1. Home
  2. EAT
  3. 甘酒はなぜ整腸によい? 管理栄養士が教える、オリゴ糖と腸内環境の関係

甘酒はなぜ整腸によい? 管理栄養士が教える、オリゴ糖と腸内環境の関係

14,929

奥田景子

はだ恵り

毎年のように新商品が発売されるほど注目されている甘酒。健康や美容のために飲んでいる人にすすめたいのが、オーガニックコスメブランド「ネオナチュラル」のハーブ甘酒「はだ恵(めぐ)り」です。

自社農場の「母袋(もたい)有機農場」産原料と天然伏流水でつくられ、カモミールやラベンダーなど西洋ハーブの成分をプラスした新感覚の甘酒です。

体の中から美しくなるための甘酒

はだ恵りの特徴は、酵素の力でオリゴ糖の含有量を高めているところ。

「オリゴ糖を生成する3種の米糀と2種の酵素の活性を最大限に引き出すために、発酵時間や糀や酵素の配合比率、組み合わせを120回以上の試作を経て開発」されたそう。こうして、肌荒れ対策が期待できる発酵飲料が生まれました。

食品微生物センターによると、はだ恵り100gに含まれるオリゴ糖の量は、3,600mgとのこと。はだ恵り1杯(3倍希釈)を飲むことで、オリゴ糖を多く含むと言われるきな粉(大さじ1)の4倍、てんさい糖(大さじ1)の5倍、バナナ(1本)の11倍になるそう。

管理栄養士が教える、オリゴ糖と腸内環境の関係

甘酒「はだ恵り」

オリゴ糖を多く含むことで、どのような効果があるのでしょうか? 管理栄養士の早崎知代(はやさきともよ)さんにお話をうかがいました。

オリゴ糖のおもな働きは整腸作用。オリゴ糖は腸内の善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)のエサになるので、エサが増えることによって善玉菌も増えます。善玉菌が乳酸や酢酸を出して腸を刺激することで便秘の改善をサポートするのです。

さらに乳酸や酢酸で腸内が酸性に傾くため、酸性に弱い悪玉菌が減りバランスがよくなると言われています。便秘が改善されれば、肌荒れ対策にもなり美肌につながりますね」(早崎さん)

腸は、栄養素を体内に摂りいれるための大切な器官。腸内環境を整えることについては、さまざまな健康効果の研究・発表がされています。

また、甘酒は実は料理にもぴったりです。

「甘酒に肉をひと晩漬け込めば、醤油だけでおいしくなりますよ。一番簡単でおいしいのは、毎朝ヨーグルトにかけること。菌と、菌のエサの両方を摂れることになります。

また、タンパク質と必須アミノ酸の含有量を数値化したアミノ酸スコアがあるのですが、大豆を除く植物性のものは、動物性のものに比べ数値が低いんです。甘酒を牛乳や豆乳で割ることは、アミノ酸スコアが上がり栄養面からみても理にかなっています」(早崎さん)

飲むだけでなく料理にもアレンジできる甘酒。シンプルな素材のものをぜひ手に取ってみてください。

はだ恵り

はだ恵り 550g 1,200円(税込) 全成分:米(国産)、米糀(国産)、へちま水、はとむぎ、へちま、カモミール、ラベンダー、酵素

早崎知代さん

早崎知代(はやさき・ともよ)さん

管理栄養士、フードコーディネーター。食品メーカーにて病態栄養と高齢者栄養の営業を経験後、 食育イベントの企画運営に携わる。 現在は臨床現場での栄養指導や食育活動、栄養に関する監修やレシピ商品開発を中心に行っている。

腸活が気になる方は!

その方法あってる? ドクターが教える「正しい腸活」

「腸活」は、健康志向が高い人のみならず、健康なカラダのことを考えると、ごく当たり前のことになりました。日々のスムーズなお通じは、非常に大切です。しか...

https://www.mylohas.net/2018/06/066935easyfiber.html

結局、おからヨーグルトはどうして腸活ダイエットにいいの?

話題の腸活ダイエットとしていま爆発的人気の「おからパウダー」。ヨーグルトと食べることでうれしい相乗効果があるそうです。

https://www.mylohas.net/2018/09/175443yogurt.html

[ネオナチュラル はだ恵り]

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由