1. Home
  2. EAT
  3. 納豆を食べると、頭の働きがよくなる?

納豆を食べると、頭の働きがよくなる?

最強の「納豆」パワー

7,209

日本が世界に誇るスーパーフード、「納豆」。女性が気になるさまざまな症状に納豆パワーはどのように働き、どう食べると効果的なのか? 10回連載にて、「ナットウキナーゼ」を発見した納豆博士・須見洋行先生に伺いました。Vol.8は、頭の働きについて。

640_shutterstock_735051802-1

納豆には、神経伝達物質「アセチルコリン」を脳内で合成するために必要な「レシチン」をはじめ、神経伝達物質そのものである「アスパラギン酸」、「グルタミン酸」などのアミノ酸や脳の活性物質としての不飽和脂肪酸などが豊富に含まれています。

なかでも「レシチン」には記憶力を高める効果があることが立証されているので、毎日食べることで、頭の「働き」がよくなります。また、「ナットウキナーゼ」による血液循環促進効果も。

高「レシチン」で消化のよい納豆は、試験やプレゼンの前だけでなく、日頃から食事に取り入れることで、仕事や普段の生活にも生かされるかもしれません。

先生

須見洋行(すみ・ひろゆき)先生
1945年、奈良県生まれ。1974年徳島大学医学部大学院修了、九州大学理学部化学(生化学)、シカゴ・マイケルリース研究所文部省在外研究員を経て、1982年宮崎医科大学生理学助教授、1997年より倉敷芸術科学大学機能物質科学科(現、生命科学科)教授。2017年から同大学名誉教授。血栓溶解にはたらく「ナットウキナーゼ」の発見者で、納豆の血液凝固線溶研究の第一人者。

おいしい納豆を知りたい!

納豆マニアが厳選。スーパーで買えるおいしい納豆12選

納豆研究家・石井泰二さんがおすすめする納豆をご紹介。大粒、中粒、小粒、ひきわりまでそれぞれ3つずつ、いま注目のおいしい納豆を12選紹介します。納豆好...

https://www.mylohas.net/2019/01/183957natto_recommend.html

ストレス緩和&風邪予防に役立つ、納豆入りネギマ風ハンバーグの作り方

納豆は好きだけど、食べ方は「ごはんと合わせて食べる」だけ。そんなあなたにぜひ試して欲しい、ちょっと意外で、おいしくて、納豆がもっと好きになるレシピを...

https://www.mylohas.net/2019/01/183376natto_recipe02.html

最強の納豆特集はこちら

山本千尋

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 抜いても大丈夫? 医師に聞く「炭水化物」のかしこい摂り方

    2. ボトル330万本削減。洗い心地抜群な固形シャンプーが人気な理由

    3. 管理栄養士が教える、イチゴが心臓や脳、免疫にもよい理由

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. 手だけをつかって、簡単に幸福感を得られる方法

    9. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 肩こりはもんでも治らない!? コリや痛みの根本原因を取り除く方法

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン