1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット中だけど揚げ物を食べたい。カロリーを抑えるコツは?

ダイエット中だけど揚げ物を食べたい。カロリーを抑えるコツは?

6,197

MYLOHAS編集部

鶏ささみのチーズフリッター

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

ささみは味が淡白な分、調理のレパートリーに困ってしまうこともありますよね。今回は粉チーズを使うことで、コクを出しつつ、塩分を控えたメイン料理にすることができるので、むくみ予防にもなります。

また、少なめの油で揚げ焼きにすることで、カロリーをグッと抑えられます。パンとサラダを合わせたら、理想的な栄養バランスの食事になりますよ。

鶏ささみのチーズフリッター

<材料1人分>

  • 鶏ささみ(大) 1.5本(70g)
  • 卵 1/4個
  • ★粉チーズ 大さじ1と1/2
  • ★刻みパセリ 大さじ1/2
  • 小麦粉 小さじ1/2
  • 油 小さじ2

<作り方>

  1. 卵をよく泡立てて★を混ぜる。
  2. ささみは筋をとってスティック状に斜めに切り、小麦粉をまぶし1の衣をつける。
  3. フライパンに油を熱して、2を揚げ焼きにする。

ささみでヘルシーに

レンチンして混ぜるだけ。きのこと鶏ささみのホットサラダ

レンジでチンして混ぜるだけの簡単おかず、「きのこと鶏ささみのホットサラダ」。きのこやたけのこの食物繊維が摂れるので、便秘に悩む人にもおすすめです。鶏...

https://www.mylohas.net/2018/10/178167diet_recipe.html

おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた

必要な栄養をバランスよく摂れる上で、おいしさにもこだわっている「NEUTRALWORKS.STAND」のフードメニュー32品目を編集部で試食。ベスト...

https://www.mylohas.net/2018/12/179510.html

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由