1. Home
  2. BODY
  3. 40代女性はなぜ太る? 2つのホルモンと肥満の関係を産婦人科医が解説

40代女性はなぜ太る? 2つのホルモンと肥満の関係を産婦人科医が解説

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,243

体重計

「何をしても、体重がどんどん増えるのです」。医師が40歳以上の患者からもっともよく聞くフレーズが、これ。

年齢を重ねると、体重を減らすのが本当に難しくなります。きちんとエクササイズをして、健康的な食事をとっているにもかかわらず、40代後半になったとたん、体重がまったく減らないようになります。

産婦人科医である筆者の場合もそう。40代女性の体重は落ちにくい

思いつくかぎりのことをしても、体重計の示す数値は、理想の体重を4.5kgもオーバーしていました。これはおかしいと思って体重計を買いなおしてみたものの、結果は変わらず。

医師が患者に対してずっと言い続けていること(炭酸を避ける、カロリー計算をする、食べる量をきちんと守る、パンを食べない)をすべてやってみても、新しい体重計が示す値はちっとも変わらないという始末なのです。

1年で約2.5kgずつ体重が増えていく

中年期になると、女性の体重は平均して1年につき約700g増えます。そして閉経を迎えると、体重がさらに増えるようになります。女性の9割が、閉経したのち1年以内に約2.5kg以上も体重が増えます。1年につき数キロならたいしたことないと感じるかもしれませんが、45歳以降、1年につき約2.5kgずつ体重が増えていくとしたら、55歳になると25kgほども増えることに。

中年期に体重が増加する原因とは? 外食の回数が増えたことや、夕食と一緒に毎晩(あるいは、ときどき)シャルドネを飲むようになったせいもあるかもしれません。なかには、甲状機能不全が原因となっているケースも。でも、多くの場合、鍵となる2つのホルモンが影響をおよぼしているのです。

ストレスによって、コルチゾールの量が増える

ストレス

image via shutterstock

多くの人にとって中年期は、言ってみれば修行のような時期です。子どもの大学の学費に関すること、年老いた両親のこと、なかには死別や離婚など人生の大きな変化を経験することも。そこにホットフラッシュや不眠症、月経不順といった更年期の症状が加わるのですから、もうたいへん!

ストレスによってコルチゾールの量が増えると食欲が増し、甘いものが食べたくなります。その結果、体重は増加し、おなかには脂肪がつくことになるのです。

エストロゲンが急に減ると、体重に影響する

贅肉

image via shutterstock

40代半ばから終わりにかけて、エストロゲンの量が急に減りはじめます。体重は変わらないのに、ぜい肉が増える理由はそこにあります。エストロゲンの減少は代謝には影響しないのですが、体重増加へとつながる大きな原因となります。夜間、良質の睡眠をとる力に大きな影響をおよぼすからです。

睡眠の乱れが“飢餓ホルモン”を増やしてしまう

不眠

image via shutterstock

睡眠の乱れは、ホットフラッシュよりも多くみられるものです。なかには眠っているときに、ほてりのせいで寝返りを打ってばかりの女性もいます。

睡眠不足によって新陳代謝のサイクルが変わってしまうと、何よりもダイエットの努力が無駄になってしまいます。体重調節のはたらきをするホルモンの量が変わるからです。

睡眠が乱れると、グレリンという飢餓ホルモンが増え、レプチンという食欲を抑えるはたらきをするホルモンが減ります。グレリンが増えると食欲が増すだけではなく、炭水化物やカロリーの高い食品を欲するようになります。「グレリンが増える+レプチンが減る=体重増加」、ということ。

さらに、疲れが残ることで、蒸し野菜より大皿のピザのほうが魅力的に感じたり、目覚まし時計のスヌーズボタンを押すことはできても、エクササイズをするまではなかなか動けなかったりするのです。

解決策は? もっと睡眠をとること

睡眠

image via shutterstock

理想的な睡眠時間は7時間といわれていますが、成人のうち約35%がそれには足りていません。たった1日でも睡眠が不足すると、代謝に悪い影響があることが研究によって示されています。

米国の医療機関ノースウエスタン・メディシン・プログラム・フォー・メノポーズで相談される女性の大きな悩みは、“体重増加”。そこで最初に医師から聞く質問は、「何を食べていますか?」ではなく、「あなたはきちんと睡眠がとれていますか?」なのです。

結論としては、夜間しっかり眠ることが何よりも大切、ということ。ストレスが減り、夜によく眠れるようになると、体重は大幅に減るのですよ。

いい睡眠をとるには?

寝具のプロに聞く枕の選び方。快眠のカギを握るのは「首のカーブ」

頭に乗せた時の感触だけで枕を選んでいませんか? それも大事な要素ですが、実は本当にカラダ(頭)に合っているかはわかりません。そこで、きちんと頭から首...

https://www.mylohas.net/2019/01/182914tokyonishikawa.html

スリープマスターが指南! マットレスは寝心地で選んではいけない

寝具の中でも、マットレスほど難しい買い物はないかもしれません。寝心地はお店で展示してある商品に横になっただけではなかなか感覚が掴めないですよね。それ...

https://www.mylohas.net/2019/01/182915tokyonishikawa.html

Lauren Streicher, MD/The Lifestyle Change an Ob/Gyn Made to Lose 10 Pounds of Hormonal Weight
訳/STELLA MEDIX Ltd.

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    3. 太る、太らないの境界線! 太りにくい食事時間の目安は最低○分

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    9. ボール1個あればいい。お腹をへこます1分間エクササイズ

    10. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    1. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 自信がないお尻が1分で変わる! ゆる関節ストレッチ術

    9. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    10. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    7. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって