1. Home
  2. STYLE
  3. 【2月の新月】旧暦1月1日は運勢をリセットし、幸運になるチャンス!

【2月の新月】旧暦1月1日は運勢をリセットし、幸運になるチャンス!

ココロに効く新月&満月の五感セラピー

70,016

Happy Lunar New Year! 2月5日の新月は、旧暦1月1日にあたり、新しい年がスタートするとき。月の満ち欠けを意識している人にとっては、1年のうちでもっとも重要な日です。この日の過ごし方次第で、新年の運気が決まります。

2月の新月イラスト

2月の新月:幸せを刷り込む「開運の月」

【新月の瞬間】
2月5日(火)6時4分

新暦(西暦)では年が明けてひと月が経ちますが、旧暦ではこれから新しい年を迎えるところ。月の満ち欠けを基準とする旧暦は、毎月ついたち(第一日目)は必ず新月です。旧暦新年は、2月5日の新月からスタートします。

新月は「始まり」の象徴で、物事をリセットするのに最適といわれていますが、旧暦1月1日は一年のうちでもっとも重要なリセット日です。というのも、昔から新しい年の始まりは、旧年中の運勢がリセットされ、新年(一年分)の運が決まると考えられていたから。

さらに、幸運や祝福は清らかなところにたくさんやってくるといわれていました。だから、旧年中に大掃除をして、大晦日には除夜の鐘をきいて煩悩を祓い、空間も精神もきれいにしてから新年を迎え、お正月には縁起のいいお節料理を食べるわけです。

新年の始まりをもう一度やり直したい人や、今後の運気を上げたい人にとって、旧暦1月1日は大チャンス! 運勢をリセットするのは最初が肝心で、良い運も悪い運も、(旧暦)1月1日に刷り込まれるといわれていますから、この日はハッピーな気分で過ごすことが大切です。友人とおしゃべりを楽しんだり、おいしいものを食べたり、スポーツや趣味など好きなことに熱中したり……数時間でも数十分でも、しみじみと「幸せだな」と感じる時間を過ごし、幸せモードを自分に刷り込みましょう。

もし、仕事やプライベートで嫌なことがあったときは、気持ちを前向きに切りかえることがポイントです。激しく怒ったり、落ち込んだりすると、そのモードが刷り込まれてしまうので注意して。「はじめよければ、すべてよし」と思って、この日だけはココロを広く、ご機嫌に過ごすことを心がけてみてください。

あらゆるものをリセットし、幸運体質へと導いてくれるお月さま。それが2月の新月です。

愛をかきたてる香り豊かなスパイスを味方に

シナモンティー

image via shutterstock

【シナモン】
・別名:セイロンニッケイ、セイロンケイヒ
・学名:Cinnamomum zeylanicum、Cinnamomum verum
・ティーに使う部位:樹皮

カプチーノをはじめ、シナモンロールやニッキ飴など、私たちにとって身近なハーブ(スパイス)のシナモン。カラダ全体を活性化する作用があるといわれ、数千年前から東西の伝統医療に用いられてきました。

熱湯で淹れたティーは、ウッディでスパイシーな香りの中に、甘味も感じられ、ほっこりと気持ちを落ち着かせてくれる味わいです。

ティー以外でも、使い勝手のいいパウダータイプをコーヒーや紅茶、トーストなどにふりかけるのもオススメ。シナモンには血行を促し、カラダの冷えをやわらげる働きがあるため、日常的に用いることで厳冬期を乗り切るためのサポート役になってくれるでしょう。

ところで一説によると、古代ギリシアでは深い愛情を示す贈り物としてシナモンが重宝されていたのだとか。あの独特の香りが、愛をかきたてると考えられていたようです。そこで、2月の新月の日にはシナモンティーを飲んで、ココロの中にある愛の気持ちをわきたたせてはどうでしょう。そうすれば、恋愛運や結婚運が上昇し、愛情いっぱいの1年になるかもしれません

2月5日(火)の夜:幸せを運んでくるユニコーンを探して

星を見上げるカップル

image via shutterstock

21時頃、南の空を見上げると、明るい3つの星(おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウス)による大きな三角形を見つけることができます。それは「冬の大三角」と呼ばれる星の並びです。

冬の大三角の中に位置する星座は「一角獣座」。幻獣として知られるユニコーンの星座です言い伝えでは、ユニコーンの姿を夢に見ると、幸せが訪れるといわれています

しかし、意図的に夢を見ることはできませんよね。でも、星座なら探すことができます。一角獣座は暗い星ばかりで構成されているので、星と星をつないで全体像をとらえるのは難しいですが、冬の大三角の中にいることを知っていれば、おおまかな位置を把握することができます。

新月の夜、幸せをはこんでくるユニコーンの姿を想像しながら、空を眺めてみましょう。旧暦新年の始まりが、幸せに満ちたものになりますように!

次回は、2月の満月。2月20日(水)です。

「ココロに効く新月&満月の五感セラピー」をもっと読む

【1月の満月】物事を仕切り直し、希望の道を歩み出すとき

月が満ちたり欠けたりする周期の真ん中にあたる満月は、物事を見直すタイミング。とくに1月の満月は「仕切り直し」をするのによさそうです。新年のスタートを...

https://www.mylohas.net/2019/01/183061jan_fullmoon.html

イラスト/カイフチエリ

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    7. いつもの朝食が変わる!卵と野菜をしっかり摂れるアレンジレシピ10

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    10. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    10. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法