1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. シミ・シワに。キャサリン妃も愛用、ローズヒップオイルの利点は?

シミ・シワに。キャサリン妃も愛用、ローズヒップオイルの利点は?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,979

バラ

image via shutterstock

ローズヒップオイル(もしくはローズヒップシードオイル)配合のスキンケア・コスメが注目されています。

なんでも、イギリス王室のキャサリン妃、オーストラリア出身の女優ローズ・バーンも、ローズヒップオイルを愛用しているのだとか。

バラ科の植物の種から抽出されたローズヒップオイルは肌の赤みをおさえ、加齢を防ぎ、ニキビを減らし、さらには簡単な保湿液としても使えます。

でも、ローズヒップオイルは本当にスゴイのでしょうか? 意見を聞いた皮膚科医師によれば、その答えは「イエス」

ローズヒップオイルはどのような効き目があるのか、そして、いつものスキンケアにローズヒップオイルを取り入れる簡単な方法について紹介します。天然由来のフェイスオイルでシワ、ニキビを減らして、シミを目立たなくしていきましょう。

ローズヒップオイルとは?

ローズヒップ

ローズヒップオイルの「ヒップ」とは、バラ科の植物の果実のこと。

種が成熟するとふくらんで、「果皮」と呼ばれるものが種のまわりに形成されます。ローズヒップ、とくにイヌバラの果実は、お茶やジャムにもよく使われます。

「ローズヒップオイルをつくるには、特定の野バラの種をくだき、コールドプレス法で機械的に抽出します」(テキサス州の認定皮膚科医、エリザベス・ゲデス・ブルースさん)。

このプロセスにより、多くのビタミン、抗酸化物質、脂肪酸といったローズヒップオイルのお肌に有効な栄養価がキープされます。

今のところ、ローズヒップオイルの肌に対する効能の研究はあまりありません。動物や人間に対して行われた研究の多くはローズヒップパウダーを使ったもので、オイルではないのです。でも、ローズヒップオイルに含まれている栄養素(ビタミンAやCなど)のスキンケアの効果は十分に実証されているので、ローズヒップオイルにもスキンケアの効果があるといえそうです。

どのようにローズヒップオイルを顔に使うの?

スキンケア

image via shutterstock

「どのブランドのローズヒップオイルを選んだにしても、植物性の製品はまず小さな範囲(前腕の内側など)でパッチテストして、皮膚の副反応がないことを確認するのがベストです」と、ゲデス・ブルースさん。

それで問題がなければ、夜に洗顔して化粧水をつけたあと、乳液などのこっくりとした保湿液をつける前に、ローズヒップオイルをほんの少量なじませて。もしも炎症が起きたら、使用をやめるようにします。

ローズヒップオイルの選び方は?

オイル

image via shutterstock

「いちばん大事なのは、あなたが使っているローズヒップオイルがコールドプレス法によって作られたものかどうかを確かめること。なぜなら高熱を与えると、ローズヒップオイルに含まれる重要な成分が劣化するからです」(ゲデス・ブルースさん)

また、そのローズヒップオイルがオーガニックに認定されているかも確認します。オーガニック認定であれば、農業用の殺虫剤や除草剤を使用せずに育てられた植物から抽出されているといえるでしょう。

ローズの力を美容にとりいれて

ヒアルロン酸やローズウォーターなどで、美しさをキープするセレブたち

20年も変わらぬ美しさをキープできているセレブ達。彼女たちのスキンケアやフィットネスの習慣を探ってみました。

https://www.mylohas.net/2018/10/176893celeb.html

ローズヒップは肌にどういい? こだわりのスキンケアアイテム5選

高い美容効果が期待できるローズヒップ。ハーブティーとして飲むだけではもったいない! そこで、オーガニックで製法にこだわってつくられたオイルやエキスを...

https://www.mylohas.net/2019/01/181674rose_hip.html

Krissy Brady/Ways Rosehip Oil Benefits Your Skin, According to Dermatologists
訳/STELLA MEDIX Ltd.

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは