1. Home
  2. EAT
  3. 医師・友利新先生が話す「間違いだらけのオイル選び」。本当に摂るべきは?

医師・友利新先生が話す「間違いだらけのオイル選び」。本当に摂るべきは?

7,691

島田ゆかり

_EMI9136_02

前編では、友利新先生愛用のスキンケア、そして肌の老化を起こさないカギについて伺いました。後編は、食事法についてお聞きします。

現代人はオメガ6の油を摂りすぎている

老化とはすなわち炎症を起こすことだと、前編で教えていただきました。これは、肌だけでなく体の健康も同様。現代人は、炎症を起こしやすい食生活になりがちだといいます。

炎症の原因となるのは、オメガ6という油です。オメガ3、オメガ6、オメガ9という油の種類を聞いたことがあるかもしれません。この中で、炎症に影響するのが3と6です」(友利先生)

油の分類の図

オメガ3は炎症を抑え、細胞膜をやわらかくする作用があり、オメガ6は炎症を助長させ、細胞膜を硬くする作用が。細胞膜はやわらかいだけでは弱いので、ある程度の固さも必要。つまり、オメガ6もある程度は必要なのです。

理想的な摂取の割合はオメガ3が1に対して、オメガ6が4。1:4の割合で摂れるとよいのですが、現代人の食生活は1:20くらいになっているのだそう。

_EMI9006_02

「その理由は、オメガ3は加熱に弱いので、加工食品に使われる油のほとんどはオメガ6だからです。

オメガ6の摂取が増えると炎症を起こしやすい体になり、アレルギーを発症したり、原因不明の皮膚炎が起こったり。なんとなく体調が悪いというのも炎症が原因の場合があります。

外食でオメガ3を摂るのはほぼ無理。毎日の食生活の中で、いかに6を減らして3を増やせるかが重要になります。

とはいえ、オメガ6はどうしても摂取してしまう油なので、減らすのも困難。だから、家庭で使うものはオメガ9、つまりオリーブオイルや紅花油などの植物油に切り替えることが重要です。オメガ9は炎症に影響せず、体に不利益がありません。加熱もできるので料理にも使えます」(友利先生)

友利先生監修。Kit Oisixから風邪予防のポタージュスープが登場

Kit Oisix「友利さん監修からだ喜ぶカレーポタージュ」

友利新先生監修 からだ喜ぶカレーポタージュ 価格:842円(税込)/3人前 販売期間:2月28日 9:59まで

今回、Oisixと友利先生が共同開発した、植物性素材100%カレールーを使った「Kit Oisix からだ喜ぶカレーポタージュ」が発売になりました。

こちらのKit Oisixは、オメガ9であるオレイン酸たっぷりのカレーフレーク入り。そして、今の季節に気になる風邪予防に、ビタミンCとβカロテンを豊富に含むかぼちゃがセットになったポタージュスープです。

βカロテンは油分と一緒に摂取することで、効率よく体に吸収されるので、オレイン酸と相性抜群。またビタミンCは水溶性なのでスープで摂ると栄養を丸ごと摂取できます

そのほか、血栓の予防効果が期待できる玉ねぎや、美肌効果のあるナッツもすべて必要量がセットになっています。炎症を起こさないインナーケアとして、とてもおすすめのスープです」(友利先生)

友利先生が、とにかく油にこだわったカレーを作ったワケ

_EMI8997_02

Kit Oisixに入っているカレーフレークも、実は友利先生監修の「くせになるこだわりの スパイス&オイルカレー」。コンセプトは、炎症を起こさないオメガ9を使って作ること。体の内側からキレイにして、肌トラブルを起こさないカレーなのです。

このカレーフレーク開発のきっかけは、お子さんたちに食べさせていたカレーだったのだそう。

_EMI9115_02

「毎週月曜日は出張が入るため、シッターさんに来ていただいていました。子どものごはんに、野菜もタンパク質も摂りやすいカレーを作っていたのですが、ある日カレールーの原材料をみてびっくり。動物性の脂で固められたようなものでした。この脂も炎症の一因に。オリーブオイルや紅花油で作られたカレーはないか探したのですがどこにもなく、作ることにしたのです。

このカレーフレークは、オメガ9のオレイン酸比率を可能な限り上げて作りました(製品中15%・脂質中55%)。炎症を防ぐだけでなく、コレステロール、中性脂肪を低下させる効果も期待できます。

家族みんなで食べやすいようにスパイスを別添えにして、子どもにはスパイスなしの甘口なカレーを、大人はスパイスを加えた味を楽しめるようになっています。また、フレーク状になっているので、ポテトサラダに和えたり、ピラフや野菜炒めに使うのもおすすめです」(友利先生)

curry

くせになるこだわりの スパイス&オイルカレー 110g(5皿分) 540円(税込)

  • 19種類のスパイスと有機植物油脂を使用
  • 化学調味料・酸味料・着色料・香料不使用
  • 動物性の油脂やブイヨン・エキスなど、動物性原料を一切使用せず仕上げた植物素材100%
  • オレイン酸比率製品中15%・脂質中55%
  • 甘口。添付の辛味香辛料を加えることで中辛に

体を作るのは食事から。オイルの摂り方を見直して、オメガ9を意識的に摂るようにしてみましょう。

インタビュー前編はこちら

老化防止のカギは? 元準ミス日本の皮膚科医が愛用する2つのコスメ

医師の友利新先生インタビュー前編。老化防止のカギとは? 毎日の美容習慣&愛用コスメは? 40歳を過ぎても疲れを見せない美肌をキープしている秘訣を聞き...

https://www.mylohas.net/2019/02/183916tomori_arata01.html

profile-1

友利新(ともり・あらた)先生

医師(内科・皮膚科)。日本内科学会会員、日本糖尿病学会会員、日本皮膚科学会会員、抗加齢学会会員。沖縄県宮古島出身。東京女子医科大学卒業。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・テレビなどで展開中。2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。美と健康に関する著書も多数あり、近著に『Dr.友利の美容科へようこそ マタニティ外来偏』(講談社発刊)がある。

撮影(人物)/山辺恵美子、取材・文/島田ゆかり、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?