1. Home
  2. EAT
  3. 納豆は認知症を予防できる?

納豆は認知症を予防できる?

最強の「納豆」パワー

6,591

山本千尋

日本が世界に誇るスーパーフード、「納豆」。女性が気になるさまざまな症状に納豆パワーはどのように働き、どう食べると効果的なのか? 10回連載にて、「ナットウキナーゼ」を発見した納豆博士・須見洋行先生に伺いました。Vol.7は、認知症の予防について。

認知症

認知症には、「アルツハイマー型認知症」、「血管性認知症」、「レビー小体型認知症」など、いくつか種類があります。納豆がその予防に貢献できるのは、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)などがきっかけで発症する「血管性認知症」

納豆菌の酵素「ナットウキナーゼ」と、におい成分である「ピラジン」は血栓(血のかたまり)ができることを防ぐので、脳卒中、そしてその後の血管性認知症の予防になるのです。

その他の認知症に、納豆がどう影響するかはまだ明らかにされていませんが、Aβプロテインが関与する「アルツハイマー型認知症」への「ナットウキナーゼ」の効果について、現在も研究が進められていますので、今後新たに効果が発見される可能性は大いにあります。血栓予防のためには、1日1パックを夕食時にとること。薬味には、血栓予防効果のあるネギがおすすめです。

(*1)納豆中の血栓溶解酵素ナットウキナーゼ 国立情報学研究所データより

先生

須見洋行(すみ・ひろゆき)先生
1945年、奈良県生まれ。1974年徳島大学医学部大学院修了、九州大学理学部化学(生化学)、シカゴ・マイケルリース研究所文部省在外研究員を経て、1982年宮崎医科大学生理学助教授、1997年より倉敷芸術科学大学機能物質科学科(現、生命科学科)教授。2017年から同大学名誉教授。血栓溶解にはたらく「ナットウキナーゼ」の発見者で、納豆の血液凝固線溶研究の第一人者。

おいしい納豆を知りたい!

納豆マニア厳選。お取り寄せしたい日本各地のこだわり納豆

納豆マニアの石井泰二さんにセレクトいただいたお取り寄せ納豆。地元で人気の納豆は、全国各地にもファンがいて、お取り寄せしたくなるクオリティです。石井さ...

https://www.mylohas.net/2019/02/184527sp_natto.html

ネバネバは洗い流して食べる? 納豆は海外でも話題なんです

アメリカの健康専門誌『ヘルス』が、日本の大豆(特に納豆)を「世界5大健康食品」のひとつに選定したのが2006年。いまや日本の「Natto」は、その栄...

https://www.mylohas.net/2019/01/183724worldwide_natto.html

最強の納豆特集はこちら

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら