1. Home
  2. MIND
  3. 自分を労わってますか? 疲れやストレスを和らげるヒント

自分を労わってますか? 疲れやストレスを和らげるヒント

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,523

Seina Ozawa(翻訳)

コーヒーを飲む人

ひょっとしたらスパやヨガクラスよりも、大きな意味を持つのが「セルフケア」。

セルフケアは人によってさまざまで、ショッピング、ジムに行くこと、朝のメディテーション、チョコレートを食べること、本を読むことなど……つまり、自分のために何かを行うことなので、気分を爽快にし、元気を取り戻してくれるものなら何でもいいんです。

疲れやすい多忙な女性には、セルフケアがぴったり

疲れた女性

image via shutterstock

「女性の多く、特に家族を持つ人は、仕事に家庭に忙しい生活を送っています」と、マインドセットやボディポジティブフィットネスに詳しい認定ライフコーチのマルシア・ビラビセンシオさんは言います。

「彼女たちはやるべきことがたくさんあるので、すぐに疲れ切ってしまいます。簡単で時間のかからないセルフケア習慣があれば、心身の健康にいい効果が期待できます

元気を取り戻すには、自分のための時間を設ける必要がある、と実感している女性は増えているようです。

とあるアメリカでの調査によると、ミレニアル世代(1980~90年代生まれの世代)の女性が掲げた新年の抱負のトップは、過去2年間連続で「セルフケア」でした。「2019年はセルフケアとメンタルヘルスを最優先に考えたい」と答えた人が、72%もいたそうです。

セルフケアのメリット

自分を抱きしめる女性

image via shutterstock

セルフケアと言うと自分を甘やかしているように聞こえますが、じつは健康面でとても重要な役割を果たします

「セルフケアの効果は過小評価されがちです」とニューヨークのUnion Square Practiceでセラピストとして活動するケイティ・クライマーさんは言います。

ちょっとした仕草をするだけで、ストレスが和らぐこともあります。不安ななかでも、自分の存在を感じ、自分をいたわるべきなんだと気づかせてくれます。セルフケアを続けていくと、自尊心の向上、ストレスの軽減、やる気アップなどにつながります。なによりも、心の中や外の世界の難しい側面に向き合うことばかりが人生じゃない、ということを教えてくれます

身体の燃料不足もセルフケアで補える

ハンモック

image via shutterstock

ライフコーチで作家のカレン・L・ガーベイさんが言うには、車と同じように私たちの体も燃料を必要とします。ですが、燃料が残り少なくなったら警告してくれる補給ランプはついていません。

「代わりに、イライラする、風邪をひく、頭がぼんやりする、疲れる、生産性が落ちるなど、身体はさまざまなメッセージを出します。こうした燃料不足の症状は、セルフケアをすることで防ぐことができます」

また、女性は自分自身より周りの人を気遣う傾向がありますが、自分への愛も少し示してあげることで、他人に愛情を注ぐエネルギーを得ることができる、とガーベイさんは指摘しています。

とはいえ、面倒に感じずにご褒美として続けられる、日常的なセルフケア習慣を構築するのは難しいものです。途中でくじけずに、長く続けるにはどうすればよいのでしょうか? 専門家が教える継続のコツは、次回の『Prevention』記事で紹介します。

きちんと自分のメンテナンス

自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

体のあらゆる活動をコントロールする「自律神経」。自律神経には、活動する=ONモードで活発になる交感神経と、休む=OFFモードで活発になる副交感神経の...

https://www.mylohas.net/2018/07/165446autonomic_nerves.html

しっかりセルフケアして、正しい食事を取っていればOK。美しい花嫁になる方法

ドラマ『glee/グリー』に出演していた女優、リア・ミシェルの結婚式までもうすぐ! すでに完璧に引き締まったリアの身体を見ると、挙式の準備は順調のよ...

https://www.mylohas.net/2018/11/179062beautiful-bride.html

Katherine Martinelli/14 Tips for Creating a Self-Care Routine to Nourish Your Body and Soul
訳/Seina Ozawa

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由