1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. スキンケアにも納豆パワー! ふっくらハリ肌に導く濃密クリーム

スキンケアにも納豆パワー! ふっくらハリ肌に導く濃密クリーム

最強の「納豆」パワー

知恵子

0GettyImages-522396442

世界中の人々から「肌が美しい」と評される日本人。その理由は味噌や納豆といった、生きた微生物からの恩恵である“発酵”によるものかもしれません。この伝統的な発酵技術は食品だけにとどまらず、今やコスメの原料にも使われています。

なかには発酵の力だけでなく、和漢植物の力も融合させた先進処方のコスメも。それは、「雪肌精」の最高級ライン「雪肌精MYV(みやび)」の「アクティライズライン」です。日本独自の“雅”(MIYAVI)という美学に基づいて生まれました。

発酵×和漢植物で生命感あふれる肌に

0shutterstock_618148724

20代から30代になると、肌は気づかないうちにエイジング初期症状が出はじめることも。その原因のひとつが、加齢に伴う細胞エネルギーの低下。エイジング初期症状へアプローチするためには、細胞エネルギーを活性化させることが大切です。

「雪肌精MYV アクティライズライン」は、米ぬかエキスとダイズエキスを納豆菌により発酵することで得られる保湿成分、「バチルス発酵エキス」を配合。

そこに、糖やアミノ酸をはじめとした成分を多く含む、コメ発酵エキスもプラス。さらに、和漢植物エキスも配合します。ハトムギ発酵エキスは高い保湿効果があり、トウキエキスは肌のキメを整える保湿効果が、メロスリアエキスはみずみずしい透明美肌効果が期待できます。

この2つの発酵成分と和漢植物エキスが融合することで、生命感に満ちた透明感のある肌へ導きます。

糸を引くクリームがハリを与える

発酵と和漢植物を組み合わせたスキンケア、「アクティライズライン」は全5品目7品種。なかでもいちおしは、「雪肌精 MYV アクティライズクリーム」です。

雪肌精

雪肌精 MYV アクティライズクリーム 40g 8,640円(税込)

発酵の力を生かした糸引きコンプレックス(ハリ感付与)を配合。まるで納豆のように糸を引く濃密なクリームが肌と一体化し、ふっくら持ち上がったようなしなやかなハリを与える保湿クリームです。濃厚なのに伸びがいいのも特徴。初めてのテクスチャーに驚くかもしれません。

また、うるおい満ちた肌へ整える同ローションをはじめ、同クレンジングオイル、同ウォッシュ、同エマルジョンもあります。さらにローションとエマルジョンには、よりしっとりとした感触のエンリッチタイプも。同クレンジングオイル以外は、すべてバチルス発酵エキス配合です。

降り積もる雪のきらめきや陰影を彷彿とさせる和の器に、和の美学が融合したスキンケア。「雪肌精MYV アクティライズライン」のアイテムを使えば、活力ある美肌をかなえることができそうです。

[雪肌精 MYV]

image via shutterstock

早めのエイジングケアが大切

美容皮膚科医がすすめる、ぷるぷる肌に導くコラーゲン製品3つ

小ジワなどの原因になる乾燥肌と、近年ふたたび注目されているコラーゲンの関係とは? 美容皮膚科医推薦のコラーゲン製品も3つ紹介。

https://www.mylohas.net/2019/02/184130collagen.html

シミ・シワに。キャサリン妃も愛用、ローズヒップオイルの利点は?

キャサリン妃も試しているローズヒップオイルのスキンケア。その効き目と方法、選び方について、皮膚科医が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/02/185278pvn_rosehip.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析