1. Home
  2. BODY
  3. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は……

妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は……

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,720

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

妊娠している女性

英国に住むケリー・ファベルさんのお腹は、新生児7〜8人分の重さになっていましたが、医師は妊娠のせいではと判断していました。

しかし、その後、彼女はおよそ25kgの卵巣嚢腫(卵巣のう腫)を取り除く手術を受けることになったのです。

お腹の脂肪だと思っていた!

肥満

image via shutterstock

2014年から体重が増え始めたケリーさんですが、最初は「太っただけ」と無視していたそう。

「私はもともとぽっちゃり体型だったので。でも数年の間に、お腹がだんだん大きくなってきたのです。ホントにゆっくりと大きくなったので、悪いかもなんて考えもせず、お腹に脂肪がついただけだと思っていました」と、ケリーさんはBBCのニュースサイトで振り返ります。

10年来のパートナーがいるケリーさんは、この数年間に何度も妊娠検査を受けましたが、すべて陰性。妊娠しているのかと他人から聞かれたときは、適当に話を合わせていたと言います。

医師は「妊娠に違いない」と言うが……

エコー検査

image via shutterstock

それでも2016年には、仕事中に失神する事態に見舞われてしまい、ついに主治医の診察を受けることを決意。何度妊娠検査を受けても陰性だったにもかかわらず、医師は妊娠に違いないと言い、2017年1月、超音波スキャンを受けることに

「ジェイミー(ケリーさんのパートナー)に付き添われて横になっていた私は、お腹の上を検査器具でなぞっていた放射線技師の女性が、驚くように目を見開いていることに気づきました。画面には何も見えませんでしたが、その表情がすべてをもの語っていました。何かよくないことがあると……。専門施設に紹介する必要があると言われたときには、気が動転しましたね。ジェイミーが私を何とか安心させようとしてくれたのですが、とても怖くて」と、ケリーさんは振り返ります。

さらなる検査で見つかったものは

CT検査

image via shutterstock

緊急CTスキャンに送られたケリーさんは、体液に包まれた嚢腫があると告げられ、翌月には検査のためにハイリスクな産科への紹介を受けることに

「この頃には歩くのもやっとで、息をするのさえ大変でした。検査のときに、先生が私に見せた表情が忘れられません。卵巣に大きな塊があり、手術という選択肢しかないと言われました。正確に言ってそれが何なのか、あるいはどれくらい大きいのか、紹介先でもわかりませんでした」(ケリーさん)

嚢腫25kgを取り出した後はスッキリ

運転する女性

image via shutterstock

7〜8歳の子どもと同じくらいの重さの嚢腫は、ついに3月に除去されました。「嚢腫がどれくらい大きかったか説明を受け、写真を見せてもらいました。あんなに長い間、その異物を抱えて歩き回っていたなんて、信じられませんでした」(ケリーさん)。

傷あとと皮膚が伸びてできたすじが残りましたが、まだ子どもを作れますし、ケリーさんは生活が元に戻ってよかったといいます。

「車の運転や、階段の昇降といった簡単なことが、どれほど大変だったか。あの塊がなくなったおかげで、生活が元に戻りました。手術をしていただいた医師には感謝しています」と、ケリーさんは感慨深げ。

こんなこともあり得るということ。自分の健康に気をつけ、どこかおかしいと思ったときには、何人かの専門家の意見を求めることも考えてよいのです。

卵巣のこと、もっと知りたい

女性にとっては命にかかわる「卵巣がん」ってどんな病気?

女性の生殖器系のがんのなかではもっとも命にかかわると言われる卵巣がん。そのリスクや種類を知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2018/12/182179ovarian_cancer.html

卵巣は、“沈黙の臓器”。無症状の卵巣腫瘍をどうやって見つける?

今回は、「卵巣の腫瘍って怖い病気?!」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2018/10/strategy34.html

Leah Groth/Doctors Insisted This Woman Was Pregnant, but It Was a 57-Pound Ovarian Cyst
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?