークシティー、マウントサイナイ病​​院の美容・臨床皮膚科研究責任者の医師、ジョシュア・ツァイヒナーさんは説明します。

レチノイドと抗菌剤を組み合わせた薬があります。それぞれが分かれた製品よりも効果的な場合もあります。レチノイドには、しわを防ぐ効果(コラーゲン産生を刺激)があり、とりわけ成人のニキビ患者に効果があるのです。

2. サリチル酸を使う

フェイスマスク

image via shutterstock

サリチル酸も、市販のニキビ薬によく使われています。ゲル、フェイスシート(拭き取り洗顔ペーパー)、クリーム、洗顔料に含まれています。

サリチル酸は腫れや充血を抑え、毛穴の詰まりを防ぎます。肌の乾燥しすぎを防ぐには、ティーン向けではなく成人女性向けの製品を探します。最初はサリチル酸2%のものを目安に。

3. ブルーライト療法を検討する

ブルーライト

image via shutterstock

ブルーライトの光線は毛包を透過し、ニキビの原因になる細菌を死滅させます

アミノレブリン酸と呼ばれる薬剤が、ブルーライト療法で使われることもあります。

これは一時的な発赤(皮膚の赤み)を引き起こすこともあるので要注意です。ほとんどの場合、治療は複数回行われます。

4. 皮膚科医にアルダクトンについて聞く

錠剤

image via shutterstock

高血圧治療に長い間使用されてきた、処方薬アルダクトン(一般名スピロノラクトン)が、ホルモンの影響でできるニキビの治療に使われることがあります。

経口摂取の錠剤で、アンドロゲン(ホルモン)の受容体をブロックして、大人ニキビの原因になるテストステロンの急増を制限します。

5. 経口避妊薬について医師に相談する

ピル

image via shutterstock

「経口避妊薬(ピル)は排卵に必要な黄体ホルモンの大量分泌を防ぎ、月経の周期を安定させ、皮脂腺が過剰に働かないようにします」と、チェイスナーさん。

一方で、経口避妊薬には、血栓や膣の乾燥など副作用の可能性があるので注意してください。

美肌におすすめのレシピ

10分以内で完成。美肌と代謝アップを叶えたい人の「トマ玉アボカド丼」

10分以内で作れる、トマ玉アボカド丼のレシピ。美肌成分のリコピンを豊富に含むトマトと、代謝アップの元である卵も一緒に添えて。アボカドとわさび醤油の間...

https://www.mylohas.net/2019/01/182893diet_recipe.html

腸活や美肌作りに! 納豆レタスの酢トマト添えのレシピ

納豆レタスの酢トマト添えのレシピをご紹介。納豆は、調理要らずの手軽なたんぱく質源。発酵食品でもあるため、腸活や美肌作りのためにも積極的に摂りたい食材...

https://www.mylohas.net/2018/11/179865diet_recipe.html

Alyssa Shaffer/11 Highly Effective Adult Acne Treatments for Clear, Glowing Skin
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた