1. Home
  2. BODY
  3. 治りにくい鼻づまりや鼻水、風邪じゃないかも!? 「副鼻腔炎」の正体とは?

治りにくい鼻づまりや鼻水、風邪じゃないかも!? 「副鼻腔炎」の正体とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

20,328

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

鼻をかむ女性

鼻づまり。鼻水。のどの痛み。誰もがおなじみの風邪の症状です。

でも、チキンスープを飲んだりビタミンCを摂ったり、風邪に効きそうなことをやっても効果がない……。そんなとき、じつは“副鼻腔炎(ふくびくうえん)”かもしれません。

※訳注:副鼻腔炎には急性と慢性があり、日本における慢性の副鼻腔炎の俗称は“ちくのう症”とも言われます。この記事では急性副鼻腔炎をさしています。

副鼻腔炎とは?

副鼻腔炎

image via shutterstock

「副鼻腔炎は、ほほ、両目の間、眉の上、そして両目の後ろにある“副鼻腔”という空洞がウイルスや細菌に感染して炎症を起こした状態です」と説明するのは、インターネットを使った遠隔医療を提供する会社「Ro」の共同臨床ディレクターで、医師のメリンダ・バーンズさん(元イエール大学医学大学院外科、耳鼻咽喉科助教授)。

「副鼻腔炎では、副鼻腔の内側粘膜が炎症を起こして腫れ、粘膜の中の腺が粘液をたくさん作ります。この副鼻腔の炎症のせいで、よくあるイヤな症状が現れるわけです」(バーンズさん)

副鼻腔は顔の片側に4個ずつあり、どれも感染する可能性があります」とバーンズさん。

どの副鼻腔が感染しているかで、症状が変わってきます。たとえば、ほほの副鼻腔が感染すると、ほほの上部に痛みを覚えるでしょう。

副鼻腔炎はうつる?

鼻をかむ女性

image via shutterstock

そうとも言えます。ウイルス性の副鼻腔炎なら、ウイルスを撒き散らしかねませんから。

でも、副鼻腔炎そのものは、うつりません。風邪が原因で起きる炎症から副鼻腔炎になりますが、風邪をひくたびになるわけではありません。

マサチューセッツ大学ローウェル校の臨床助教授でナース・プラクティショナー・プログラムのコーディネーターをつとめる家庭医学ナース・プラクティショナー(NP:アメリカの職種分類で、一定レベルの診断や治療などを行う上級看護師)のバレリー・キングさんは、次のように説明します。

副鼻腔炎は、ほとんどがウイルス性です。ですから、ウイルスはうつります。人が触るいろいろな物にウイルスがついています。でも、ウイルスに触って具合が悪くなっても、鼻づまりなどの風邪に似た症状が出るだけです。この風邪のような症状が長引くと、細菌感染に進展することがあります

副鼻腔炎かどうかの診断は?

鼻をつまむ女性

image via shutterstock

副鼻腔炎かどうかの判断は、訓練を受けた医師でも難しいもの。

「副鼻腔炎と気管支炎の症状は単純な検査だけでは診断できず、医師が症状をどのように判断するかにかかっていますから、わかりにくくて厄介な病気です」と、キングさん。

副鼻腔炎を治すには

鼻うがい

image via shutterstock

副鼻腔炎の治療法は、ウイルス性か細菌性かで違います。キングさんによると、大部分の副鼻腔炎はウイルス性です。

ウイルス性の副鼻腔炎に抗生物質は効きませんから、ワンさんがすすめる方法は、鼻の塩水スプレーやリンス(たとえば、“ネティポット”のような鼻洗浄器を使って鼻を洗浄します。必ず蒸留水を使いましょう)、点鼻ステロイド薬、鼻づまりの薬、市販鎮痛薬など。

細菌性の副鼻腔炎には抗生物質が必要ですし、さらにほかの薬が処方されることもあります。「鼻の内部がひどく腫れている場合は、抗生物質に加えて低用量の経口ステロイド薬が必要でしょう」(バーンズさん)

何週間も続く副鼻腔炎を繰り返す場合は、副鼻腔の感染再発を治療する手術を検討するために、耳鼻咽喉科医(耳・鼻・のどの外科医)を紹介されるかもしれません、とバーンズさんは言います。

次回は、「副鼻腔炎によくある症状」をご紹介します。

鼻炎対策にマストなアイテム

栄養士が風邪予防のために実践している、痛くない鼻うがい

栄養士の吉川圭美さんが風邪予防のために実践している、痛くない鼻うがいとは? MYLOHAS編集部がいつもお世話になっている健康賢者の方々に、「体調管...

https://www.mylohas.net/2019/01/181654health_yoshikawa_tamami.html

占いライターが5年飲み続ける、鼻炎対策と風邪予防のためのお茶は?

占い師、ライターの涼月くじらさんが、鼻炎対策と風邪予防、ダイエットもサポートする飲みものは? MYLOHAS編集部がいつもお世話になっている健康賢者...

https://www.mylohas.net/2019/01/181854health_ryogetu_kujira.html

Katherine Martinelli/Signs Your Awful Cold Has Actually Turned Into a Sinus Infection
訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    5. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

    9. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    9. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    10. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析