1. Home
  2. MIND
  3. 冬になると気分が滅入る季節性うつ(SAD)。軽くする意外な方法とは?

冬になると気分が滅入る季節性うつ(SAD)。軽くする意外な方法とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,342

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ハッピーライト

心地よいセーターを着て、あたたかい飲み物を飲みながら、自宅でほっこりしたい人にとっては、冬もよい季節かもしれません。しかし、短い昼間と寒い夜に気分が滅入ってしまうなら、それは「季節性感情障害(SAD)」かもしれません。SADはうつ病の一形態で、秋から冬にかけて気分が変化する特徴があります。

「SADは冬眠に相当するとも言われています。なぜならベッドに横になり、眠りたくなり、他人に会う欲求も失せてくるからです」と、説明するのはヒューストンのテキサス大学精神行動科学助教、ルイス・フェルナンデスさん(ヘルスサイエンスセンター、マクガバンメディカルスクール)。

普段の量の日光が浴びていないと、身体は憂鬱さを感じるようになります。適切な診断を受けた上で、「ハッピーライト」を使った光線療法を行うと、SADの苦痛を和らげられるのです。

光を補う「ハッピーライト」を使った療法

太陽

image via shutterstock

ハッピーライトは、光線療法ランプ、ハッピーランプ、SADライトとしても知られています。秋から冬にかけて日照時間が減ってしまうので、この間にこうしたランプを使った光を浴びられるようするためのものです。ただし使用するにあたり、(アメリカでは)精神科を受診して、光線療法を受けるかどうかを判断してもらう必要があります(※日本でも、正確な診断、治療方法について、精神科・心療内科の専門医を受診してください)。

「治療の指示をしてくれる精神科医など、医療専門家の判断を仰ぐのはとても大事です。自分自身の判断に間違いがあって、SADではなく双極性障害だった場合、光線療法によって躁状態を助長してしまい、むしろ危険だからです」と言うのは、ニューヨーク精神分析研究所の精神分析医、ゲイル・サルツさん(ニューヨーク・プレスビテリアン病院ワイルコーネル医科大学精神科准教授)。

「最初はフォローが必要なのですが、光線療法がうまくいけば、診察なしでも続けられます」と、サルツさんはつけ加えます。

サルツさんによると、ハッピーライトは他の薬品や心理療法と組み合わせて使われているそうです。

フェルナンデスさんは、「薬のコストや、日常的な生産性低下、調子の悪い日などの悪影響を考慮すれば、光線療法は非常にリーズナブルで効果的な治療法といえるでしょう。多くの人がLEDや青い照明を使っています。日中の過剰なメラトニンの生成を防ぐのに役立つからです」と解説します。

季節性感情障害のためのハッピーライトの使い方

ハッピーライト

image via shutterstock

秋の終わり頃に日が短くなり始めてから、うつ症状を防ぐための光線療法を始めます」とサルツさん。

また、光線療法は午前中が最も効果的だそうで、一度に10〜15分間ハッピーライトを使用し、最終的にそれを30分に増やします。ライト装置を顔の30~60cm前に置きますが、光はじっと見つめないようにします。代わりに、本を読んだりメイクをしたりして、ランプを点けた状態で何か別のことをします。サルツさんは、春が来て日光の量が増えるまで、秋冬を通して治療を続けることをすすめます。

光線療法による副作用は少ないとされますが、頭痛を訴えたり、元気になりすぎたりする人もいます。また、体内時計が影響を受けて、眠りにつきづらくなるため、朝の使用がすすめられています

ハッピーライトによってビタミンDは作られる?

カーテンを開ける女性

image via shutterstock

ハッピーライトは自然光のように、浴びても体内でビタミンDが作られることはありません。なぜならハッピーライトの光には、非常に狭い範囲の紫外線B波しか含まれていないためです。

もし日光の不足でビタミンD欠乏症が疑われるなら、フェルナンデスさんはサプリメントの摂取について医師と相談するようすすめています。

心の不調は早めに回復させたい

心をすばやく落ち着かせる。不安への対処法8つ

私たちは生活のなかで、すくなからず不安を感じるもの。落ち着きを取り戻すために専門家も認める自然の対処法8件をご紹介。

https://www.mylohas.net/2018/07/170780anxiety.html

気分が落ち込んだら。〇〇に行くと心が解放される!?

芸術作品と触れ合うことで、心のケアに役立つことを期待する「アートセラピー」にはどんな効果があるのでしょうか?カナダで行われている取り組みやその効果に...

https://www.mylohas.net/2018/11/179669art_therapy.html

Emilia Benton/What Are Happy Lights, and How Do They Treat Seasonal Affective Disorder?
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた