1. Home
  2. MIND
  3. 女優アン・ハサウェイが行う、つらい気持ちから抜け出す方法とは?

女優アン・ハサウェイが行う、つらい気持ちから抜け出す方法とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,520

Seina Ozawa(翻訳)

アンハサウェイ

人気女優アン・ハサウェイも、私たちと同じように、ストレスを感じることがあると言います。

でも、大声で叫んだり、薬を飲んだりはしません。不安な気持ちをコントロールするため、彼女は独自のメソッドを編み出しました

アカデミー賞女優の彼女が、つらいときにどうやって気持ちを落ち着かせているのかを、アメリカの女性誌『タウン&カントリー』に掲載された最近のインタビューで明かしてくれました。それにはなんと、火を使うそうなんです!

紙とペン、キャンドルを用意

紙を燃やす

image via shutterstock

過度なストレスを感じたときやパニックに陥ってしまったとき、アンはペンとキャンドル、そしてライターを取り出して、ちょっとした作業をします。

「携帯のタイマーをセットしたら、キャンドルをそばに置いて、すべてを書き出すの」と、アン。

ペンと紙を使って12分間、自分の抱えている問題や不安をすべて書き出します。「読み返すことはせずに、全部吐き出すの」

次のステップは、火事にならないように、十分気をつけながら行います。「タイマーが鳴ったら、そのページを破り取って、燃やすの。エネルギー、恐れや怒り、そういったものすべてに火をつけて、煙にするの」

ストレスなくSNSとつきあうには?

スマホを見る女性

image via shutterstock

さらには、「ソーシャルメディアというものは、多くの人にとってはストレスの原因となっているけれど、自分にとっては、世の中の声を聞くことが力になるし、心も落ち着く」とインタビューで明かしています。

周りが好き勝手に彼女のイメージを作り上げ、事実とは異なるゆがんだ噂が広まってしまう前に、アンは自ら真実をはっきりと示したいという姿勢でいます。妊娠や、撮影の影響で体重が増えたことなどまで、気軽に明かしているといいます。

「(ソーシャルメディアは)自分流にできるという点が、私にはいいみたい」とアンは話します。「落ち着いて、より明確にコミュニケーションが取れるようになったわ」

しかしながら、なんでもかんでも投稿するわけではありません。1300万人近いフォロワーに向けて投稿する前に、じっくりていねいに考えているとアンは語ります。

投稿内容を作成したら、知り合いに送り、少なくとも1時間持っていてもらいます。十分な時間をかけて熟考した後、タイトルと画像が彼女の元へ送り返され、最終的なOKを出すのだとか。

「こうすることで、新鮮な気持ちで見ることができるの」と彼女は言います。「一度世の中に出てしまったら、取り消せないものね」

SNSは上手に使いたい

スマホ依存症から上手に卒業するための9か条

『How to Break Up With Your Phone(携帯電話と別れる方法)』の著者キャサリン・プライスさんが実践した携帯電話とヘルシー...

https://www.mylohas.net/2018/04/165870nyt_cellphone.html

デジタル依存症に業界関係者もついに警鐘を鳴らす

携帯電話を見るのを我慢するのをどのくらいできますか?ついにSNSの設計者達がデジタル端末に囚われたわたしたちの社会に警鐘を鳴らし始めました。

https://www.mylohas.net/2018/04/165124.html

Leah Growth/Anne Hathaway's Stress Relief Ritual Involves Lighting Things on Fire
訳/Seina Ozawa

    Ranking

    1. 白砂糖・バター・チーズ不使用おやつ。ヨーグルトのチーズケーキレシピ

    2. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. クレンジング不要のファンデーション、本当に洗顔料だけで落ちるの?

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 秋の花粉症を悪化させるNG行動。リスクを最小限に抑えるには?

    9. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    10. 浮気や不倫とちょっと違う、複数の人と関係を持つ生き方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?