1. Home
  2. EAT
  3. 便秘や疲労の解消に期待! 簡単シナモンアップルの作り方

便秘や疲労の解消に期待! 簡単シナモンアップルの作り方

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

6,769

Lily

史上最年少現役高校生スーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。

シナモンアップル

最近スーパーへ行き、店頭で目に入ったりんご。少し傷があるワケあり商品で、大量に安売りされていました。真っ赤で美味しそうだったのでついまとめて大量に購入……。毎日食べていたら、3日目くらいに飽きてしまいました(笑)。

そこで、少しテイストを変えてみようと思い、この寒い時期にピッタリなシナモンアップルを作ってみました。とっても美味しくできたので、みなさんにレシピをご紹介したいと思います!

ヨーグルトやトーストとご一緒に。簡単シナモンアップル

シナモンアップル

このシナモンアップル、たった5分間煮詰めるだけで簡単にできて、おすすめです。

そのままでもとっても美味しいですが、ヨーグルトやトースト、パンケーキのトッピングにしてもとっても美味しく楽しめます。

このシナモンアップルをプラスするだけで、いつものメニューが華やかになるだけではなく、女性にうれしい栄養をたっぷり摂取できるのも魅力的なポイントです!

<材料>

  • りんご 3つ
  • レモン汁 大さじ1/2
  • シナモンパウダー 小さじ1
  • ココナッツシュガー 大さじ1〜(甘さが欲しい場合は適宜増やしてください)
  • 水 大さじ1

<レシピ>

  1. りんごをお好みの大きさに切り、大きなボウルに入れます。
  2. そこにレモン汁、シナモン、ココナッツシュガーを入れてりんごをコーティングするように混ぜます。
  3. 鍋に水を入れ、そこにコーティングしたりんごを入れます。
  4. 中火で5分間、お好みの柔らかさになるまで蓋をして煮詰めたら完成です。

熱々のまま食べるのもありですし、タッパーに入れて冷蔵庫もしくは冷凍庫で保存することも可能です。

このレシピのスーパーフード: りんご

リンゴ

image via Shutterstock

「りんごってスーパーフードなの?」と驚く方も多いのではないでしょうか。「1日1個のりんごは医者いらず」と言われるよう、りんごには栄養素がたっぷり詰まっているのです。

クエン酸やリンゴ酸といった、りんごの酸味のもととなっている成分には疲労解消効果が期待できます。また、 便の通りをスムーズにしてくれる水溶性食物繊維、ペクチンにより、便秘解消効果も期待できるんです。

これらの成分は皮にたっぷり含まれるので、皮ごと食べるとしっかりと栄養素を摂ることができます!

このレシピのスーパーフード: シナモン

シナモンパウダー

image via Shutterstock

ここでは、前回の連載で紹介しきれなかったシンナムアルデヒドという栄養素をご紹介したいと思います。

シンナムアルデヒドは、植物に含まれる抗菌力の強い成分であるファイトケミカルの一種で、風邪の予防や毛細血管の老化防止などの効果が期待できます。

また、 2種類あるセイロンシナモンとカシアシナモンでは、それぞれ香りが違います。スパイシーな料理にはカシアシナモンがオススメですが、このレシピのようなスイーツにはセイロンシナモンを使うと、上品な香りを感じることができます。

自分用にだけ作りたいときには電子レンジでパパッと作ることもできますし、保存しておくことも可能なので、ぜひこのシナモンアップル、作ってみてくださいね!

何にでも合う万能スイーツ、この時期にとってもオススメです!

スパイスを有効に使ってみましょう

寒い日に体を温める。生姜&シナモンが効く、ジンジャーブレッドクッキー

この時期は、どこのお店に行ってもバレンタインコーナーがありますね。みなさん何を作るか決まりましたか? 本命ギフトは決まっているとしても、意外と難しい...

https://mylohas.net/2019/02/164226gingerbreadcookies.html

フードプランナーが太鼓判を押す、ポカポカに温まる常備菜は?

フードプランナー大皿彩子さんが、「ポカポカになる」と欠かせない常備菜は? MYLOHAS編集部がいつもお世話になっている健康賢者の方々に、「体調管理...

https://mylohas.net/2019/01/181656health_ohsara_saiko.html

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析