1. Home
  2. HOROSCOPE
  3. マーキュリー占星術
  4. 2019年3月の運勢:おひつじ座 #マーキュリー占星術

2019年3月の運勢:おひつじ座 #マーキュリー占星術

4,431

<おひつじ座>

おひつじ座

昨年11月7日におひつじ座に舞い戻った天王星が、3月6日にホームベースを去り、大きなシフトチェンジがもたらされる1カ月。その結果、環境や立場がガラリと変わるおひつじ座も続出しそう。

3月のマーキュリーは、そんな新たな動きに反発するように、背後の部屋で逆行をスタート。変わらなくてはいけないとわかりつつも、現状を受けられなかったり、うまくいかないのを周囲のせいにしたり……。

3月21日の春分の日には自然と吹っ切れ、持ち前の前向きさも戻ってくる暗示。それまでは、ムリに明るく振舞おうとしなくても大丈夫です。ただし、一度発した言葉は取り消せません。いくら自分が辛くても、周囲に当たる、グチる、悪口を言う……この3つは慎んでください。

新月直後の8日は、自分の考えを押し付けて嫌がられる恐れが。意見を言うときは、まず相手の気持ちや希望を聞いてからにしましょう。

家族や親戚ともめる心配があるのは、16日前後。ただ、これ以上なあなあで済ませることはできないよう。文句や直して欲しいことがあるなら、きちんと伝えるべき。

春分点を迎えてすぐに満月が起きる21日は、幸運スイッチが入るラッキーデー。仲直りや関係進展にも最適です。満月を眺められるレストラン&カフェで食事を。

ラッキーアクション:マスクを着用

余計なことを口走りそう、なんだかイライラモヤモヤする……そんなときはマスクでガード。失言&トラブル予防はもちろん、風邪を防ぐ効果もあって一石三鳥のはず。

もっと占いをチェック!

マーキュリー占星術

コミュニケーションをつかさどるマーキュリー(水星)の動きから読み解く、1か月の運勢。 人とのつながりを充実させたいあなたへ、メッセージをお届け。毎月25日に更新...

https://www.mylohas.net/horoscope/happy/

LUAの12星座占い

当たると評判の占い師LUAによる、週間12星座占い。 全体運のほか、ヘルシーな1週間を過ごすためのラッキーアクションやラッキーフードをアドバイス。毎週月曜日に更...

https://www.mylohas.net/horoscope/stoic/

涼月くじら

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは