1. Home
  2. MIND
  3. くじけやすいセルフケア、ずぼらでも毎日続く7つのコツ

くじけやすいセルフケア、ずぼらでも毎日続く7つのコツ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,518

Seina Ozawa(翻訳)

くつろぐ女性

image via shutterstock

セルフケアは人によってさまざまで、ショッピング、ジムに行くこと、朝のメディテーション、チョコレートを食べること、本を読むことなど……つまり、自分のために何かを行うことなので、気分を爽快にし、元気を取り戻してくれるものなら何でもいいんです。

とはいえ、面倒に感じずにご褒美として続けられる、日常的なセルフケア習慣を構築するのは難しいものです。途中でくじけずに、長く続ける方法を専門家に聞きました

自分を大事にする「セルフケア習慣」のメリットは、こちらの記事で。

セルフケアを習慣づけする方法(前編)は、こちらの記事で。

  1. ノーと言う練習は大事
  2. 見届けてくれるパートナーを見つけよう
  3. 自分と周りを比較するのはやめよう
  4. 完璧は目指さなくっていい
  5. ポジティブな名言に浸ってみよう
  6. 自分の成功に気づいてあげて
  7. ルーティンが崩れてしまったときの対策も考えておこう

1. ノーと言う練習は大事

話す女性

「女性の場合、家でも仕事でも、一日を通して何度も要求に応じて“イエス”と答えることが求められます」とスピリチュアルコーチのジョセフィーヌ・ハードマンさんは言います。

「セルフケアを実践するために重要なことのひとつとして、“ノー”と言えるようになる、があります。自分のエネルギー、スペース、活力源、健全な心を守るためです」

即座にイエスと答える前に、せめて少し考える時間を作ってください。自分のわがままかもと感じるかもしれませんが、「自分のことを最優先に考え、何にでもイエスと言ってしまう習慣を壊すことで、ほかの人に手を差し伸べるエネルギーや活力が湧いてきます」とハードマンさんは指摘します。

2. 見届けてくれるパートナーを見つけよう

友達

最後まできちんと責任を持ってやり遂げるのが難しいと感じることもあるでしょう。そんなときに助けてくれる友人や団体を見つけましょう

「人によっては、ソーシャルメディア上のセルフケアチャレンジに参加したり、友人や会社の人と一緒に物事に取り組んだりすることで、責任感が高まり、目標を持ち続けることができます」とノースカロライナ州のセラピスト、ネドラ・グローバー・タワブさんは言います。

団体に参加するのはちょっと、という方でも、頼りになる人が一人いるだけで随分違います。「目標を共有して、互いに励まし合える人を見つけてください。あなただけのチアリーダーが与えてくれるパワーを見くびってはいけません」と、ライフコーチで作家のカレン・L・ガーベイさん。

また、あなたの目標をサポートしてくれない人とは距離を置いた方がいいでしょう、とのこと。

3. 自分と周りを比較するのはやめよう

スマホを見る女性

最後までやり遂げることに加えて、ほかの人と自分を比較しないことも重要です。特に、ソーシャルメディア上の誰かと自分を比べるのはよくありません。

「周りと自分を比べれば比べるほど、本当の幸せから遠のき、自分の力を発揮できなくなってしまいます」とナッシュビルで活動するヨガインストラクターで認定ライフコーチのローレン・ゾラーさんは言います。

対策は、ソーシャルメディアに触れる時間を減らすことです。「ソーシャルメディアを見る時間を減らすことで、ほかの誰でもなくあなた自身がもたらす価値に目を向ける時間ができます」とゾラーさん。

「ほかの人ではなく、昨日の自分と今の自分を比べましょう」

4. 完璧は目指さなくっていい

考え込む女性

「完璧は善の敵」という言葉があるように、「完璧を求めることで立ち止まってしまうようであれば、多少うまくいかなくても許せる余裕を持つようにしましょう」とヨガインストラクターで認定ライフコーチのローレン・ゾラーさんは助言します。

瞑想中にいろいろな考えが駆け巡ったり、ヨガポーズがうまくできなくても、まったく問題ありません。

「歴史的にも、完璧なものを作り出した人はいません。むしろ、華々しいサクセスストーリーの多くは、ひどい失敗の積み重ねから生み出されたものです。完璧主義を手放して自由になれば、新しい何かを作り出す扉を開くことができるでしょう」と彼女は言います。

5. ポジティブな名言に浸ってみよう

日に当たる女性

自己を肯定する言葉の力は、数多くの研究で証明されています。せっかくですからそのパワーを、セルフケア習慣を続けるための道具として使ってみませんか?

「たとえば、“私はヨガのために時間を使ってる。それは、この時間が私の心と身体、そして魂を成長させてくれるから”といったかんじで」とガーベイさん。

「これらの言葉のパワーに浸るプロセスはシンプルですが、簡単だからと侮ってはいけません。自己肯定感をきちんと受け入れることで、非生産的な習慣を新鮮でポジティブな現実に変貌させることもできます

6. 自分の成功に気づいてあげて

書く女性

セルフケアを実践している今の自分を見つめてあげる時間を作りましょう。目標を諦めずに長期的に達成できたら、自分を褒めてあげてください。

「自分の成功や強さを称えてあげましょう」とLive for Yourself Consultingの設立者のベンジャミン・リッターさんは言います。「毎日、成功したことや自分の強みを認めてあげる時間を作ってください。具体的にリストアップして、日々見返すといいでしょう」。

7. ルーティンが崩れてしまったときの対策も考えておこう

くつろぐ女性

ささいなことでセルフケア習慣が崩れ、気持ちが萎えてしまわないように、あらかじめ計画を立てておきましょう

「ネガティブにとらえるのではなく、考えられたプランでもうまくいかないことがある、という現実に備えます。子どもが風邪をひいたり、飛行機が遅れたり、ウェブサイトが急にダウンしてしまったり、クライアントへの提案が失敗したり……」とモチベーションスピーカーのジェーン・スカダーさん。

「大事なのは、いつもの状態に戻る方法を考えるのではなく、セルフケアの妨げとなる何かが起こった場合に、自分と向き合う時間を作る方法を身につけることです」

自分のこと、もっと大切に

専門家おすすめ。心の疲れをリセットしたいときの香り2種類

専門家おすすめ、心の疲れをリセットしたいときの香り2種類をピックアップ。アロマインストラクター・メノポーズカウンセラーおすすめの手軽なアロマテラピー...

https://www.mylohas.net/2019/01/183397diet_aromatherapy.html

もむのは食べる前? あと? 消化を助け便秘を防ぐ2分間のお腹マッサージ

食べすぎてお腹が痛いときに最適な方法を栄養士が伝授。2分間マッサージするだけで胃腸薬も、ペパーミントティーを飲んだりしなくても胃がスッキリするそう。...

https://www.mylohas.net/2019/02/184512stomachache.html

Katherine Martinelli/14 Tips for Creating a Self-Care Routine to Nourish Your Body and Soul
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析