1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 皮膚科医が教えるローズヒップオイルの効果7つ。傷跡ケア・妊娠線の予防にも

皮膚科医が教えるローズヒップオイルの効果7つ。傷跡ケア・妊娠線の予防にも

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,225

オイル

バラ科の植物の種から抽出されたローズヒップオイルは、肌の赤みをおさえ、加齢を防ぎ、ニキビを減らしてくれ、簡単な保湿液としても使えます

でも、ローズヒップオイルは本当にスゴイのでしょうか? 意見を聞いた皮膚科医師によれば、その答えは「イエス」。

ローズヒップオイルはどのように肌に効くのか、スキンケアの専門家が説明します。

  1. 肌色を明るくする
  2. 肌をダメージから守る
  3. 肌の赤みや炎症をやわらげる
  4. ニキビを減らす
  5. 肌に潤いを与える
  6. シミやできものの跡を目立たなくする
  7. 妊娠線を予防する

1. シワを減らし、肌にハリを出す

なめらか

image via shutterstock

「ローズヒップオイルはビタミンA(通称レチノール)を多く含み、小ジワを減らして肌をなめらかにしたり、肌の深いところにある真皮を厚くしたり、ハリがあって締まった肌にするなど、肌の加齢現象をおさえてくれます」と、アンチエイジングの専門家で認定整形外科医のアンソニー・ユンさん。

2. 肌色を明るくする

明るく

image via shutterstock

ローズヒップオイルは肌のハリを改善し、小ジワを予防するコラーゲンを刺激してくれるビタミンCも含んでいます。

ビタミンCは、肌色を明るくする効果でも知られていて、顔色にかがやきを与えます

3. 肌をダメージから守る

ダメージ

image via shutterstock

2018年に『インターナショナル・ジャーナル・オブ・モリキュラー・サイエンス』誌に掲載された研究によると、ローズヒップオイルに含まれるトコフェロールやカロテノイドなどの抗酸化物質によって、肌が酸化から守られます

4. 肌の赤みや炎症をやわらげる

赤み

image via shutterstock

「ローズヒップオイルにはリノール酸、αリノレン酸、オレイン酸といった抗炎症性の脂肪酸が含まれます」と、ユンさん。酒さ(肌に赤みが出る皮膚の病気)やアトピー性皮膚炎(アトピー性湿疹)は炎症性の症状なので、ローズヒップオイルはその炎症や赤みをやわらげ、症状を抑える可能性があります。

「加えて、ローズヒップオイルにはベータカロテンがとくに多く含まれます。ベータカロテンはカロテノイドのグループに属する抗酸化物質で、皮膚の正常な成長と、皮膚細胞の再生を促進します」と、ニューヨーク在住の認定皮膚科医、デブラ・ジャリマンさん。

4. ニキビを減らす

ニキビ

image via shutterstock

肌が脂っぽく、ニキビができやすい肌の人にとって、「オイル」という響きはタブーのように聞こえるかもしれません。

ですが、ローズヒップオイルが持つ抗炎症作用は、吹き出ものによる赤みや炎症もやわらげることができます。さらに、ビタミンAにより肌の細胞の再生がスピードアップするので、ビタミンAの派生物であるレチノイドはニキビの治療薬としても処方されます。

「多くの人はローズヒップオイルを使うとニキビができにくいと実感しています。なぜなら、ローズヒップオイルは毛穴をふさがないからです」(ユンさん)。

5. 肌に潤いを与える

うるおい

image via shutterstock

「脂肪酸は、優秀な肌の保湿液としても働きます」と、ユンさん。

脂肪酸は肌に浸透して保湿し、落ち着かせると同時に、セラミドも形成します。セラミドは肌の細胞壁を強く保つ物質。なので、肌の細胞はさらにたっぷりと水分をキープできます

6. シミやできものの跡を目立たなくする

傷

image via shutterstock

「シワを減らしたりハリを与えたりすることに加え、とくにニキビあとがある場合、ビタミンAによって肌の色をきれいにすることができます。ローズヒップオイルを使い始めてから数か月後には、シミが薄くなっているかもしれません」(ユンさん)

研究によると、このマルチなオイルによって、瘢痕(はんこん:手術や外傷などによる傷あと)の手触りや見た目も改善できます。「おそらくそれは脂肪酸の働きにより、傷ついた肌の細胞の再生が促されるからでしょう」と、研究者は語っています。

7. 妊娠線を予防する

妊娠

image via shutterstock

ちまたには妊婦さんがおなかにできる妊娠線を薄くしたり、予防したりするために使うクリームが山のようにあります。そのチョイスの一つに、ローズヒップオイルを加えてみては?

2012年『インターナショナル・ジャーナル・オブ・コスメティック・サイエンス』誌に掲載された研究によると、妊娠中にローズヒップオイルを含む妊娠線予防クリームを使った女性は、妊娠線ができにくかったということです。そしてすでに妊娠線がある人も、それ以上ひどくならないことがわかりました。

さびない肌をキープするには?

老化防止のカギは? 皮膚科医・友利新先生が愛用する2つのコスメ

医師の友利新先生インタビュー前編。老化防止のカギとは? 毎日の美容習慣&愛用コスメは? 40歳を過ぎても疲れを見せない美肌をキープしている秘訣を聞き...

https://www.mylohas.net/2019/02/183916tomori_arata01.html

息するだけで酸化している!? サビない人への近道

雑誌やテレビなどで目にする「酸化」「抗酸化」といったキーワード。シミやシワといった肌老化と関わっているというから気になりますよね。じつはこの酸化、呼...

https://www.mylohas.net/2014/10/041309oxidizing.html

Krissy Brady/Ways Rosehip Oil Benefits Your Skin, According to Dermatologists
訳/STELLA MEDIX Ltd.

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは