1. Home
  2. BODY
  3. 実年齢より30歳若い! 老いない人の運動習慣は?

実年齢より30歳若い! 老いない人の運動習慣は?

The New York Times

6,011

筋肉

image via shutterstock

高齢者でも数十年にわたってエクササイズを続けてきた人の筋肉は、多くの点で25歳の健康な若者並みだという、励まされる研究結果が発表されました。

また、調査対象となったアクティブな70代のグループは、同年代の大半の人たちに比べて有酸素能力がずっと高く、生物学的に実年齢よりも約30歳若いという結論に研究チームは達しました。

「年を重ねると身体は衰える」は避けられないの?

私たちはみんな刻々と年を取っていきます。一秒一秒がやがて数年、数十年と積み重なっていったときに、自分の身体がどうなっていくのかというのは、誰にとっても深い関心事です。

さまざまな統計を見ても、また単純に目で見ていても、実に心配なことに、多くの高齢者が身体の衰えや病気、介護を必要とする状態などを経験しています。

しかし今のところ、加齢による肉体的衰えは避けられるものなのか、避けられるとすればどの程度なのか、あるいは身体能力の低下は少なくともある程度、現代型ライフスタイルの副産物なのか、それを簡単に変えることはできるのかといった疑問については、まだ科学では証明されていません

老いても健康なのは、アスリートに限る?

Jeenah Moon/The New York Times

それでも、身体を動かすことによって、年の取り方が変わってくる可能性を示すヒントはあります。最近のいくつかの研究では、競技レベルのスポーツをしている高齢者は、同世代の座りがちな人に比べて、筋肉、脳、免疫システム、心臓の状態がより健康なことが明らかになっています。

ですが、こうした研究対象の多くは、楽しみ程度のエクササイズをしている人ではなく、がっちり競技スポーツをしている高齢者に集中していました。また女性が多く含まれている調査もあまりありませんでした。

そうした中、2018年8月に応用生理学の専門誌『Journal of Applied Physiology』に発表された米ボールステイト大学の研究では、これまでとは異なる高齢者男女のグループに焦点が当てられていました。

50年前のレクリエーションブームに着目

論文の最終著者で同大ヒューマンパフォーマンス研究所所長のスコット・トラッペ博士はこう説明します。「私たちが注目したのは、1970年代のランニング&ジョギングブームのときにエクササイズを始めた人たちです」

トラッペ博士によるとランニング&ジョギングブームが起きたのは、米国の運動競技やスポーツ教育に影響を与えた男女教育機会均等法が施行された1972年と、ベストセラーとなったランニング本『The Complete Book of Running』が出版された1977年の間に当たる時期。このとき、若い男女の間でレクリエーションとして楽しむスポーツが広まったのです。

エクササイズはあくまで趣味。でも50年たつと?

ランニング

image via shutterstock

トラッペ博士いわく「趣味でエクササイズを始めた」当時の若者世代の中には、真剣な競技スポーツは全くしない、あるいはたまにしかしなくても、その後も50年ほどずっと、ランニングやサイクリング、スイミング、フィットネスなどを趣味として続けてきた人たちがいます。

博士たちのチームは、今や70代となったその人たちを調査対象とし、地域向けの広告などで募集をかけ、過去50年間アクティブに運動を続けてきた28人(うち女性7人)を集めました。

また比較するために、さらに二つのグループを用意しました。彼らと同世代ながら大人になってからは運動をしたことがない高齢者と、20代のアクティブな若者たちのグループです。

この三つのグループを研究所に招き、有酸素能力を測定。さらに採取した組織サンプルを使って、筋肉中の毛細血管の数といくつかの酵素のレベルも測定しました。これらはどれも数値が高いほど、筋肉が健康であることを示します

加齢のバロメーター、心血管系と筋肉に注目

中でも研究者たちが注目したのは、心血管系と筋肉です。この二つは加齢に伴って衰えることが避けられないと考えられており、研究チームはトラッペ博士が「階層的パターン」と呼ぶ順列が、グループ間でみられるのではないかと予想したのです。

予想では、筋肉の強さと有酸素能力が最も高いのが若者グループ、次がそれよりもやや下回る数値でエクササイズを続けてきた高齢者グループ、最後に運動をしない高齢者という順番になるはずでした。

しかし結果は、必ずしもそうではなかったのです。エクササイズをしている高齢者と若者たちの筋肉はよく似ていて、毛細血管の数や酵素の数値も同程度でした。つまり、運動をしない高齢者だけが大きく違うという結果でした。

一方、有酸素能力では、アクティブな高齢者は若者よりは低かったのですが、運動をしない同世代の高齢者と比べると約40%高いという結果が出ました。

そこでアクティブな高齢者の有酸素能力を、過去のデータのさまざまな世代の「標準的な」有酸素能力と比べてみると、アクティブな高齢者の心血管系は、彼らよりも30歳若い世代と同じくらい健康だという計算になりました。

エクササイズは健康の「貯金をする」こと

貯金

image via shutterstock

アクティブな高齢者の筋肉と心血管系の健康に関するこれらの発見をまとめると、私たちが今、当たり前だと考えている加齢による肉体的な衰えは、「当たり前なことでも、避けられないことでもない」ことが分かるとトラッペ博士は言います。

ただし、この研究は人生の一時点だけに区切って各グループを比較したクロス・セクション分析であり、エクササイズ習慣が健康に直接影響を及ぼしたのかどうかといったことや、遺伝子、収入、食事などのライフスタイル要因の影響について明らかにするものではありません。また筋肉量やその他の重要な健康基準値については、今回測定しませんでした。

さらに今回対象としたアクティブな高齢者グループが運動を始めたのは20代前後ですが、もっと年を取ってから運動を始めても同じ効果があるのかどうかについての調査は、今後の課題だとトラッペ博士は述べています。

それでも今回の研究により、エクササイズは健康の「貯金をする」ことに相当し、高齢になってからの肉体的な衰えを避けたり遅らせたりできる可能性が見えた、とトラッペ博士は言います。

「今回調査に参加したアクティブな高齢者の方々は、活力にあふれています。私は今50代ですが、これからもアクティブに過ごしていこうという気持ちにさせられました」

エクササイズは継続が大事!

筋トレは何分やれば効果がある? 自己流の落とし穴と5つの秘訣

健康のため、ダイエットや美しいボディラインづくりのため、ポジティブなメンタルをキープするためなど、筋トレをする理由はさまざま。効果的な筋トレ法、筋ト...

https://www.mylohas.net/2019/01/160826muscle.html

ストレス発散&体調改善に「エクササイズ・バディ」が有効

サイエンスライターの鈴木祐さんによる著書『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』より、すぐに実践できるストレス対策を毎日紹...

https://www.mylohas.net/2018/12/stress_23.html

©2019 The New York Times News Service[原文:Regular Exercise May Keep Your Body 30 Years ‘Younger’/執筆:Gretchen Reynolds]
(翻訳:Tomoko.A)

甘糟智子(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは